2010年02月10日

ガンガン3月号 鋼の錬金術師 第104話「世界の中心」ネタバレ。


少年ガンガン 2010年 03月号

少年ガンガン 2010年 03月号

  • 作者:
  • 出版社/メーカー: スクウェア・エニックス
  • 発売日: 2010/02/12
  • メディア: 雑誌




映画『インビクタス』見てきました。マンデラ大統領の赦す心とラグビーを通して描かれる国が変わる姿に、震えのような感動を覚えました。

私を覆う漆黒の夜

鉄格子にひそむ奈落の闇

どんな神であれ感謝する

我が負けざる魂〈インビクタス〉に


門がいかに狭かろうと

いかなる罰に苦しめられようと

私は我が運命の支配者

我が魂の指揮官なのだ


      詩「インビクタス」より



さて以下ネタバレあります。ご注意を。出来れば是非本誌で衝撃を目の当たりにして下さい。














■第104話「世界の中心」

スカーはブラッドレイと、
エドはプライドと、
アルはメイを守り、
イズミはお父様を攻撃。

だが、時間がなくなったというお父様に人柱全員が捕えられてしまう。
そして日蝕が始まる。

お父様の「時が来た」を合図とするかのように、アメストリス国土が地震でも起こったかのように、何かが胎動するかのように“ドクン ドクン”と振動しだす。何事かと不審がる国民たち。


お父様「おまえ達は地球をひとつの生命体と考えたことがあるか?いや生命というよりはシステムと言うべきか。おまえ達人間ひとりの情報量などとるに足りない膨大な宇宙の情報を記憶するシステム…その扉を開けたらいったいどれ程の力を手に入れられるか考えたことがあるか?その扉を人柱諸君を使い今“ここ”で開く!!!」

が背後よりグリードリンが「中心はそこか。俺は世界を手に入れる!!」と不意打ちする。が、お父様はグリードの「強欲」を予想していた様子。

攻撃をなんなくいなし「真の中心はここだ」とかつてホーエンハイムの姿をしていたときに居た場所に陣取る。

ホーエンハイムが錬成を止めようとするも間に合わず。

人柱5人に真理の目が現れ、中心から黒い玉が、地から伸びた真理の手がアメストリスを飲み込んでいく。クセルクセスの時のように命を持っていかれる国民、ウィンリィ、ピナコたち。

お父様「扉同士闘え!!反発しあえ!!素晴らしいエネルギーだ!!この私が抑えるだけで精一杯ではないか!!この力をもってしてこの惑星の扉を開ける!!!」

中心が真っ二つに裂け、さらに地面より出現した扉から、無数の管に繋がった円い核を内部に取り込んだお父様が形作られ、日蝕中の太陽に手を伸ばす。

お父様「神よ我が魂に応えよ!!来い!!」

日蝕も、中心を二つに割るように裂け、真理の目、真理の扉が開かれ地のお父様に真理の手をのばす。

お父様「そうだ来い…もう貴様に縛られ続ける私ではない…地に引きずり降ろし…我が身の一部としてくれよう!!」

ほとぼしる錬成光。

静寂。

人柱5人、メイ、グリードリンは生きている。
エド「みんな賢者の石になっちまったのか!?」

お父様「そうだ。神を我が内に捉え続けるために莫大なエネルギーが必要なのだ。この国の人間にはそのエネルギーになってもらった。今や神も人もすべて私の中だ」

ホーエンハイムが「くそ、やりやがったな」

お父様「ああ成功だ。協力感謝するよ諸君」

ホーエンハイムが若かったころの姿をしたお父様が降臨。















是非目で見て凄さを感じてください。
posted by anwarterdrei at 15:44| Comment(10) | TrackBack(0) | ガンガン感想 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
…Σ(゜д゜;)!
衝撃的過ぎます!!!!

私はてっきり錬成を止められるかと思っていました。でもまだきっと、これから新しい展開がありますよね
次号が気になってしょうがありません(;_;)
みんな無事だといいです。
Posted by ゆん at 2010年02月10日 18:58
ネタバレ読みました(泣)
なんですかコレはぁ(号泣)

ウィンリィやばっちゃんエドたちと交流のあった人たちが………(泣)

マリモのクソッタレ(怒)
みんなの魂返しやがれ(怒)

大佐の視力やみんながこのマリモの食い物にされたままなら
もうハガレン読むのも観るのも止めます……(号泣)

今混乱してます(泣)
また落ち着いたら カキコさせてください(←迷惑)
Posted by ポッチャマ at 2010年02月10日 19:01
ついに扉開けられてしまったんですね(゜Д゜;≡;゜Д゜)
今回は扉が開いたこと以外についてはあまり話が進まなかったんですね…(つд`)私個人としては大佐のこの後がとても気になります(´□`)!!
Posted by 麻那巳 at 2010年02月10日 21:40
ホーエンハイムのカウンターはどうしたΣ(゚Д゚;≡;゚д゚)

練成陣が発動されたときに用意したんじゃないのかぁぁぁ!!

