2010年04月25日

第54話『烈火の先に』感想。


鋼の錬金術師 FULLMETAL ALCHEMIST 9 [Blu-ray]

鋼の錬金術師 FULLMETAL ALCHEMIST 9 [Blu-ray]

  • 出版社/メーカー: アニプレックス
  • メディア: Blu-ray



冒頭のイシュヴァール時代のリザの言葉が重い。

父は娘が信じた者に託されるように背中に秘伝を遺し、そしてリザはそれをロイに託した。
ロイを信じ、国民を守るという軍を信じ、錬金術を信じ、自分にも何か出来ると信じたリザ。

だがイシュヴァールで手にしたものは償いきれない罪と信じてきたものへの失望。
「秘伝をつぶしてほしい、焔の錬金術師をもう生みたくない、父の信頼から解き放ってほしい」自分に向けられた失望の言葉に、師やリザの信頼を裏切ってしまったこと、自分があまりにも無力だったことに打ち震えるロイ。もう自分を信じてくれたリザを失望させないと誓ったのに今また…。

一度は裏切られ、それでもロイの部下としてロイの掲げた青臭い理想に己の理想を託し、その背中を守ろうとした。
だけどロイの心は復讐にとりつかれてしまった。
もうロイに裏切らせはしないと自分でエンヴィーを仕留めようとするリザ。強かで強い。

おまけに「リザって呼ぶのよ」とさらっと嘘まで。ホントイイ女です。

リザを傷つけられさらに怒り倍増のロイの焔攻撃と憎しみを宿すその瞳がどれだけロイが復讐に支配されてるのが伝わり過ぎるほどに伝わってきて、もう別人みたいです。

エドに怒鳴られ、かつてヒューズに語った理想を思い出すロイ、スカーに理想を揶揄られ、徐々に我に返るがまだ復讐を諦められない。
リザに理想を忘れた己の姿を突きつけられてようやく我にかえるも振りかざした拳を下ろすことが出来ない。
脳裏に浮かぶ在りし日のヒューズの姿、遺されたグレイシアやエリシアの姿がよりロイの葛藤を引き立てる。

我に返った時点でもう復讐する意志は消えかけていただろうに、さらにリザにあそこまでさせて、言わせて、そしてまたリザの信頼を裏切るとわかっていては、もう拳を下ろすしかないじゃないか。

再び理想を掲げた心を、我を取り戻したロイが、すまなかったと謝り、リザと共に地面に座り込む姿が哀しくも愛おしい。

ギリギリの状況で綺麗事を選ぶ事が出来た人間達の前で、エンヴィーの言葉が虚しく響く。愚かで醜いと見下してきた人間を認めてしまったエンヴィー。認めさせてたエドたち。これを見て本誌の絶望的な状況にもなんだかきっと大丈夫と思わせられました。

後半のアームストロング無双もあったのに、前半だけでお腹いっぱいになりました。だけど最後の「錬金術師だ!!!!」は待ってましたぁー!!!!とならざるを得ない。
来週は暑苦しくなる。

今週もあっという間の30分でした。特に前半は文句無し。

posted by anwarterdrei at 19:04| Comment(8) | TrackBack(0) | 鋼の錬金術師FA | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年04月21日

コミックス25巻感想。


鋼の錬金術師 25 (ガンガンコミックス)

鋼の錬金術師 25 (ガンガンコミックス)

  • 作者: 荒川 弘
  • 出版社/メーカー: スクウェア・エニックス
  • 発売日: 2010/04/22
  • メディア: コミック




ザット読みましたが、なんか怒涛の展開ですね。どのページを開いても山場山場の連続で。まあ本誌もたいがいな超大山場ですが。
そして泣けたり、ガッツポーズを作ったり、嘘だろー!!!!と絶叫したり…。

