2010年05月02日

第55話『大人たちの生き様』感想。


鋼の錬金術師 Festival '09 [DVD]

鋼の錬金術師 Festival '09 [DVD]

  • 出版社/メーカー: アニプレックス
  • メディア: DVD




中尉とスカーはすっかりロイとエドの保護者ポジですね。昔では考えられない組み合わせだ。スカーが復讐だと言っていた頃からそんなに時は経ってないのに、変われば変わるものだ。

前半は筋肉と姐御達の共闘。特に筋肉の方は動きまでシンクロさせやがって凄く強いというよりも凄く暑苦しい画面になってました。

一方のイズミとオリヴィエ、この二人で一国分捕れそうな組み合わせで、ロイあたりは軽くいなされそうだ。

後半はおじ様方の見せ場。ホーエンハイムの「家族が欲しかったのではないのか」の問いにそうだとも違うとも答えないお父様。実際のところはまだわからないけど、賢者の石を分け与えた頃はその気持ちもあったように思えます。今はどうなんだろう。

トリは「ただいま」のブラッドレイ。敵ですんごい脅威なんだけど、この先になにしやがるのかも知ってるんだけど、それでも「おかえり」と思わざるをえない帰還の仕方でした。まるで“ヒーロー”みたいだった。

来週は大総統無双の幕開けか。
posted by anwarterdrei at 19:46| Comment(4) | TrackBack(0) | 鋼の錬金術師FA | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
はじめまして
こちらのブログを見つけてからは毎週見させてもらっていましたが、そろそろマンガもアニメも終了してしまうのでついにコメントしてしまいました。

今回は前回と違ってあまり重い部分もなく、とても楽しくて見やすかったです。

もちろん前回もかなり良くて4〜5回繰り返して見たんですけど(笑)


ホーエンハイムとお父様の会話で「人並みに家族が欲しかったのではないか?」の問いに表情を変化させていたのでやっぱり図星なのかなぁと思いました。

最後のブラッドレイかっこよかったです。
確かにヒーローみたいでした(笑)

自分はグリードとリンが好きなので次回がとても楽しみです。

Posted by Fuku at 2010年05月02日 20:52
筋肉!筋肉!筋肉! まさに、筋肉マッスル!!
出来れば原作の『友よ!立て!!』をテロップで入れて欲しかった…w

筋肉と女帝二人が濃すぎて、スロウスの死に様が印象薄くなってしまったような気がしますが、ともあれ大人の生き様、しっかり見せていただきました。
やっぱり、現在を背負って、しっかり自分の足と意志で歩む大人はカッコいいです。 

そして、自分の意志ではない生き様を強いられながら、迷うことなく突き進む大総統の御帰り。
来週はさらにスピード感のある戦闘シーン満載と思われますなぁ〜。('-'。)(。'-')。ワクワク

ホーパパとお父様のやりとりの真意は、原作、アニメ共々最後の最後になって見ないとわかんない気がします。
お父様のいう『完全なる存在』の定義って、何?

いづれ本誌でわかってくるとは思いますが、FAが6月までということを考えると、やはり本誌よりFAが先に終わるのでは…(-_-)ウーム 
そうなると、FAの最後はどうなる……??

なんにせよ、皆が幸せになれる最後であって欲しいと祈ります。

あ、今回久しぶりにアンテナ立っているエドが観られて良かったです☆

あと、皆様のコメント読んでいて、前回の話を4,5回観ている人の多さに(゚ー゚)ニヤリとしてしまいました。
もちろん私も例外ではありません。
Posted by sakamaki at 2010年05月02日 21:41
イズミがかっこよすぎ。強すぎ。(笑)
筋肉おやぢたちは暑苦しすぎだけど、動きは笑えました。(あれ?笑うとこ?)

先週が重かったから、ちょうどよい感じの軽さでしたね。

全体をとおして、意外と少ないけれど、ロイとエドのやりとりが好きなので、あのシーンも微笑んで見ちゃいました。

これからノンストップな勢いになるのかなぁ。。
Posted by cerbiatto at 2010年05月03日 10:06
>Fukuさま

ようこそおいで下さいました。
ホントに最終回間近だなとしみじみ思います。最初のころはウダウダと管を巻いてたのが今や楽しんで見る事が出来ててあっという間30分、あっという間なFAだったなと思います。まだ終わってませんが。

今回は筋肉と姐御でテンポもよく気持ちも軽やかに見ていたのですが最後の最後であのお方が水をぶっかけてくれました。一瞬にして空気が凍ったように思えた帰還でした。 それも無駄にカッコよく、無駄にヒーローチックで。伊達に大総統やってませんね。

お父様の表情の変化は図星だったのか、思ってもいなかった事を言われたからなのか、自分でも気付いていなかった気持ちを指摘されたからなのか、未だに答えが出てません。これも最終回あたりで解明されるんでしょうか。

来週からはグリードリンも舞台に。しばらくは主役級の活躍を見せてくれますね。特にコミックス25巻のグリードリンはホントにイイキャラになっててアニメで見るのが楽しみです。


>sakamakiさま

いつもコメントありがとうございます。楽しみにしていました。

そういえば『友よ!立て!!』無かったですね。勿体無い。あれがあれば余計に暑苦しくなってたかもしれないのに。その分BGMが凄い盛り上がってて久々に聴いた気がします。筋肉ズ達の団歌みたいでした。
肉屋夫婦が出てきてから、スロウス霞んじゃいましたね。姉弟もあんぐりと口あけてるし。オリヴィエにあんな顔させる御仁はそうはいまい。

オリヴィエの言葉に大人になってしまった自分も背筋が正される思いでした。ハガレンの大人たちはこの言葉に通ずる生き様を見せてくれてて、だからこそどのキャラもカッコよく見えてきます。あのヨキもプライドに一矢報いた時はカッコよくみえました。

来週から大総統無双。ご無沙汰とばかりに鬼神のような戦いを繰り広げてくれそうです。スピード酔いしなきゃいいけど、それだけのものを見てみたいです。ハガレン随一の格闘シーンを魅せるキャラなので。

お父様は未だに謎ですね。原作を読んでてもまだ謎。でも確かにフラスコに中に入ってた頃の方が可愛げがありました。今はニコリともしない上にだんまりが板についてるし。

最終回、きっと皆が笑っていられることを切に信じたいです。ロイファンの私も最終話を読み終わったときは笑っていたいです。切に切に。

それにしてもFAは24巻の約半分まできちゃってるので私も本誌すら間に合わない?と心配になってきました。

53話、54話はここ最近でも特に良い出来でした。私も4回は見てます。対ラスト戦と並ぶ名回で何度も見直したくなります。
そんな回が、展開がこれからも出てきますように。


>cerbiattoさま

コメントありがとうございます。
動く胸の筋肉はきっと笑うところだと思います。おもに苦笑いとか引き攣り笑いとか。
イズミさんは強いですね。便所スリッパをはいててカッコよく強く見える主婦なんてイズミさんぐらいじゃなかろうか。記事を書いてても、“イズミ”とおちおち呼び捨てに出来ないです。

シリアス展開が続いたので、エドとロイの口喧嘩は久々の和み場でしたね。あんなノリのハガレンも久々に見たような。

これからの展開はきっとノンストップで、息をのんで見るシーンが増えること間違いなしです。本誌を読んでても目が離せなくなるんでしょうね。
Posted by anwarterdrei at 2010年05月03日 21:11
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。