2010年04月25日

第54話『烈火の先に』感想。


鋼の錬金術師 FULLMETAL ALCHEMIST 9 [Blu-ray]

鋼の錬金術師 FULLMETAL ALCHEMIST 9 [Blu-ray]

  • 出版社/メーカー: アニプレックス
  • メディア: Blu-ray



冒頭のイシュヴァール時代のリザの言葉が重い。

父は娘が信じた者に託されるように背中に秘伝を遺し、そしてリザはそれをロイに託した。
ロイを信じ、国民を守るという軍を信じ、錬金術を信じ、自分にも何か出来ると信じたリザ。

だがイシュヴァールで手にしたものは償いきれない罪と信じてきたものへの失望。
「秘伝をつぶしてほしい、焔の錬金術師をもう生みたくない、父の信頼から解き放ってほしい」自分に向けられた失望の言葉に、師やリザの信頼を裏切ってしまったこと、自分があまりにも無力だったことに打ち震えるロイ。もう自分を信じてくれたリザを失望させないと誓ったのに今また…。

一度は裏切られ、それでもロイの部下としてロイの掲げた青臭い理想に己の理想を託し、その背中を守ろうとした。
だけどロイの心は復讐にとりつかれてしまった。
もうロイに裏切らせはしないと自分でエンヴィーを仕留めようとするリザ。強かで強い。

おまけに「リザって呼ぶのよ」とさらっと嘘まで。ホントイイ女です。

リザを傷つけられさらに怒り倍増のロイの焔攻撃と憎しみを宿すその瞳がどれだけロイが復讐に支配されてるのが伝わり過ぎるほどに伝わってきて、もう別人みたいです。

エドに怒鳴られ、かつてヒューズに語った理想を思い出すロイ、スカーに理想を揶揄られ、徐々に我に返るがまだ復讐を諦められない。
リザに理想を忘れた己の姿を突きつけられてようやく我にかえるも振りかざした拳を下ろすことが出来ない。
脳裏に浮かぶ在りし日のヒューズの姿、遺されたグレイシアやエリシアの姿がよりロイの葛藤を引き立てる。

我に返った時点でもう復讐する意志は消えかけていただろうに、さらにリザにあそこまでさせて、言わせて、そしてまたリザの信頼を裏切るとわかっていては、もう拳を下ろすしかないじゃないか。

再び理想を掲げた心を、我を取り戻したロイが、すまなかったと謝り、リザと共に地面に座り込む姿が哀しくも愛おしい。

ギリギリの状況で綺麗事を選ぶ事が出来た人間達の前で、エンヴィーの言葉が虚しく響く。愚かで醜いと見下してきた人間を認めてしまったエンヴィー。認めさせてたエドたち。これを見て本誌の絶望的な状況にもなんだかきっと大丈夫と思わせられました。

後半のアームストロング無双もあったのに、前半だけでお腹いっぱいになりました。だけど最後の「錬金術師だ!!!!」は待ってましたぁー!!!!とならざるを得ない。
来週は暑苦しくなる。

今週もあっという間の30分でした。特に前半は文句無し。

posted by anwarterdrei at 19:04| Comment(8) | TrackBack(0) | 鋼の錬金術師FA | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
お疲れ様です! 今仕事終わりまして帰宅。
今からFA観てきます!!

ネタバレをみて既に興奮気味です!
またしても、感想じゃねぇ!!ホント申し訳ないですm( __ __ )m
Posted by sakamaki at 2010年04月25日 21:08
続けてのコメント、失礼致します。
このコメント書く前に2回見直しましたw
でも、胸がいっぱい過ぎて、言いたいことがうまく書けませんw