◆カバー表紙
中身読んじゃうとこの表紙見ただけで「アル……」とアルの決断に切ない気持になる。

◆カバー裏表紙
カバー表紙の切ない気持を返せっ!と言いたくなるような脱力が。
彼はその系じゃ絶対ないと言い切れる。

◆カバー裏裏表紙
せっかくの名場面やら主従の絆やらが台無しです、先生。

◆カバー裏背表紙
因みに背表紙は肉体アル。なんか山盛りのご飯を食べさせたくなるよね。
ここに載って昇天していくとホントに逝っちゃったんだなと思います。ここに中尉が入らなくて良かったです。

◆おまけの4コマ
25巻は3つ。2つを見ると本編でおどろおどろしかったお父様(脱皮後)がなんだかフツーになりました。
あとの一つはエドの身長の件が解決?します。本編でも可能性零なのか…。

◆本編
前ふりでも書きましたが、見どころてんこ盛りです。あんな展開ばっかなのによくも一月ずつ我慢したもんだよ。
とにかく読んでください。
posted by anwarterdrei at 14:10| Comment(8) | TrackBack(0) | 鋼の錬金術師 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年04月18日

第53話『復讐の炎』感想。


鋼の錬金術師 23 (ガンガンコミックス)

鋼の錬金術師 23 (ガンガンコミックス)

  • 作者: 荒川 弘
  • 出版社/メーカー: スクウェア・エニックス
  • 発売日: 2009/08/12
  • メディア: コミック



ありがとうっ!!2話分にわけてくれて。
1話でロイ鎮火までいったらどうしようかと思いましたが、今週も良いところで終ってくれました。予告も思わせぶりで…ね。

正直期待し過ぎでちょっとしょんぼりする53話になることも覚悟してましたが、不安払拭。エンヴィーが原作以上にウザくて、ロイが想像以上に復讐の鬼と化してました。
あそこまでエンヴィーがウザく描いてくれると、中の人もよくぞあそこまで演じてくれて、ロイの怒りやあの鬼畜な爆炎攻撃にもエンヴィーに何の同情もなく見れます(御免なさいエンヴィーファン)。
それにしてもアニメになるとエンヴィーの焼かれ具合が余計にグロく見える。
ロイの炎の迫力も凄かった。炎の動きにもロイの怒りや憎しみが見えるようでした。

「約束の日」編のロイの見せ場その1なのでロイファンとしては余計にEDがくるのが早く感じました。

第54話『烈火の先に』にも期待できそうです。
アニメがコミックスに追いついてきましたね。
posted by anwarterdrei at 17:52| Comment(9) | TrackBack(1) | 鋼の錬金術師FA | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年04月12日

ネタバレ感想 第106話『傲慢の深淵』。


少年ガンガン 2010年 5月号

少年ガンガン 2010年 5月号

  • 作者:
  • 出版社/メーカー: スクウェア・エニックス
  • 発売日: 2010/04/12
  • メディア: 雑誌



本誌ネタバレ含みます。ご注意ください。














■ロイ

ようやくというか、中尉と合流したからか光を失った衝撃から脱し、目が定まりましたね。
「君はまだ闘えるか?」という台詞を、初読時はロイがいなくなってしまうような不吉な台詞だと思ったのですが、改めて読み返すと、中尉と一緒に己もまた闘おうと決めた台詞だと思えてきました。
だから中尉もロイの決意、再びロイと共に闘うことに「はい!」と答えたと。

“鷹の目”を自分の目にし、踏ん張るエドたちに加勢しに行く。
そんなロイの姿を来月号で拝みたい。そのための106話のヒキだと思いたいです。

■グリード

ブラッドレイの満足した死に顔に「腹が立つ…!」。
結局リンの真の王問答から始まった因縁には決着をつけることは叶いませんでしたが、己の人生に満足しきったように逝ったブラッドレイの「勝ち」なのかなと思うグリードの言葉でした。
ブラッドレイに悔いはなく、生き切った感がします。

