2008年07月27日

【TURN 16 超合集国決議第壱號】感想。

コードギアス 反逆のルルーシュR2 Sound Episode3コードギアス 反逆のルルーシュR2 Sound Episode3
TVサントラ

JVCエンタテインメント 2008-09-03
売り上げランキング : 51

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


久しぶりのロイドさん。
くるくる回ったり、ちょっとマジになったりと変人と常識人をいったりきたりで忙しい人だな。でも癒し。

C.C.がああなったから冒頭のナレーションがルルーシュに。
C.C.に戻る日は来るのか。

さらに本編冒頭から皇帝陛下が行方不明でいきなりの展開。
ですが、己にはジノの「それは責任のおしつけですか」の台詞にコクンとうなずくロイドさんに照準。
女性を盾にしたり、我関せずを装いながらもうなずく所はうなずいたりと画面の端っこにいても飽きさせない伯爵。
ロイドの心情的にはすっかりシュナイゼル陣営からナナリー・スザク陣営にいってるような、というかナナリーは何があっても生き残りそうで、EDのイラストからブリタニアの新代表者になりそうな予感というか期待もあるのでそのままナナリー総督側にいて欲しい。
そうすればシュナイゼル陣営にいるよりは生き残れそう。

ルルーシュと奴隷時代に戻ったC.C.のたどたどしいやりとりと、
ゼロのキメポーズにしか記憶に残っていない超合衆国の件はスルーするとして皇帝だよ皇帝。
V.V.がラスボスかとかシュナイゼルこそがラスボスといわれてる中で先週から大ハッスル。我こそがラスボス道を爆走してて毎度笑わせてくれる。
いつもの皇帝節でわざわざ世界情勢をわかりやすく解説してるだけなのに、ゼロが画面越しの皇帝に後ずさりしてたとしもしょうがないなと思われるほどの大迫力。

捕らわれのコーネリア。ユフィのことは当然だけどまだまだ根深い。
オレンジがギルフォードに連絡してたのはコーネリアを人質にとってギルフォードを裏切らせる算段かそれともゼロには秘密裏にコーネリアを逃がす算段か。後者なら拍手もんですが恐らく前者でしょうね。

磐石だった黒の騎士団ですが徐々に亀裂が明確化。
朝比奈はゼロに不信感。ロロに不快感。
扇はアノ様子じゃヴィレッタを人質にディートハルトから裏切るなと脅されてそうな気配。
藤堂は皇帝に気圧されるゼロになにか思うところがあるかのよう。
あと玉城の扱いが内務掃拭賛助官に。コレは要するに何?

2期では存在感が薄かったスザクが色々と面白いことになってきた。
カレンのフルボッコは後々にわだかまりを残させなくていいんじゃないかと。敵対するにしても共闘する展開になったとしても互いに対する悪意だけはそこにないだろうから。

ナイトオブラウンズも1と10が本格登場。
1は強敵そうだけど10はカレン辺りにやられそうな予感。
アーニャは記憶に欠損とズレ。スザクの言うように皇帝のギアスのせいか他の要因があるのか。

そしてシュナイゼルも日本へ。
ガレスにネコミミという事はガウェインの量産機か。ウォードと一緒ですぐにやられたりしなきゃいいが。

今回もゼロはシュナイゼルに手を読まれてる。
だからといってシュナイゼルはどうすることもしないんですが、その智略が上回った時が皇帝とは違った意味で厄介になりそう。既にカノンと対抗策を考えてるみたいだし。
ただ皇帝も“偽りの劇場”に興じることは予想外だったようで、シュナイゼルにも皇帝は読めない様子。

紅蓮はロイドさんとセシルさんが趣味に走ったせいでスザククラスじゃないと乗れない物に。完成はしてるようですが爪しか見えん。焦らしおって。
来週が来来週辺りお披露目かと思われますがやっぱり乗り手はカレンでお願いします。ナナリーがカレンと紅蓮を逃がしてくれないかなぁ。

ランスロットはまだアルビオンになってないトコ見ると対黒の騎士団戦で大破の可能性?フレイヤはロイドさんやセシルさんも拒んでたけど載せちゃダメでしょう。ああでもなんだかんだで撃っちゃう展開になりそうだな。

ロイドさんの台詞「その矛盾はさ キミを殺すよ」でニーナに死亡フラグ。スザクは回避し続けてるけどニーナは危うい気がする。

いつかはあると思ってたスザクとルルーシュ=ゼロとの直接対面。
前哨戦の電話越しでああなのだから直で会う来週はもっとキツイやりとりになるんだろうな。
予告であったKMF戦よりもこっちのが見応えありそう。

今週のまぁたぁみぃてぇぇギァスゥゥ!!は待ち受けに欲しいくらいだ。
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/103699255
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。