2009年12月27日

第38話『バズクールの激闘』感想。


鋼の錬金術師 FULLMETAL ALCHEMIST 6 [DVD]

鋼の錬金術師 FULLMETAL ALCHEMIST 6 [DVD]

  • 出版社/メーカー: アニプレックス
  • メディア: DVD



私事ですが今週月曜に季節性インフルエンザの予防接種をしてクリスマスイブとクリスマスに熱で寝込んで、今日病院で新型インフルエンザと診断されました。
接種後から関節痛と倦怠感が凄くて、てっきり予防接種のせいかな〜と思ってました。紛らわしい。

で、今年最後のハガレン。
みんな艶々してましたね。

冒頭のロイとリザ、後半のオリヴィエとバッカニアのやり取りがよかったです。
プライドの陰に怯えるリザがロイからの電話にホッとした表情がロイアイ好きとしてはたまらん。ちゃんとロイもリザの異変に気付いてて、二人の関係性がホントいいですね。

バッカニアの「青空もある」も…ね。コレがあのシーンに繋がってるんだなーとしみじみ。

あと今日は特にエドがあくどかった。ワル顔とギャグ顔しか見てない気がする。

ヨキ劇場が思いのほか面白かったです。特にアームストロング姉妹、ゴツイの二人は夢に出てきそうだ。
posted by anwarterdrei at 18:33| Comment(2) | TrackBack(1) | 鋼の錬金術師FA | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年12月21日

ハガレン24巻感想。


鋼の錬金術師 24 (ガンガンコミックス)

鋼の錬金術師 24 (ガンガンコミックス)

  • 作者: 荒川 弘
  • 出版社/メーカー: スクウェア・エニックス
  • 発売日: 2009/12/22
  • メディア: コミック



タイトルの部分がメタリックでちょっとリッチな感じを味わえます。

■表紙

貫禄の大総統です。「買わんと斬る!!」ってなもんです。
大総統ほかおじ様方というかおっさんが活躍する巻になってます。

■カバー裏表紙

自転車の前かごに乗ってるのが見ようによってはピナコ婆っちゃんにも見える。E.E.なんてまんまじゃねぇか。

■カバー裏裏表紙

ない、コレは無ぇ。どんだけ毛が細いんだ?

■背表紙 

正直コイツは今はあんまし見たくない。真理のバカヤロ―!!!かえしやがれっ!!!!

■カバー裏背表紙

スロウス筆頭に24巻もたくさん逝った。

■4コマ

酔っ払いのくせに強ぇえええ!!!!!けどただのダメ親父にも見えてくる。

■25巻予告

4月発売予定。この頃には本誌ではクライマックスを迎えてるんだろうか。コミックスはの方には、特にロイファンには気になりすぎる予告となってます。


posted by anwarterdrei at 21:41| Comment(2) | TrackBack(0) | 鋼の錬金術師 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年12月20日

第37話『始まりの人造人間』感想。


TVアニメーション「鋼の錬金術師 FULLMETAL ALCHEMIST」 ポストカードブック

TVアニメーション「鋼の錬金術師 FULLMETAL ALCHEMIST」 ポストカードブック

  • 作者:
  • 出版社/メーカー: スクウェア・エニックス
  • 発売日: 2009/12/22
  • メディア: コミック



セリムが正体を現すあたりはホラー仕立てでした。
北方編ということもあり画面がくら〜く寒々としてるのでゾクゾクしたものを感じました。
本誌の時以上に、より脅威と得体の知れなさを感じる。

キンブリーの部下合成獣兵士も登場。最初はあんな感じだったんですね。未だに4人の名前を完璧に覚えられなくて本誌バレの時に困ってます。唯一ハインケルだけは顔と名前が一致します。

ロイも登場。
先週に続いて情報収集活動。女性の情報屋しかいないのか。

来週も寒そうな画面で反撃開始ですね。
posted by anwarterdrei at 18:01| Comment(0) | TrackBack(0) | 鋼の錬金術師FA | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年12月13日

第36話『家族の肖像』感想。


鋼の錬金術師 FULLMETAL ALCHEMIST 5 [Blu-ray]

鋼の錬金術師 FULLMETAL ALCHEMIST 5 [Blu-ray]

