2010年03月28日

第50話『セントラル動乱』感想。


鋼の錬金術師 トレーディングアーツ Vol.2 BOX

鋼の錬金術師 トレーディングアーツ Vol.2 BOX

  • 出版社/メーカー: スクウェア・エニックス
  • メディア: おもちゃ&ホビー




ロイも派手にやらかしてましたが、オリヴィエ姐さんも言いたい&やりたい放題でスカッとします。
あそこまで上役に啖呵をきれるのは羨ましくもある。

東方軍は北方軍よりもほのぼのしてますね。
そしてハボックの再登場。原作で見たときも久々でうれしかったですが、やっぱアニメで見ても気分が盛り上がるというもんです。

それにしても最後の人形兵が「産声」を一斉にあげるシーンは気持ち悪かった。予告にもあったけど来週はもっと気持ち悪そうだ。
posted by anwarterdrei at 17:56| Comment(8) | TrackBack(1) | 鋼の錬金術師FA | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
お久しぶりです(*^^*)

いよいよ面白いところに
入ってきました!
わくわくしています笑
早く大佐の活躍が
見たいです(>_<)!

今回はアームストロング
少将がかなり
かっこよかったです♪
Posted by ゆん at 2010年03月28日 20:59
>ゆんさま

アームストロングのあまりの迫力にロイのAパートの活躍が霞んだ感すらありました。
そしていよいよ地下潜行ですね。ということはロイの大爆炎が見られる。けどその後はあんまり見たくはないのが本音です。
Posted by anwarterdrei at 2010年03月28日 21:18
来週は彼らが主役ですか……('A`)<人形兵

第3研究所に入るシーンのエドとパパの掛け合いが大好きですw 本と飄々としているよなぁ…パパw

やはりアクションシーンが多いと見ごたえがありますね。アニメならではで、楽しいです。

また、個人的に師匠がバタバタと敵を倒すシーンが非常に楽しみです。
Posted by sakamaki at 2010年03月28日 22:46
>sakamakiさま

ホーパパは確かに飄々としてますね。あの飄々ぶりにはどんなに状況が不利でも何故か安心感を覚えます。そしてエド以上に天然に酷い。素でダリウスをゴリウスと呼んだり。
アクションシーンは見てて楽しいです。展開を知っていても「オオっ!!」と唸るシーンもあって時間があっという間です。
そしてこれからはアクションのオンパレード。
アームストロング姉弟やイズミ師匠の鉄拳でスカッとする日曜日になりそうですね。
Posted by anwarterdrei at 2010年03月29日 21:06
『セントラル動乱』見ましたよ。

個人的にここらへんの話がけっこう好きです。

コミックで見るのとアニメで見るのだとやっぱりひと味違いますね。

早く来週きてほしいです♪
Posted by K at 2010年03月31日 16:00
>Kさま

私もこのノリとテンポ良い展開は楽しみました。
今まで下準備段階だったのが春になって一気に花開くという感じで。
おまけに久々にロイの焔や鷹の目が見れました。
来週はあの姉弟のターンかな。そちらも楽しみです。
Posted by anwarterdrei at 2010年04月01日 18:26
こんばんは。今回のブログの内容とは少し離れちゃうんですが、今、なんだか気になることがあるので、コメント欄に書き込みますね。
もし、返事いただけるようでしたらお願いします。

確かコミックの18巻あたりで、ホークアイ中尉とセリムが対峙するとこの話なんですけど、彼が言っていた「はじまりのホムンクルス」は、プライドのことを指してるわけですよね。

彼はお父様から最初に切り離されてるわけですから、「はじまり」の表現には納得いくんですけど、「はじまりのホムンクルス」っていったらやっぱりお父様のことなんじゃないかなって思うんです。

セリムの中で、お父様はホムンクルスに分類されていないのか、それとも、プライドにはまだ何かあかされてない秘密があるのか、あるいはなにか別の意見があるようでしたら、ぜひとも聞いてみたいと思ってます。
Posted by K at 2010年04月04日 02:09
>Kさま

わたしもセリムが言った「はじまりのホムンクルス」という言葉に引っかかるものを感じました。
以前記事
―第74話「フラスコの中の小人(ホムンクルス)」■お父様の夢(ですよね?)
でお父様が実はセリムじゃないか、もしくは力関係が逆じゃないのかと疑った事がありました。
今もその疑惑は私の中で晴れてないのですが、4月号を読んでまたアレと思った事があります。「神」を取り込み完全な存在になったお父様が全くセリムの存在を無視している。ねぎらいの言葉も逆にプライドをもう要らない存在とする言葉もない。セリムもお父様に一言も言葉をかけない。
それはお父様=プライドということだからか。
事がここに至り、他の兄弟達が逝った今もプライドは生きていて、お父様の側にいる。
私はまだセリムに何か秘密があるという疑惑に一票です。
Posted by anwarterdrei at 2010年04月04日 15:33
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック

鋼の錬金術師〜第50話「セントラル動乱」 
Excerpt:  約束の日に突入 場面1 マスタング大佐ブラッドレイ大総統の夫人を人質に。完全な反逆者として、中央軍とたたかいまくります。でも、煙幕とか、足に砲撃とか、死者を1人もださないというこだわりです。 場面2..
Weblog: ピンポイントplus
Tracked: 2010-03-31 21:50
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。