2010年03月28日

第50話『セントラル動乱』感想。


鋼の錬金術師 トレーディングアーツ Vol.2 BOX

鋼の錬金術師 トレーディングアーツ Vol.2 BOX

  • 出版社/メーカー: スクウェア・エニックス
  • メディア: おもちゃ&ホビー




ロイも派手にやらかしてましたが、オリヴィエ姐さんも言いたい&やりたい放題でスカッとします。
あそこまで上役に啖呵をきれるのは羨ましくもある。

東方軍は北方軍よりもほのぼのしてますね。
そしてハボックの再登場。原作で見たときも久々でうれしかったですが、やっぱアニメで見ても気分が盛り上がるというもんです。

それにしても最後の人形兵が「産声」を一斉にあげるシーンは気持ち悪かった。予告にもあったけど来週はもっと気持ち悪そうだ。
posted by anwarterdrei at 17:56| Comment(8) | TrackBack(1) | 鋼の錬金術師FA | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年03月21日

第49話『親子の情』感想。






せっかく「で、どーなった?」で締めたのにあっさり銃撃音その後が予告で流れてましたね。焦らせばいいのに。

49話はなんといっても決意のエドの顔とセントラル軍兵士の「マスタング大佐以外は撃ってよし」後のロイの苦い顔に尽きますね。

この前まで。寝ぐせ頭だのツンツン頭だのぶーたれてましたが、あのカットは久々に脱童顔でかっこよかった。前にもどっかで書きましたがロイは横顔が◎です。
逆にエドは正面顔がかっこいい。
これからも思わず「おっ!」となる作画を見たいもんです。
特にこれからのロイと奴との戦いとか…ね。

あとプライドです。
影手がなくなってただの子どもの姿になったセリムが「母」を語る姿にまた絆されそうになりました。さっきまであんなに禍々しかったのに。
それにしてもブラッドレイ夫人が不憫すぎる。
posted by anwarterdrei at 17:50| Comment(5) | TrackBack(0) | 鋼の錬金術師FA | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年03月14日

第48話『地下道の誓い』感想。


鋼の錬金術師 FULLMETAL ALCHEMIST Original Soundtrack 2

鋼の錬金術師 FULLMETAL ALCHEMIST Original Soundtrack 2

  • アーティスト: TVサントラ
  • 出版社/メーカー: アニプレックス
  • 発売日: 2010/03/24
  • メディア: CD



先週の第47話はロイ不在、ランファンおいしいとこ総どりということで以上終わり。

今週の第48話。

ランファンとリンにフルボッコされてるグラトニーは敵ながら可哀想にとほんのちょっと思うんですが、ハインケルに一方的にやられてるセリムプライドはちっともそうは思わない。

48話はグラトニー受難の回でしたね。CM明けのアイキャッチが象徴的だった。プライドに喰われるグラトニーが、これまで食べに食べてきたのに、捕食される側になるのは、最期の言葉が「食べないで」が、哀しい。

今週のロイ坊。前髪がいつも以上に寝ぐせがかってました。
何かに刺さりそうだよ。
ロイの「死ぬな」に、原作になかった台詞が付け加えられてましたね。
確か「大総統になる私のもと、国家を建て直す大仕事が待っているからだ云々」。
反逆者と呼ばれても仕方がない道をゆくというのに、この台詞のお陰で反逆者にならない策を講じているようにも思える。でCパートの大総統夫人拉致。
きっと大丈夫と思いたい。
posted by anwarterdrei at 17:37| Comment(4) | TrackBack(2) | 鋼の錬金術師FA | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年03月11日

ガンガン4月号 鋼の錬金術師 第105話「神の御座」ネタバレ。


少年ガンガン 2010年 04月号

少年ガンガン 2010年 04月号

  • 作者:
  • 出版社/メーカー: スクウェア・エニックス
  • 発売日: 2010/03/12
  • メディア: 雑誌



楽しくなってきたぞー!!!

以下ネタバレあります。ご注意を。でも出来ればこっから先は本誌を読むことをお勧めします。















■第105話「神の御座」

  その男、真理を喰らい 
                 神として座する―…。

―幼き兄弟が想い巡らす「完全な存在」。それは神の証明か…!?