■セリム

父で家族だったお父様に捨てられた事をエドに指摘された途端にブチ切れたセリム。
人間の常識を人造人間に当てはまるなとか何とか言っていたけど、エドが捕まえたセリムの脳裏に浮かぶのは“家族”だったブラッドレイと優しく微笑むブラッドレイ夫人。
ちっちゃな赤ん坊だった本体が呟いた「ママ」という言葉。

ドーム内でアルに語った家族や母というもの。あの言葉は嘘なんかじゃなく家族や母という存在がセリムの中では知らぬ間に大きなものになってたんだと思いました。

ブラッドレイ夫人のもとで今度こそ本当の子供として育ち、家族になるといいなぁ。

■キンブリー

ここで出てくるかという感じでした。とことん己の美学を貫き通しやがって、それはそれで認めざるを得ないじゃないかと思わせられました。
そしてエドが己の言った「殺さない覚悟」を貫き通す事を理解していた。敵になっちゃいましたが、彼は彼でエドを認めていたんですね。


次々とキャラが逝きますが、どんな嫌な敵キャラでもなにがしかのものを私達に遺して逝くので、憎しみよりも切なさを感じます。

posted by anwarterdrei at 21:15| Comment(4) | TrackBack(0) | ガンガン感想 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年04月11日

第52話『みんなの力』感想。


鋼の錬金術師 FULLMETAL ALCHEMIST 8 [DVD]

鋼の錬金術師 FULLMETAL ALCHEMIST 8 [DVD]

  • 出版社/メーカー: アニプレックス
  • メディア: DVD



いっつも美味しいところで登場する男ロイ・マスタング。
スカしてます。が、久々に無能じゃないです。
スカーの時といい、アルと中尉の時といい、今回といい…。

冒頭から闘い闘いの連続で息つく暇のない展開でした。そんな中でみんな逞しくなってるのがよくわかる。あのヨキまでもが男を見せてくれた。
キンブリーは生々しい咀嚼音と共にプライドに取り込まれることに。

ちょっと本誌最新展開のネタバレになっちゃうんですが、このプライドの行為があとあと意味のあるものになってきちゃいますね。
キンブリー、一筋縄ではいかない男です。
あとロイのいっつも〜は今の本誌展開でもそうであって欲しいです。

本編もめまぐるしく場面が変わって中々面白かったですが、なんといっても第53話の予告です。とうとうです。過度の期待は禁物ですが、早く見たい。

アニハガFAの後は『戦国BASARA弐』が7月から始まるとのこと。
ということはアニハガFAは6月いっぱい、ということは本誌がもうすぐ最終話を迎えるということ。いよいよ迫ってきたなぁ。
posted by anwarterdrei at 17:45| Comment(2) | TrackBack(0) | 鋼の錬金術師FA | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年04月10日

ガンガン5月号 鋼の錬金術師 第106話「傲慢の深淵」ネタバレ。


少年ガンガン 2010年 5月号

少年ガンガン 2010年 5月号

  • 作者:
  • 出版社/メーカー: スクウェア・エニックス
  • 発売日: 2010/04/12
  • メディア: 雑誌



以下ネタバレあります。ご注意ください。














■第106話「傲慢の深淵」

エド達の窮地を救ったのは、傷の男たちイシュヴァールの民による、錬成陣だった。

アメストリスの錬金術について兄から教えられたことをランファンに語るスカー。

・錬金術の力の源は地殻運動のエネルギー。

・“何者か”が持ち込んだ方程式で何の問題もなく発動していた。

・錬金術大国であるアメストリスには何者かが意図したかのように錬丹術に関する書物や情報が排除されていた。

・スカーの兄は商隊から調達した錬丹術を研究していくうちに、違和感を覚え、そして地殻エネルギーと術者の間にワンクッション、何かもう一つの要素があるのではないかと考えた。
それが、お父様が国中の地下に張り巡らせた賢者の石だった。

・イシュヴァール戦が激化していく中で、血の国土錬成陣が作られつつある事、国土錬成陣の完成を止められない事を悟り、それなら逆にその国土錬成陣を利用させてもらおうを考えた。

