2010年05月11日

ガンガン6月号 鋼の錬金術師 第107話「最後の戦い」ネタバレ。


少年ガンガン 2010年 06月号

少年ガンガン 2010年 06月号

  • 作者:
  • 出版社/メーカー: スクウェア・エニックス
  • 発売日: 2010/05/12
  • メディア: 雑誌



泣いても笑ってもガンガンでハガレンを読めるのはあと1回。
凄い事になってて、泣きそうになってて、是非共に本誌を読んで欲しいです。まじ泣けた。

以下ネタバレあります。















■第107話「最後の戦い」

―誰もが満身創痍、だがその瞳は未だ諦めず…!!

大量出血のために意識が遠のく中尉だが、ロイの視力を失っても戦おうという姿勢に気合を入れ直す。
あきらめていない大佐に、エンヴィー戦で大佐を殺して私も死ぬと言った事を「私はなんてバカな事を…!!」と反省。


お父様の一撃で中央司令部半分が吹っ飛んでしまっている。クーデター本部は無事。
エドらの加勢に加わろうとしているアームストロング姉弟、合成獣兵士、ロイと中尉にグリードリンとランファンも同行。
グリードリンがお父様のヤバさを説明し、普通の人間はここで退けと忠告。
怪我をしているオリヴィエは「戦ってる奴がいるのだから私が指揮を執る」と退く事を渋るも、ブリッグズ軍の兵たちのボスがいなくても自分達はひるまず働く事が出来るという言葉にを容れ、アームストロング少佐に「必ず勝て!」と後を託す。

怪我人のロイと中尉もグリードリンに退けと言われるも、
ロイ「私の力とそれを使うために中尉が必要だ」と共に戦う事を選ぶ。

結局エドらの加勢に加わったのは、ブリッグズ兵士たち、ロイ、中尉、アームストロング少佐、グリードリン、ランファン、合成獣兵士ら。

弟達を見送ったアームストロング少将、斃れたブラッドレイに気付く。
スカーより「ブラッドレイがここに来た時すでに満身創痍だった。誰かは知らんが致命傷を与えておいてくれなければ己も危なかったな」と言われ、その為に逝ったバッカニアを想う。
ブラッドレイの側に座り込み「…どうだブラッドレイ、私の部下は強かっただろう…?」と呟く。

瀕死の重傷にとうとう地に倒れるスカー。


お父様の放ったエネルギー波の直撃を喰らったエドら。
メイ、シャオメイとも無事。が、彼女らを守ったのは盾になったアルフォンス。アルの身体が崩れ、血の印にも何らかのダメージが。

エドは機械鎧の腕が半壊するも無事。
イズミはホーエンハイムに守られ何とか無事。

そのホーエンハイムは背中に大ダメージを受け、賢者の石が尽きてしまったのか傷が治らずそれでも何とか生きている。


お父様、もはや動く事が出来なくなったホーエンハイムを放り捨て、エドとイズミの魂を奪いにかかる。苦しむエドとイズミ。

その時「撃てぇ!!!」とブリッグズ軍がお父様をありったけの火力で攻撃。その隙にブリッグズ兵士たちに、ホーエンハイム、イズミ、エドが助け出される。

ブリッグズ兵士軍の総攻撃にビクともしないお父様。
それでも攻撃を浴びせるブリッグズ軍。そこに焔の錬金術師が加勢。
中尉に方角と距離を教えてもらい、どえらい火力で手パン錬成の焔攻撃。防御も手パン錬成のオールマイティさに便利がるロイ。

ランファン、ダリウス、ザンパノ、アームストロング少佐も参戦。


彼らの総攻撃を浴びても揺るがないお父様に、あの力があれば世界の全てが己のモノになると意気がるグリードリン。中のリンに「世界の王になるってのはこういう事だったのか」と問われ「おうよ!神が手に入ればこの世は全部俺の物だ!!俺の中の空っぽがこれで埋まるかもしれねぇ!!生まれてからずっと続いてきた乾きがおさまるかもしれねぇ!!」と答える。

それを「あさましいな、グリード。おまえの欲しいものはそうじゃない」というリン。

リンの言葉に一瞬虚を突かれたかのグリードだが、すぐさま一蹴し「黙ってろ、欲しい物は必ず手に入れる!!」と参戦。


反撃の間を与えることなく続く人間達の猛攻撃。だが「無駄だ、人間ごときでは私に指一本触れる事はできん」と涼しい顔のお父様。
ならば人造人間ならどうだ!とグリードがお父様の顔面に一発入れる。
が、逆にグリードの賢者の石を奪おうとうするお父様。

焦るグリードリンだが「なんつってな!賢者の石を欲しがってるなら俺と接触するために防御を一旦解くだろうと思ってよ!!」と。
お父様の背後より、エドが半壊の機械鎧の拳を振り上げ一発お見舞いしようとする。
エドの不意打ちにも、ノーモーション錬成により防御するお父様。
拳と防御壁との攻防により、とうとう腕が全壊してしまうエド。それでもあきらめるなばかりに蹴りを繰り出す。

お父様に異変が起こる。今まで防御錬成で攻撃を防いでいたのが、ここにきて初めて素手でその蹴りを防御する。
限界に達し、神を抑え込んでいられず苦しみ出すお父様。
お父様の苦しみより生まれた衝撃波に吹き飛ばされる人間たち。

賢者の石を求め、吹き飛ばされたために鉄柱の針金に腕を貫かれ身動きの取れないエドに迫るお父様。逃げられないエド。

そのエドの危機にアルはメイに「メイ、頼みがある。兄さんは右腕を犠牲にしてボクの魂をあそこから引っぱり出した。等価交換だと言うなら逆も可能なはずだ」。アルが何をしようとしているのかに気付き、そんなことは出来ないとメイ。