  • 出版社/メーカー: アニプレックス
  • メディア: Blu-ray




久々のアニハガFA感想です。
11日のガンガンネタバレ記事でも書きましたが、海外ドラマにハマってDVDを一気見していたのがサボってた理由です。

3話分くらいすっぽかしたと思うのですが、どの話もオリヴィエ・ミラ・アームストロング少将が漢前としか感想が思い浮かびません。
やりたい放題で見ててスカッとしますね。

今日もレイブンをスパッとぶった斬ったところは迫力満点でした。
気合と覚悟の違いを見せつけてくれてますね。
ここのところ敵味方問わずの脇キャラがいい味出してくれてます。

でもそろそろ主役の大暴れもみたいかも。
posted by anwarterdrei at 17:50| Comment(3) | TrackBack(1) | 鋼の錬金術師FA | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年12月11日

ガンガン1月号 鋼の錬金術師 第102話「扉の前」ネタバレ。


少年ガンガン 2010年 01月号

少年ガンガン 2010年 01月号

  • 作者:
  • 出版社/メーカー: スクウェア・エニックス
  • 発売日: 2009/12/12
  • メディア: 雑誌



もの凄い衝撃でした。また気持がグワングワン揺れてます。

そして久々の更新です。ちょっと前に海外ドラマのCSI:マイアミとNY、クリミナルマインドにドハマりしてレンタルDVDを借りまくり、見まくっていたのが更新をサボってた理由です。WOWOWにも加入しちゃいました。

以下ネタバレあります。大佐ファンの方心して読んでください。














■102話「扉の前」

―最後の人柱に選ばれたロイ!!何が起ころうとしているのか!?

プライドとラースによって強制的に人体錬成をさせられ、真理の扉の前に連れていかれてしまったロイ。

スカーやメイ、リザら残った者たちと瀕死の重傷を負いながらも底知れない強さを滲み見せるブラッドレイとの戦闘状態になる。
人造人間側がスカーらのいる場所の真下には行って欲しくないことに気付いたスカーは破壊錬成で地面に穴をあける。


扉の前に立つロイ。扉の紋様はリザの背中に刻まれた焔の錬成陣。
その扉の前に立つ真理。扉が開き現れる真理の目。

エドたちのいる間の宙に錬成陣が現れそこから出てくるロイとプライド。
ロイが真理の扉の間に連れて行かれた事を知ったエドはロイが五体満足かを確かめるが持って行かれた様子はない。だがそのエドがどこにいるのか、自分がどこにいるのかなにもわからないロイ。明りが見えず、真っ暗闇にいると言い、

「何も見えん」と絶望するロイ。真理に視力を持って行かれ目が見えなくなっている。

「それはいい。正直今の国家錬金術師の中では貴方の能力が一番やっかいですから。そこで打ち拉がれてなさい」とロイに言い放つプライドだが強制的にロイに人体錬成をさせ、自身も少なからずダメージを受けた為か、顔が分解し始めている。


お父様「真理は残酷だ。―国の先を見据えた者は視力を持って行かれその未来を見る事はかなわなくなった。人間が思いあがらぬよう正しい絶望を与える。それこそがおまえ達人間が神とも呼ぶ存在…真理だ」


大穴をあけたスカー。父上の邪魔をさせてくないブラッドレイと互角の戦いを見せる。
本当の名を捨てた「スカー」と本当の名を知らない「ブラッドレイ」。名無し同士が殺しあう。


スカーがあけた穴からエドやお父様のいる間に降りてきたのはメイ。
ずっと意識のないアルフォンンスにメイが心配して呼び掛けるも意識は戻らず。


真理の扉、そして痩せこけた己の肉体と対面するアル。
「おかえり」とアルに手を差し伸べる肉体のアルだが魂のアルはこんな立っているのがやっとの身体では今闘えるわけない、今その肉体で戻ることはできないという。

鎧の肉体のまま戻ること、だがまた来ることを選んだアル。
肉体のアル「仲間を助けるために長年捜し続けた肉体を置いていく…気高い僕の魂よ。君の容れ物として誇りに思う。けど、君が戻ることでこの世が絶望に満ちてしまうかもしれないんだよ、アルフォンス」


エドの元に戻り意識を取り戻す鎧のアル。

ホーエンハイム、エド、アル、イズミ、ロイら人柱が揃う。

お父様「5人揃った」


―計画は思惑通りに!?














救いと希望が欲しい。
posted by anwarterdrei at 12:49| Comment(14) | TrackBack(0) | ガンガン感想 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。