・アメストリスの国土錬成陣をベースに錬丹術で上書きし、賢者の石を中和し、なんの制限も無く地殻のエネルギーを存分に使える新たな国土錬成陣を完成した。そして、血の錬成陣を作った者の野望を阻止するためにそれを我々に託した。


逆転の国土錬成陣を元に発動する数段パワーアップした錬金術でエド、アル、イズミやグリードは攻勢をしかけるもお父様に全て防がれる。
が、お父様も錬金術封じを発動することが出来なくなっている。

お父様が放つ攻撃の防御はホーエンハイムが自身の賢者の石を使い担当。
エドらに、攻撃が焼け石に水でもガンガンいって「神」とやらを抑え込むので精一杯なお父様の石の力を削ればいずれ限界がくるとアドバイス。

さらなる攻勢をかけるもお父様は賢者の石を調達しに地下から外へ出る。運悪くそこにいた北方軍兵士の魂をとろうとするもホーエンハイムがなんとか防ぐ。
イズミやアル、ホーエンハイムらは追いかけようと地上にあがる。
が、エドはプライドの黒手につかまり、一人地下に残りプライドと決着をつけることに。
イズミは目の見えないロイを安全なところへ避難させる。

エドらの頭上ではホークアイ中尉や合成獣兵士とオリヴィエらが合流。
そこにロイとイズミも合流。
ロイはホークアイ中尉に目をやられたことを伝えつつも、中尉の怪我を気に掛け「中尉、君はまだ闘えるか?」と問う。「はい!!」と答える中尉。

お父様を追って地上にあがる途中、グリードはランファンやスカーと遭遇。そこで斃れたラースを見つけ「死んだのか。満足した顔しやがって腹が立つ…!」。


プライドと闘うエド。
お父様や計画のために働きボロボロになったプライドに一瞥もくれないお父様になぜ従っているのか、生みの親に従うのは当たり前との返答に、自分の頭で考えない思考停止野郎が、グリードの方がよっぽど進化した人間だというエドの言葉にプライドが激昂。

ロイの扉を無理やりあける礎とした為にボロボロになってしまったセリムという容れ物。そのため黒手を使い、一か八かでホーエンハイムから生まれたという同じ血族であるエドの肉体を新たな容れ物としようと乗っ取りをかける。
黒手に侵入され為す術もなく、苦鳴を上げるエド。

その時プライドに異変が起こり身体の自由が利かなくなる。体内の賢者の石の暴風雨のような魂の中より「いただけません。実にいただけませんねぇ人造人間プライド」とキンブリーが現れる。
取り込まれてしまってもキンブリーはその精神構造故にプライドの中で自我を保つことができていた。

なぜ邪魔をするのかと問うプライドに「貴方がそのまま闘っていれば何もしなかったのですが、人造人間の矜持だなんだとのたまっておきながら自身に危機が訪れた途端に下等生物と見下す人間の容れ物に逃げ込もうとする…貴方、美しくない」と断ずるキンブリー。

その隙に錬金術を発動し、セリムの頭を掴むエド。殺されると感じるプライドだが、キンブリーは「殺す?貴方エドワード・エルリックをわかっていない!」という。

キンブリーの言葉通り、殺すのではなく、自身を賢者の石にして逆にプライドに侵入するエド。賢者の石の中にいた魂のプライドを掴み、
エド「捕まえたぜ、傲慢!!!」
プライド、脳裏に父であった大総統、母であった大総統夫人が蘇り「やめろ…私の中に入ってくるなぁああああああ―」と絶叫。
プライドは容れ物が限界を迎えたのか壊れ散る。

キンブリーの自我は「さようなら」とでもいうかのように帽子を掲げ、賢者の石の魂たちの中に消えていく。

エド、プライドの魂を掴んだ鋼の掌を開けてみるとそこには小さな赤ん坊がいる。
エドはその赤ん坊を赤コートの上に寝かせ「全部終わったらブラッドレイ夫人に謝りにいかなきゃな。そこで待っていろバカセリム」。