今回のFAは、想像していた以上の完成度で個人的には大満足です。

ヒューズの復讐に我を忘れる大佐と自分の信じたものを自分の出来ることで守ろうとする中尉。

憎悪という黒い炎が、ゆっくりと哀しく鎮火していく様は、胸を締め付けて苦しいくらいです。

そんな深い檻の中から戻ってきた大佐に対してエンヴィーの台詞
どんなに欲しても得られないものに対する嫉妬。

普通に涙目になりましたわ。

後半のストロング兄弟の活躍も個人的には大好きです。
本とオリヴィエ姐さん大好き♪
こういう戦闘シーンは動きがあるとさらに迫力があっていいですね。

次週からは更なる展開で期待大です。
Posted by sakamaki at 2010年04月25日 23:33
はじめまして。

ここ最近で怒涛のはまり方をして、
大人買いの勢いでコミック全巻そろえてしまった私です。
検索してここを発見してから、お邪魔させてもらってます。

今回、大佐が原作以上に怖くて、だからこそ、
怒りや悔しさが伝わってきて、切なかったです。
そして、好きじゃないエンヴィーが、今回ばかりは
とてもかわいそうになってしまいました。
こいつもある意味、被害者だよな・・・とか。
涙ボロボロのエンヴィーを見ていたら、つい。

ここから目が離せない展開ですね。
しかし、どんどん追いついてきてますが、
原作、間に合うのでしょうか・・・
Posted by Cerbiatto at 2010年04月26日 11:04
>sakamakiさま

私も前半だけですが2,3度見直しました。ロイがエドやスカー、リザの言葉にゆっくりと復讐から心を取り戻していくシーン、エドがエンヴィーの嫉妬を見抜き、視聴者のエンヴィー憎しの心を冷ましていくシーンは目が離せませんでした。
容赦ない焔攻撃とロイの憎しみから一転、静かにエンヴィーに語りかけるエドの言葉は深く深くこちらに染み込んできました。
ホント想像以上のFAに大満足な回でした。
冒頭にリザの言葉を持ってくるのも上手いなぁと思いました。どんな思いで復讐に駆られるロイに銃を突きつけたのか、冒頭のシーンのお陰でよりリザの気持ちがわかってしまって。ロイとリザの絆というか因縁というか、二人の関係性がこれまで以上に強いものに思えて、あんなものを見せられたらこれからの展開に期待せざるを得ないじゃないか。目は置いておいてだけど。
来週は姉弟と夫婦が大暴れする回で戦闘シーンが楽しみですね。


>Cerbiattoさま

一度ハマると中々抜け出せなくなる鋼ワールドへようこそ。“怒涛”という文字にそのハマりようが垣間見えました。最終話まで共に「どうなるんだぁあああ!!」地獄でジタバタしましょう!!

涙を流すエンヴィーは憎かったやつなのに、可哀想に見えてきて、セリムといいブラッドレイといい、「憎い!!」だけでは片付かないやつで感情の持って行き場に困ります。ブラッドレイの最期をFAで見たら泣いてしまうかもしれない私がいます。

ロイの方も、ヒューズの姿がこれでもかと見せやがるので復讐を思い留まったときのどこにも持って行きようのない悔しさ、哀しさといった感情が迫ってきて切なかったです。ロイはこれからも辛い展開が待っているので、それでも最後の最後にはみんなと一緒に笑ってる姿が見たいです。

原作間に合うのか、私も心配になってます。コミックスのストックもあと24・25巻を残すのみ+本誌未収録2話分、アニメの方がコミックスを追い抜きそうで、最終話は本誌と間を置かずに見る事になるかもしれませんね。
Posted by anwarterdrei at 2010年04月26日 15:58
はじめまして。
こっそりこちらのHPを見ては、かなり楽しんでおります。
ですが、今回のアニメあまりに出来が良くて、とうとうお邪魔してしまいました。

一言でいったら・・・、泣けました!

