2010年02月10日

ガンガン3月号 鋼の錬金術師 第104話「世界の中心」ネタバレ。


少年ガンガン 2010年 03月号

少年ガンガン 2010年 03月号

  • 作者:
  • 出版社/メーカー: スクウェア・エニックス
  • 発売日: 2010/02/12
  • メディア: 雑誌




映画『インビクタス』見てきました。マンデラ大統領の赦す心とラグビーを通して描かれる国が変わる姿に、震えのような感動を覚えました。

私を覆う漆黒の夜

鉄格子にひそむ奈落の闇

どんな神であれ感謝する

我が負けざる魂〈インビクタス〉に


門がいかに狭かろうと

いかなる罰に苦しめられようと

私は我が運命の支配者

我が魂の指揮官なのだ


      詩「インビクタス」より



さて以下ネタバレあります。ご注意を。出来れば是非本誌で衝撃を目の当たりにして下さい。














■第104話「世界の中心」

スカーはブラッドレイと、
エドはプライドと、
アルはメイを守り、
イズミはお父様を攻撃。

だが、時間がなくなったというお父様に人柱全員が捕えられてしまう。
そして日蝕が始まる。

お父様の「時が来た」を合図とするかのように、アメストリス国土が地震でも起こったかのように、何かが胎動するかのように“ドクン ドクン”と振動しだす。何事かと不審がる国民たち。


お父様「おまえ達は地球をひとつの生命体と考えたことがあるか?いや生命というよりはシステムと言うべきか。おまえ達人間ひとりの情報量などとるに足りない膨大な宇宙の情報を記憶するシステム…その扉を開けたらいったいどれ程の力を手に入れられるか考えたことがあるか?その扉を人柱諸君を使い今“ここ”で開く!!!」

が背後よりグリードリンが「中心はそこか。俺は世界を手に入れる!!」と不意打ちする。が、お父様はグリードの「強欲」を予想していた様子。

攻撃をなんなくいなし「真の中心はここだ」とかつてホーエンハイムの姿をしていたときに居た場所に陣取る。

ホーエンハイムが錬成を止めようとするも間に合わず。

人柱5人に真理の目が現れ、中心から黒い玉が、地から伸びた真理の手がアメストリスを飲み込んでいく。クセルクセスの時のように命を持っていかれる国民、ウィンリィ、ピナコたち。

お父様「扉同士闘え!!反発しあえ!!素晴らしいエネルギーだ!!この私が抑えるだけで精一杯ではないか!!この力をもってしてこの惑星の扉を開ける!!!」

中心が真っ二つに裂け、さらに地面より出現した扉から、無数の管に繋がった円い核を内部に取り込んだお父様が形作られ、日蝕中の太陽に手を伸ばす。

お父様「神よ我が魂に応えよ!!来い!!」

日蝕も、中心を二つに割るように裂け、真理の目、真理の扉が開かれ地のお父様に真理の手をのばす。

お父様「そうだ来い…もう貴様に縛られ続ける私ではない…地に引きずり降ろし…我が身の一部としてくれよう!!」

ほとぼしる錬成光。

静寂。

人柱5人、メイ、グリードリンは生きている。
エド「みんな賢者の石になっちまったのか!?」

お父様「そうだ。神を我が内に捉え続けるために莫大なエネルギーが必要なのだ。この国の人間にはそのエネルギーになってもらった。今や神も人もすべて私の中だ」

ホーエンハイムが「くそ、やりやがったな」

お父様「ああ成功だ。協力感謝するよ諸君」

ホーエンハイムが若かったころの姿をしたお父様が降臨。















是非目で見て凄さを感じてください。
posted by anwarterdrei at 15:44| Comment(10) | TrackBack(0) | ガンガン感想 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。