2008年07月13日

【TURN 14 ギアス 狩り】感想。

コードギアス 反逆のルルーシュ R2 盤上のギアス劇場 特典 リフレインディスクR2付きコードギアス 反逆のルルーシュ R2 盤上のギアス劇場 特典 リフレインディスクR2付き

バンダイ 2008-08-07
売り上げランキング : 25

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


2週連続で本編のロイドさんはおあずけ。
その分女性キャラで好きなコーネリアが活躍してくれてるので我慢します。
ただ、ジェレミアに救出されてたトコ見る限り今度は黒の騎士団の虜囚になるのかな。ジェレミアがどさくさ紛れに逃がしておいてくれてればいいが。V.V.は自分は叔父といってたから今度は皇帝を探って活躍して欲しい。

1997年のブリタニアから始まった14話。
C.C.とマリアンヌ、彼女らを見る巻き毛じゃないシャルルとV.V.。

「皆嘘つきばかりですよ、兄さん。相変わらずですよ、ブリタニアという国は」
「神を殺し、世界の嘘を壊そう」

V.V.の言うとおり皇帝とルルーシュは似てるのかもしれない。
何らかの秩序や支配に反逆しようとしている所が特に。

シャルルとV.V.も双子の兄弟で契約者といっても心の底から信頼してるのではなく、皇帝はV.V.にまた嘘をつきましたねと言ってたところ見ると、疑いと嘘がある。

あとV.V.はマリアンヌのことを嫌っていた節が見え隠れしますが、マリアンヌ暗殺の首謀者がV.V.じゃ安直過ぎるか。

14話を見る限りじゃV.V.よりもシャルルの方が今のところゼロ的にはラスボス候補筆頭。
15話の予告が残念なことになってましたが来週辺りでもう少しマリアンヌのことや皇帝の目的や過去が語られることに期待しときます。

シャーリーを殺したのはやはりロロ。
そのロロはギアスを使うたびに心臓が疲弊していく。
そのロロを殺そうとしたルルーシュ。

スザクはシャーリー殺害の犯人をルルーシュと疑い、
カレンにリフレインを使おうとする。

キャラの心情の鬱展開さとギアス狩りの胸糞悪さで後味の悪い回でした。あの作戦内容じゃ「また極秘行動か」と藤堂に言われることになっても扇といった黒の騎士団幹部を参加させるわけには行かないなぁ。
後でギアスを使って作戦に参加した団員の記憶を弄ることも予定していたんでしょうが、想定外なことにV.V.のトラップにひっかかって皇帝のいるアーカーシャの剣へ。

扇もヴィレッタのことでディートハルトに疑われるくらいには怪しい行動をしている。
作戦に参加した団員もこれじゃブリタニアと一緒とゼロにやり方に不満。団員の口から扇や藤堂に伝わらなきゃいいが。

ブリタニアだけじゃなく順調そうに見える黒の騎士団にも軋みが生まれつつあるんだろうか。扇の身の振り方次第で黒の騎士団にも波がきそうだ。

BIGLOBEの30秒予告もまさかあんなのじゃなければいいが。
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック

【VV】コードギアス反逆のルルーシュR2 14話「ギアス狩り」【マリアンヌ】
Excerpt: シャーリーが死に、ついにギアス嚮団の破壊を決意するルルーシュ。 ロロとジェレミアの情報を元に中華連邦へ兵を進める。 また話が大きく...
Weblog: 失われた何か
Tracked: 2008-07-14 21:18
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。