2008年09月01日

30秒予告とか。

コードギアス反攻のスザク 1 (1) (あすかコミックスDX)コードギアス反攻のスザク 1 (1) (あすかコミックスDX)
ヨミノ アツロ

角川書店 2007-06-26
売り上げランキング :

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


許せないことはない、許したくないだけ
かつてシャーリーがスザクに遺した言葉
オレとスザクはそこを話し合いの出発点とした
現実と向き合う一とした
オレとスザク、二人いれば出来ないことなんてない
ふん、皮肉なものだ、ブリタニアを否定し続けてきた俺が


あれ?二人とも和解してる…!?
ずっと言葉と言い訳が足りなかった二人だけど、したんですね話し合い。出来ればもっと前にしてれば話はifになるか。

『反攻のスザク』の最終話のスゴサにまあパラレルだしなと思ってましたが、二人の関係とラスボスがシュナイゼルというのが似ている訳で。ある意味反攻は最大のネタバレでした。

ギアス公式の相関図もなかなか面白いことになってますが、どの陣営に属しても生き残れなさそうで嫌だなぁ。
とりあえずキャメロットは旧皇帝派。スザクとは対立。

21話のヒキを見るにラスボスはシュナイゼルで確定だけど、第三者視点でみればルルーシュ-スザクもある意味ラスボス。
NT9月号のラストのルルーシュとスザクのEDイラスト解説で、

まるで死後の世界のような廃墟にいるルルーシュとスザク。
物語のクライマックスを意識して、廃墟のイメージが強調されていると言う。


とあるから二人に待つのは決して明るい未来じゃない。
おまけに21話で二人を影からみるC.C.の表情が気になるし。
OP最後の手を空にのばすルルーシュの背景がまだ夜なのも…。
自らの意思で滅びの道を選んだかのような二人。遺したい物はナナリーやユフィが願った世界なんだろうな。

因みにシュナイゼルのEDイラスト解説では、

廃墟の中に佇む、最大の宿敵シュナイゼル。
彼の周りにはいくつもの破壊された天使の像が並ぶ。
冷酷な眼差しが世界を斬る。


こっちも明るい未来はなさげ。

また来週の今頃に相関図がガラッと変わっていそう。
Cの世界にはナナリーはいなかったようなので生きてて欲しい。
相関図でもクロヴィスやユーフェミアは消えてるのにナナリーはまだ残ってるからちょっと期待してしまう。
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。