2010年05月23日

第58話『ひとばしら』感想。


鋼の錬金術師 FULLMETAL ALCHEMIST 暁の王子-黄昏の少女 (GAME NOVELS)

鋼の錬金術師 FULLMETAL ALCHEMIST 暁の王子-黄昏の少女 (GAME NOVELS)

  • 作者: 町田 双路
  • 出版社/メーカー: スクウェア・エニックス
  • 発売日: 2010/04/22
  • メディア: 新書



やっぱり前半はタオル無しでは見れませんでした。
そして後半は歯を食いしばってなんとか見ました。
来週の「失われた光」ヤなサブタイだ。

リンの叫びが、涙がもうね、遣る瀬無い。
力があるのに、賢者の石があるのに臣下一人救えない。
出来る事はただ力を奮うことだけ。
強大な力を見せつければ見せつけるほど、命を救えなかった無力さが際立つ。

ブラッドレイに致命傷を負わせた。
切り捨てられない人たちと共に。力を合しあった人たちと共に。

だからその人たちが斃れていくのがホントに悲しい。
バッカニアが最期に思い出す空の清々しいまでの青さが、バッカニアの心をあらわしてるようで、悔いなく逝ったんだなと思えてまた泣ける。
生きていて欲しい人たちだった。

死にいくセントラル兵も、こんなことにならなかったらきっと志同じくする人たち。なんでこんなことになったのかと思う。

オリヴィエも笑って逝ったバッカニアの死を嘆く事は出来ない。
その最期を、やり遂げたことを泣き悲しむ事は出来ない。
出来る事をするためにただ進むだけ。それだけがバッカニアの想いに応える事。でも死は悲しいと泣いてもいいのにと思う。

後半。
わかっちゃいたけどリザが血を流すとこなんて見たくない。
ロイが人体錬成をするとこも見たくない。
ガンガン本誌ではリザが頸動脈をきられて以下次号への展開だったので、あの時と比べたらリザが話せるので「だ、大丈夫…!?」と思えるFAでしたが、ロイの「わかった」で以下次週へも大概な終わり方だなと思いました。

冒頭でも書きましたがとうとうアノ展開がやってくるのですね。
気が重いです。
posted by anwarterdrei at 18:11| Comment(11) | TrackBack(0) | 鋼の錬金術師FA | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。