2009年12月11日

ガンガン1月号 鋼の錬金術師 第102話「扉の前」ネタバレ。


少年ガンガン 2010年 01月号

少年ガンガン 2010年 01月号

  • 作者:
  • 出版社/メーカー: スクウェア・エニックス
  • 発売日: 2009/12/12
  • メディア: 雑誌



もの凄い衝撃でした。また気持がグワングワン揺れてます。

そして久々の更新です。ちょっと前に海外ドラマのCSI:マイアミとNY、クリミナルマインドにドハマりしてレンタルDVDを借りまくり、見まくっていたのが更新をサボってた理由です。WOWOWにも加入しちゃいました。

以下ネタバレあります。大佐ファンの方心して読んでください。














■102話「扉の前」

―最後の人柱に選ばれたロイ!!何が起ころうとしているのか!?

プライドとラースによって強制的に人体錬成をさせられ、真理の扉の前に連れていかれてしまったロイ。

スカーやメイ、リザら残った者たちと瀕死の重傷を負いながらも底知れない強さを滲み見せるブラッドレイとの戦闘状態になる。
人造人間側がスカーらのいる場所の真下には行って欲しくないことに気付いたスカーは破壊錬成で地面に穴をあける。


扉の前に立つロイ。扉の紋様はリザの背中に刻まれた焔の錬成陣。
その扉の前に立つ真理。扉が開き現れる真理の目。

エドたちのいる間の宙に錬成陣が現れそこから出てくるロイとプライド。
ロイが真理の扉の間に連れて行かれた事を知ったエドはロイが五体満足かを確かめるが持って行かれた様子はない。だがそのエドがどこにいるのか、自分がどこにいるのかなにもわからないロイ。明りが見えず、真っ暗闇にいると言い、

「何も見えん」と絶望するロイ。真理に視力を持って行かれ目が見えなくなっている。

「それはいい。正直今の国家錬金術師の中では貴方の能力が一番やっかいですから。そこで打ち拉がれてなさい」とロイに言い放つプライドだが強制的にロイに人体錬成をさせ、自身も少なからずダメージを受けた為か、顔が分解し始めている。


お父様「真理は残酷だ。―国の先を見据えた者は視力を持って行かれその未来を見る事はかなわなくなった。人間が思いあがらぬよう正しい絶望を与える。それこそがおまえ達人間が神とも呼ぶ存在…真理だ」


大穴をあけたスカー。父上の邪魔をさせてくないブラッドレイと互角の戦いを見せる。
本当の名を捨てた「スカー」と本当の名を知らない「ブラッドレイ」。名無し同士が殺しあう。


スカーがあけた穴からエドやお父様のいる間に降りてきたのはメイ。
ずっと意識のないアルフォンンスにメイが心配して呼び掛けるも意識は戻らず。


真理の扉、そして痩せこけた己の肉体と対面するアル。
「おかえり」とアルに手を差し伸べる肉体のアルだが魂のアルはこんな立っているのがやっとの身体では今闘えるわけない、今その肉体で戻ることはできないという。

鎧の肉体のまま戻ること、だがまた来ることを選んだアル。
肉体のアル「仲間を助けるために長年捜し続けた肉体を置いていく…気高い僕の魂よ。君の容れ物として誇りに思う。けど、君が戻ることでこの世が絶望に満ちてしまうかもしれないんだよ、アルフォンス」


エドの元に戻り意識を取り戻す鎧のアル。

ホーエンハイム、エド、アル、イズミ、ロイら人柱が揃う。

お父様「5人揃った」


―計画は思惑通りに!?














救いと希望が欲しい。
posted by anwarterdrei at 12:49| Comment(14) | TrackBack(0) | ガンガン感想 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。