2011年06月18日

旅に出てました。

昨日帰ってきました。
旅行先は福島県会津若松市。新撰組や白虎隊の史跡巡りをしてきました。
レンタルサイクルを借りたのですが、会津市内や七日町界隈、東山温泉、飯盛山や鶴ヶ城等々、一日では回りきれませんでした。心残りですが、また来ればいいと思い、のんびりと巡ってきました。
道を尋ねた会津の方たちもとても気さくで優しい方たちで、旅は史跡を巡るだけでなく、地元や他の観光客の方たちとの会話も楽しむものだとつくづく思いました。

H23.6.16 会津若松巡り 099.JPG H23.6.16 会津若松巡り 002.JPG H23.6.16 会津若松巡り 043.JPG H23.6.16 会津若松巡り 049.JPG H23.6.16 会津若松巡り 078.JPG H23.6.16 会津若松巡り 001.JPG H23.6.16 会津若松巡り 015.JPG

上段左から順番に、
鶴ヶ城:天守閣には昇れなかったので次回の楽しみにします。綺麗なお城でまさに鶴の名にぴったり。

如来堂:斎藤一ら新撰組隊士が激戦を繰り広げた場所です。でもそんなことがあったのが嘘のように、田園地帯の中にひっそりとあり、静かすぎる場所でした。因みに最寄りのバス停「黒川」から徒歩でいこうと思ったら田んぼの中の一本道をかなり歩かなければならないので、自転車で行って正解でした。真っ直ぐの道を走るのは「気持ちいいぜぇ!!」と叫ぶくらい気分爽快でした。

会津新撰組記念館:2Fに新撰組や会津藩、新政府軍関連の史料が展示されてます。詳しくじいっと見入ってきました。新撰組ファンの方必見です。ここで初めて知ったことも多いです。

旧滝沢本陣:戊辰戦争の時の刀傷や弾痕の跡が生々しかったです。

東山温泉街:副長がいたので思わず撮影。私も足を癒したかったですが時間がなかったので断念。

?山:なんていう山なのかわからず。如来堂に行く一本道からよく見えて最高の景色でした。

斎藤一のお墓:ここに眠っていると思うと静かに興奮しました。しばらく離れがたかったです。次参った時はお花とお酒を持参します。

天気も良くて、とっても気持ち良く心身ともにリフレッシュしてこれました。絶対再訪します。

旅、いいものです。
私は京都に住んでるので(といっても市内から遠く離れた田舎ですが)というか住んでるからなのか、京都の観光地巡りは清水寺と祇園祭に行った位で、どんな観光地や史跡がどこにあるのかほとんど知りません。
新撰組好きなのに、新撰組史跡巡りもしたことない。
でも日常から離れる心地良さに秋の紅葉シーズンにでも京都を巡ろうかなと計画中です。
posted by anwarterdrei at 21:12| Comment(19) | TrackBack(0) | アニメ・その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。