赤ん坊になったセリム「ママ」と一言発する。


人間は大人しく賢者の石になっていればいいというお父様にホーエンハイムはなんでそんなに見下すのか、破壊しかもたらさぬ存在を神と呼べるのか?何を産むことができる?と問いかける。

その問いにお父様は「ならば人を産もう」と自身の身体からクセルクセスの人たちを生み出す。
生み出された赤ん坊に怯むイズミ、生み出され肉体を取り戻す事が出来たクセルクセスの人々のすがる手に怯むアルやメイ、生み出された親しかったクセルクセスの人々に怯むホーエンハイム。
「フラスコの中の小人!!貴様…」と激昂するホーエンハイム。
そこにエドが現れる。

それを機とばかりに産み出したクセルクセスの人々ごとホーエンハイム、アル、イズミ、エドを強力なエネルギーの塊を放ち吹き飛ばすお父様。

圧倒的な力。エドの機械鎧もエネルギーの直撃を受け壊れゆく。


―感傷など許されない…その力がすべてを打ち消す!!













以下次号へ。


「魂喰」ネタバレを少々。
posted by anwarterdrei at 21:46| Comment(6) | TrackBack(0) | ガンガン感想 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年04月04日

第51話『不死の軍団』感想。


鋼の錬金術師 25 (ガンガンコミックス)

鋼の錬金術師 25 (ガンガンコミックス)

  • 作者: 荒川 弘
  • 出版社/メーカー: スクウェア・エニックス
  • 発売日: 2010/04/22
  • メディア: コミック



・OP

なんともネタバレ満載なOPでしたね。所々ミスリードっぽいのも見られますが、そこは見てのお楽しみなんでしょうね。
初見で印象に残ったのは、ブラッドレイの“涙”と目を見開き暗闇におちて行くロイ、穏やかに眠るエドと見守るウィンリィでした。

ブラッドレイの“涙”にはびっくりしました。OPで一番印象的で衝撃的でした。
ロイのあれとリザの涙は本誌で展開を知ってる身としては「………」としかね。
展開的に戦い、闘いの連続になるので全体的に緊迫感と辛さが感じられましたが、最後のエドとウィンリィで何だかホッとさせられました。願わくは原作の終わりがこれであって欲しい。

・本編 キャラがかつてないほどたくさん出てました。

やっぱり人形兵が気持ち悪かったです。そしてホラー。血が緑とか。
やっぱりオリヴィエ姐さま容赦ない。そして言う事がいちいちカッコいい。

一方ロイは涼しい顔でトラックのデザインを思案中。としか見えなかったのですが、ロイの思案顔。コレが唯一の出番。

一筋縄ではないセリムは可愛げなくキンブリーを召喚。ハインケルの見事なやられっぷりが可哀想過ぎて…。セリムに斬られて、キンブリーに吹っ飛ばされて、それでも生きてるのは素直に感嘆モノです。さらに賢者の石まで持ってる。アルにかけた台詞といい失くしがたい人です。

エンヴィー復活。人形兵を喰ってくシーンはシャンバラを征く者のグラトニー(でしたっけ?記憶がおぼろげです)に思い出しました。

マルコーさんは頼もしくなりました。ゆくゆくはヨキも。
アームストロング少佐も頼もしく見えました。ちょっと前に姉にフルボッコされてたのが嘘みたいです。
アルも頼もしい。エドと離れててももう十分自分だけでやっていけてる。

・ED

ホーエンハイム一代記でした。夕日に立つ鎧にはアルの魂が宿っていないように見える。ラピュタの死んだ機械兵のようだ。苔が生えて小鳥がとまる、みたいな。
posted by anwarterdrei at 19:10| Comment(3) | TrackBack(0) | 鋼の錬金術師FA | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。