以下次号!!なのでしょうか…。・゚・(ノД`)・゚・。
Posted by さかまき at 2010年02月11日 01:24
>ゆん様

錬成はされちゃいました。スカーやイシュヴァール人たちが何か策を講じていたり、ホーエンハイムが隠し玉を用意していたりしたので、きっと何かある!!と思っていたら、そんなこともなくあっさりと、でした。
きっと来月号に最後の反撃があるはずと信じて、最後で最大の逆転を期待します。
だから今月号はとりあえず完全な人になった元黒マリモに三日天下を満喫させてやりますよ。


>ポッチャマ様

落ち着かれた頃でしょうか。ウィンリィやピナコばっちゃんが倒れていくシーンはいたすぎて直視できませんでした。だけどきっと笑って終われるハガレンであることを信じたい気持もあります。
きっと来月号からが本番の本番ですよ。鼓舞!!


>麻那巳様

言われてみればお父様が完全な人になった過程にページが割かれてましたね。でもそのページ達が衝撃的過ぎて濃かったです。大佐は…視力は戻らぬまま、でも生きていたことに安堵しました。
今が大佐のどん底だと思われるので、これからこれからだと思いたいです。

>さかまき様

確かにカウンターはどこに行った!?という展開でした。密かに発動するという描写もなく…。
最後に『ざ・完全な人 お父様 降臨 !!』で以下次号でした。以下次号どころじゃないよぉ。

また長い一月の始まりですね。
Posted by anwarterdrei at 2010年02月11日 21:49
確かに衝撃的な内容で、二の句も告げられない状態です。
確か、13巻辺りでしたでしょうか?
表紙の、赤コートのフードを被ったエドの中心に真理の眼が合ったあのイラストは、今回のお話の伏線だったんですね…

私が思うには、あまりにもアッサリと錬成が成功し過ぎているので。
何か、大きな"どんでん返し"があると思います。


それに今回のお話、TVではなくスクリーンで観たら、凄い迫力ありそう………
Posted by つかさ at 2010年02月12日 18:44
>つかさ様

13巻!!!!言われてみてそうだったのかー!!!と思わず唸りました。侮りがたし牛先生。
これから「ホント面白ぇえ」と感嘆せずにはいられないエピソードが待ち受けてるのでアニメでも腕の見せ所ですね。
Posted by anwarterdrei at 2010年02月12日 21:51
またまたお邪魔しますm(_ _)m

前回のカキコで あまりの衝撃に(泣)また頭痛がでてしまい 薬を飲んでしまいました

先週のアニメのマルコーさんとスカーのわだかまりを超えたやりとりとかリオール暴動後のロゼたちの遠回りしながらも学び立ち上がったこととかが 全部あのマリモ(怒)に踏みにじられた気がして ショックが大きかったんです……(T^T)(T_T)
来月までコミックやアニメでマリモや名もなき雑魚でもマリモの手下どもを観るだけでモノを投げつけてやりたいくらいです(怒)
何が完全な人!?
二言目にはいつも人間をくだらないって
自分のやってること正当化しやがってΨ(`◇´)Ψ
テメエなんかその人間よりくだらない「ゴミクズ以外」だよ(●`ε´●)
(お父さまファンの方ご免なさい)

こんな奴 今の頂点からどん底にたたき落としてやらないと気が収まりません!(怒)
そのときの 吠え面必ず拝んでやりますよ!!

おまけのギャグだけでなく本編でも 笑顔になれる展開 いい加減希望してます(T_T)

まだ望みが断たれたわけじゃないと コメントを読ませてもらい 浮上できました(^-^)
ありがとうございました(^o^)
Posted by ポッチャマ at 2010年02月14日 11:49
>ポッチャマ様

お怒りがヒシヒシと伝わってきます。
毎回熱いコメントありがとうございます。ちょっと楽しみになってる部分もあります(←失礼だろう)。

ネタバレ記事をあげてからいろんな方からきっと大逆転がある!!という力強いコメントを頂けたので、立ち直れてます。
今はその大逆転の爽快感と勝利の喜びを噛みしめる時のための下味期間だと思うようにしてますよ。リザやロイのあれはスパイシー過ぎましたけど。

今に見ておれのこんちくしょう根性とアメストリスはどーなるんだ?という一抹ではない不安を抱えてますが、とりあえずお父様が、画的に真っ黒でメタボだったあの姿がすっきり青年の姿になったことだけは唯一救いだと思いました。

それにしても月刊誌は待つのが辛いですね。
Posted by anwarterdrei at 2010年02月14日 17:43
大佐 はやくもとに戻ってください 荒川先生 大佐を元気にしてあげて(_ _)
Posted by at 2010年02月17日 20:18
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。