復讐に燃える大佐は、正直いって想像以上に怖かったです。(この時間帯に大丈夫か、と思う程に)
それほどまでに大事な友だったのだと。大佐の優しさを感じました。

そして、中尉。私だったら、大事にしている人の望みをかなえてあげたいと思ってしまうのです。
でも、その人を大事に思うからこそ、望みを止めさせる。それも自分の命をかけて。

やっぱりイイ女ですね、中尉(笑)

アニメのスタッフや声優さんたちの気合を感じました。もっといろいろいいたいですが、長文になってしまうので。
最終回まで見守りたいです。
Posted by さと at 2010年04月27日 22:33
>さと様

細々となんとかなってるブログですがようこそいらっしゃいました&初コメントありがとうございますです。

今回の54話は「焼いて塞いだ!!」回を凌ぐ出来でしたね。それにロイ、カッコいいだけじゃなくてホントに泣ける回でした。ロイが鎮火していく所や憎き敵なのにエンヴィーが涙を流しながら自死していくところなんかは特に。エドの言葉も朴さんだとよりグッとくるものがありました。

復讐を留まった大佐の心の内、留まらせた中尉の心の内、その両方にこちらの感情が引き込まれていって、大事な人を大事に思ってる事はこういうことなんだというのを見た気がします。

それにしてもエンヴィーに容赦ないロイはちょっと小学生が見るのはどーなのかと思いました。それくらい生々しく怖かったです。目の水分が蒸発とか、ないよ、痛過ぎるよ。

これから山場山場の連続にFAも突入していくのでまだまだ良いモノを期待しちゃいますね。本誌&FA共に最後まで見届け切りたいです。

また何か「私は語りたいんだ」があれば、ここのコメント欄を活用して下さいね。では。
Posted by anwarterdrei at 2010年04月28日 21:17
今週のは2回見ました。
やっぱり前半の迫力がスゴいですね、後半もとても良いのだけど、前半がインパクトありすぎて…。
なんかちょっと泣きそうになってしまいました。

グリードの欲しいモノはお父様の欲しいモノ、とゆうことはエンヴィーの嫉妬するモノはお父様の嫉妬するモノにもなるんですかね。

やっぱりお父様は人間人間なりたいのかなって気もしますね。


それにしても、どうやって終わらせるんでしょうね。みんなの気になるコトは私も気になります。
FAがばっちし原作とかぶっちゃう気がしてなりません。第1期のこともあるから、原作のが先に終わるのはガチだと思うのですが、さすがにちょっと心配になってきた。

…ハガレン終わっちゃうの寂しいな〜(T ^ T)
番外編で3冊くらい出してくれたらいいのに☆彡
Posted by K at 2010年04月28日 22:39
>Kさま

前半はなんだかあれだけで30分を見きったような気さえしました。今日までたくさんコメントを頂いて、改めて54話を見ましたが(3度目です)、頂いた感想が加味されてより胸に迫ってくるものがありました。ロイが壁を力いっぱい爆撃したところなんか復讐を諦めきれない気持ちとリザ達の言葉を受けて踏み止まろうとする気持ちが痛いほどに伝わってきました。

見れば見るほど味のあるAパートです。

≫グリードの欲しいモノはお父様の欲しいモノ、とゆうことはエンヴィーの嫉妬するモノはお父様の嫉妬するモノにもなるんですかね。

やっぱりお父様は人間人間なりたいのかなって気もしますね。

確かにそうだなと思いました。フラスコ内の小人からクセルクセス人たちを賢者の石にし、人の皮を被ったときに賢者の石を独り占めする事も出来たのにホーエンハイムと分け合った。人間になって、そして家族も欲しかったのかなと思えます。

現実味があるのはコミックスが出るよりも先にFAが最終話をやってしまうのはあるかもしれないかと。26巻は8月発売、FAは6月で終了みたいなので。本誌は大丈夫だと思いますが。

番外編は見てみたいですね。最終話からその後とか、10年後とか…。
個人的には再結集したマスタン組の話が見たいです。
Posted by anwarterdrei at 2010年04月29日 20:52
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。