ドクン、ドクン、とどこからか心音が聞こえる。



お父様はアメストリス国民約5000万人を賢者の石にし「神」をその身の内に抑え込むのに使っている。
生き残ってるのは、エド、アル、ホーエンハイム、イズミ、ロイ、メイ、グリード、中心付近にいた為巻き込まれずに済んだらしき、ホークアイやダリウス達。

おまえ達の役目は終わったと、以前と同じように錬金術を封じ、さらに彼らを消そう攻撃するお父様だが、何とかホーエンハイムが体内の賢者の石を使い、攻撃を凌ぐ。
が、頭上からの攻撃に精一杯なホーエンハイムを今度は足元から攻撃。

エド達は術が使えず。

今度はメイが錬丹術を用いて皆を守る。

あがく人間達にお父様は「神を手に入れた私は今や掌の上で疑似太陽を作る事も可能だ―消えて失せろ、錬金術師」

だが一層「ドクン」と心音が大きくなり異変を感じ取るお父様。

「賢者の石にされてもアメストリス国民の魂は精神というひもでまだ身体と繋がっている。完全に貴様の者になっていない―年月をかけ計算で割り出したポイントに自身の中の仲間の賢者の石を各地に配置しておいた」とホーエンハイム。

だがお父様は何をするにしても錬成には円という要素がなければ力は発動しないと動じず。

ホーエンハイム「円ならある。空から降ってくるとびきりでかくてパワーのあるやつがな!!日食によって大地に落ちる月の影…本影だ!!」

ホーエンハイムの中の賢者の石たち「奴の身体からアメストリス人の魂をひっぺがしてやろうぜ。先に行くよ、ホーエンハイム」

月の本影によりホーエンハイムがしこんだ術が発動。お父様の内のアメストリス国民の魂を解放し、まだ残る肉体に戻すことに成功する。

息を吹き返すアメストリス国民たち。ウィンリィやピナコたちも無事。


魂を解放され、元から持っていたクセルクセス人の魂だけでは「神」を抑え込めなくなったお父様。一旦疑似太陽による攻撃をやめるも、今度は竜巻を起こしそのエネルギーをホーエンハイム達にぶつける。

「相殺が間に合わない」とそのエネルギーに押されるが、そこにエドとアルがホーエンハイムの身体がこれ以上押されないように支える。
二人の行動に奮起させられ、踏ん張るホーエンハイム。

ただ耐え、スカーが逆転の錬成陣を発動するのを待つ。


ブラッドレイと死闘を繰り広げるスカー。
破壊だけでなく創造の錬金術をするスカーに「物質の構築はイシュヴァラへの冒涜ではなかったのか!?神を捨てたか?あの内乱で絶望を知った貴様は神などこの世のどこにもおらぬと心のどこかで思ったのではないか!?」とブラッドレイ。

一歩も譲らない両者。

日食の光に一瞬目がくらんだブラッドレイ。命取りに。
その隙を見逃さなかったスカーに両腕をもぎ取られる。が、あきらめず口でくわえた剣でスカーの腹を斬る。

両者地に倒れる。

そこのランファンが現れる。祖父の敵であるブラッドレイに言い遺す事はないかと問うランファン。
己の最期を覚悟したブラッドレイは「無い!!」とはっきり答える。

ランファン「つくづく悲しい存在だな人造人間。貴様には愛する者がいなかったのか?友や仲間や妻は?何も無いというのか?」

ブラッドレイ「愛だの悲しみだのとくだらぬ言葉を垂れ流すな小娘。なめるなよ。あれは私が選んだ女だ。私とあれの間に余計な遺言など要らぬ。王たる者の伴侶とはそういうものだ」

ブラッドレイの身体が朽ち出す。最期の言葉は、

「用意されたレールの上の人生だったがおまえたち人間のおかげでまあ、最後の方は、多少、やりごたえのある良い人生であったよ」


ブラッドレイが持っていた賢者の石に気付くランファン。
傷ついたスカーに頼まれ「中心」に連れていく。

スカー「兄者…正直己の中の憎しみの感情は消えていない。なのにその憎しみの相手を…アメストリスを助けようとしている。兄者は正の流れと負の流れと言ったが矛盾したそれら両方を抱えている己はどこへ流れて行くのだろうか…」

と逆転の錬成陣を発動。


「来た!!!」と合図するホーエンハイム。と同時にエド、アルが錬金術を発動し、プライドとお父様を攻撃。

エド「ざまあみやがれ。えらっそーにふんぞり返ってた椅子が粉々だ。好き放題やってくれやがったなこの野郎。クソ真理と一緒にぶっとばす!!!」

―錬金術復活!反撃開始!!!















コミックス25巻は4月22日発売。
posted by anwarterdrei at 21:58| Comment(12) | TrackBack(0) | ガンガン感想 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。