2010年09月19日

『劇場版 機動戦士ガンダム00』観てきました。


劇場版 機動戦士ガンダムOO A wakening of the Trailblazer オリジナルサウンドトラック

劇場版 機動戦士ガンダムOO A wakening of the Trailblazer オリジナルサウンドトラック

  • アーティスト: サントラ,THE BACK HORN
  • 出版社/メーカー: flying DOG
  • 発売日: 2010/09/22
  • メディア: CD



所々映画のネタバレあるのでご注意を。

こんなに早く観る気はなかったのですが、この間の深夜にやっていたSPエディションTを見て俄然見たくなりました。
ガンダム00の1期、2期を通して個人的には2期の第1クール(1話〜13話)までが一番好きなのですが、SPエディションTを改めて見て、1期の終盤も同じくらい好きになりました。
初代ロックオンが逝くシーンは号泣無しには見られなかったです。
各マイスターやプトレマイオスのクルーがボロボロになりながら戦って、傷ついて…目が離せなかった。

2期の第1クールは00や00ライザーが起動するところ、メメントモリを2代目ロックオンが狙い撃つところが最高に燃えました。ガン種のフリーダムが戦場に降りたつところとタメはります。


映画は朝一のを見てきましたが結構お客さんがいて驚きました。それ以上に小さな子供が00クアンタのガンプラを各々買っているのに驚き。そんなに活躍してなかったような。
後から公式を覗いたら劇場限定のガンプラなんですね。
パンフレットは通常版と各キャラ版のがあるみたいで、刹那は売り切れてました。
流石主人公、人気です。1期では影薄かったのに今やすっかり立派な主役。
自分用に通常版のと友達のティエリア版を購入。


感想は―

・最初のアレハンドロが笑え泣けた。
・沙慈がかっこよくなってた。
・ロックオンとアレルヤが一番活躍というか動いてた。
・ティエリアは手乗りサイズに。見せ場もあって、死に(肉体的に)方も泣けた。
・何より泣けたのはアンドレイの散り際に両親の写真が出てきたとこ。
このあたりで挿入歌が流れ、涙も流れた。
・クアンタとラファエルの見せ場もっと欲しかった。
・シャーマンはあと後、敵として再登場するのかと思ったら、出てこず。てっきりラスボスと思ってたのに。
・グラハムかっこよすぎ。あの台詞まわしも健在で何より。
・ビリーは終始女難。
・最後のどでかいアレはちょっとエウレカの最後を思い出した。アレ以来の!!!!!!となった。
わかる人にはわかってもらえると思う。
・ED後を見るまでは続編あるのかと思った。
・ED後のあれは切なかった。簡単なことなのに何より難しかったのかな。
・もう一度見に行く予定。

posted by anwarterdrei at 21:07| Comment(4) | TrackBack(2) | ガンダム00 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年09月10日

ガンガン10月号買いました。


少年ガンガン 2010年10月号

少年ガンガン 2010年10月号

  • 作者:
  • 出版社/メーカー: スクウェア・エニックス
  • 発売日: 2010/09/11
  • メディア: 雑誌




ガンガン表紙の“故郷に帰ってきた3人を描いた”とあるようにエドとアルとウィンリィのお話でした。

外伝「もうひとつの旅路の果て」。
15Pの外伝でしたが、読んだ後は穏やかな、温かな気持ちになれました。
アルが、アルの決断というか想いがとても愛おしい。
鋼の錬金術師という作品がホントに好きだな〜と思いました。

是非読んで欲しいです。

あとエドの鞄型コミックBOXは先月号と合わせて2つ注文しました。
一つはコミックス収納用に。もう一つは鋼のグッズや鋼ねまつわる思い出の品用に。
皆さまから頂いたコメントもプリントアウトしてこのBOXにしまおうと思います。

アニハガFAのDVDもいよいよ佳境に。14巻のジャケイラにニヤッとしました。
4コマも読みたいぞ。


posted by anwarterdrei at 11:13| Comment(6) | TrackBack(0) | ガンガン感想 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年09月04日

ガンガン10月号。


少年ガンガン 2010年10月号

少年ガンガン 2010年10月号

  • 作者:
  • 出版社/メーカー: スクウェア・エニックス
  • 発売日: 2010/09/11
  • メディア: 雑誌




幼馴染!!

おかえりなさい!!

早く外伝が読みたいっ!!!



あと教えて頂いた「ぱふ」9月号の感想をネタバレしない程度にちょろっと。

ぱふ 2010年 09月号 [雑誌]

ぱふ 2010年 09月号 [雑誌]

  • 作者:
  • 出版社/メーカー: 雑草社
  • 発売日: 2010/07/30
  • メディア: 雑誌




大佐対エンヴィーの復讐戦の時に牛先生の本心が良くわかりました。そして共感。

最終回あたりのエドの代価の落とし所とか、
思いもかけず生き残ったキャラとか、
エドがお父様に啖呵切った「立てよド三流〜」と1話の名言「下りてこいよド三流〜」の壮大なリンクとか、
生き残ったプライドとお父様の違いとか、
大佐の視力とイシュヴァール問題のつながりとか、
ホーエンハイムとエドの涙とか、
などはまだ序の口。
7Pに渡るとても読み応えのあるインタビュー記事でした。永久保存版です。

いつか牛先生のインタビュー記事がまとめられた本が出たらいいのになぁ。


さあもう少しで外伝。
本屋の取り置きと発売日に仕事を休むことはぬかりなし。
あとは読んで、楽しんで、叫ぶだけです。
posted by anwarterdrei at 20:42| Comment(11) | TrackBack(0) | 鋼の錬金術師 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。