2010年04月04日

第51話『不死の軍団』感想。


鋼の錬金術師 25 (ガンガンコミックス)

鋼の錬金術師 25 (ガンガンコミックス)

  • 作者: 荒川 弘
  • 出版社/メーカー: スクウェア・エニックス
  • 発売日: 2010/04/22
  • メディア: コミック



・OP

なんともネタバレ満載なOPでしたね。所々ミスリードっぽいのも見られますが、そこは見てのお楽しみなんでしょうね。
初見で印象に残ったのは、ブラッドレイの“涙”と目を見開き暗闇におちて行くロイ、穏やかに眠るエドと見守るウィンリィでした。

ブラッドレイの“涙”にはびっくりしました。OPで一番印象的で衝撃的でした。
ロイのあれとリザの涙は本誌で展開を知ってる身としては「………」としかね。
展開的に戦い、闘いの連続になるので全体的に緊迫感と辛さが感じられましたが、最後のエドとウィンリィで何だかホッとさせられました。願わくは原作の終わりがこれであって欲しい。

・本編 キャラがかつてないほどたくさん出てました。

やっぱり人形兵が気持ち悪かったです。そしてホラー。血が緑とか。
やっぱりオリヴィエ姐さま容赦ない。そして言う事がいちいちカッコいい。

一方ロイは涼しい顔でトラックのデザインを思案中。としか見えなかったのですが、ロイの思案顔。コレが唯一の出番。

一筋縄ではないセリムは可愛げなくキンブリーを召喚。ハインケルの見事なやられっぷりが可哀想過ぎて…。セリムに斬られて、キンブリーに吹っ飛ばされて、それでも生きてるのは素直に感嘆モノです。さらに賢者の石まで持ってる。アルにかけた台詞といい失くしがたい人です。

エンヴィー復活。人形兵を喰ってくシーンはシャンバラを征く者のグラトニー(でしたっけ?記憶がおぼろげです)に思い出しました。

マルコーさんは頼もしくなりました。ゆくゆくはヨキも。
アームストロング少佐も頼もしく見えました。ちょっと前に姉にフルボッコされてたのが嘘みたいです。
アルも頼もしい。エドと離れててももう十分自分だけでやっていけてる。

・ED

ホーエンハイム一代記でした。夕日に立つ鎧にはアルの魂が宿っていないように見える。ラピュタの死んだ機械兵のようだ。苔が生えて小鳥がとまる、みたいな。
posted by anwarterdrei at 19:10| Comment(3) | TrackBack(0) | 鋼の錬金術師FA | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。