だがアルはひかず「時間が…お願いだ。こんな事頼めるの君しかいない」とメイにいう。涙を流しながらアルの願いを聞き入れるメイ。

メイ、エドの喪われた右腕部分の壁に円を描くようにクナイを投げ、そしてその横でアルが何かを錬成するため両手を合わせようとしている。

エド「何をする気だアル……おいやめろ……アル……おい……」
涙を流すメイ。

アル「勝てよ、兄さん」

やめろーっ!!!とエドが叫ぶ中アルは自身の魂を代価に錬成を発動。

消えゆくアルが辿り着いたのは、真理の扉の前に座る肉体の自身。
肉体アル「もういいのかい?」
アル「うん。あとは兄さんを信じる」

アルと肉体アル、互いの手を握り、一つとなる。
一つになったアルはエドの真理の扉の前に立つ。

真理「よう、中味入ったんだな。あいつはおまえを取り戻しに来るか?」
アル「来る。絶対に」
真理「何を犠牲にするか楽しみだ」と笑う。

エドの真理より右腕が消えていく。


エド、アルの魂の代価に持って行かれた右腕が戻る。
地に倒れ動かないアルに「バカ野郎ー!!」と叫び、錬成を発動。お父様を攻撃し、自身にささった金属棒を抜き取り、怒涛に錬成攻撃を繰り出す。

攻撃を防御できないお父様。

力の限り攻撃を繰り出すエド。そのエドを力いっぱい後押しする、ダリウス、ザンパノ、ブリッグズ軍兵士たち、中尉、イズミ、アームストロング少佐、メイ、ランファン、ロイ。

エドとエドを応援する人間達を目の当たりにして、何かを気付くグリードリン。
リン「もうわかっているんだろうグリード。おまえが欲してやまなかったのはアレ(苦しむお父様)なんかじゃない」
グリード「ああそうだ。俺が欲しかったのはこいつらみたいな仲間だったんだ」

強く強く握りしめた拳でお父様の殴るエド。
エド「立てよド三流。オレ達とおまえとの格の違いってやつを見せてやる!!!」

―次号ついに決着!!?そして鋼の錬金術師が…!


さよなら鋼の錬金術師。
2010年6月、
忘れられない終わりが来る
僕らはその、目撃者になる…!!!
エルリック兄弟の運命の行方は!?失った全てを取り戻せるのか!?
次号少年ガンガン7月号、「鋼の錬金術師」最終回!!














ネタバレ書いててもまだ泣ける。
posted by anwarterdrei at 19:31| Comment(12) | TrackBack(0) | ガンガン感想 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
ネタバレ見てしまいました。
すごいことになっていますね107話

まさかこんな形でエドの右腕が戻るなんてまったく予想していませんでした。エドが無事にアルを取り戻してくれることを願います。本当に最後はハッピーエンドであって欲しいです。

ホーエンハイムも賢者の石の力が尽きてしまってるようで彼ももしかすると死んでしまうんでしょうか・・・可能性として十分否定できないので不安です。
最後にエドがホーエンハイムに親父と呼んであげてほしいです。

今回のラストは第1話の名台詞できましたね、懐かしい。

それと、もう一つ第1話のセリフで

 カミサマ
「太陽に近づきすぎた英雄は蝋で固めた翼をもがれ地に堕とされる」


このセリフ、今のお父様を思わせるんですが・・・
1話のこの言葉を最終話にかけているんだとしたらすごい!さすがです!ここまで考えていたとは。


こちらのコメントを見て、自分もコンビニでガンガン7月号とアップルパイを買って、アップルパイを食べながら最終話を読もうかなとか考えています(笑)

Posted by Fuku at 2010年05月11日 23:22
最終回が108話って年末年始に鳴り響くアレと何か関係でもあるんでしょうかね
Posted by at 2010年05月12日 10:38
こんにちは〜!!

買いましたよ、ガンガン今月号!
読みましたよ、鋼の錬金術師!!

あ〜ホントに遂に終わっちゃうんですね。

それにしても今月号泣けます(T ^ T)

特にアルフォンス君。なんて切ないコトにって思いました。
我らが大佐は期待通りでばっちりなんですが…( ̄▽ ̄)

あとは全てを来月号に賭けます‼
Posted by K at 2010年05月12日 13:31
> Fuku さま

凄い事になってました107話。アルが自身の魂を錬成しエドの右腕を取り戻すのを見て何だかアニハガ一期の最終回、エドがアルを錬成したのを思い出しました。一期の監督も鋼の最終回を牛先生から聞いていたとのことで、逆をやったんだなぁと思いました。

ホーエンハイムは辛うじて自身の命だけが残っているように見えました。普通の人間に戻ることは彼が望んでいたけど、今は逆にピンチです。

コメントを頂いて1巻を読み返しました。確かにそうだなぁと、エドの台詞が今に繋がってくるのかと驚かされました。ホント凄い。教えて頂き感謝です。

アップルパイ、最終話を読んだ時にどんな味がするのか、きっとこの先鋼が終わっても、アップルパイを見たら最終回の時の気持ちを思い出すんでしょうね。いい思い出になって欲しい。

さああと1話。共に泣いて笑いあいましょうね。


>Kさま

こんばんはです。買われましたがガンガン!!
読まれましたか鋼!!
とうとう終わっちゃいますね。何とかその事実を受け入れて楽しもうと思ってますが、それでもどこかまだ夢を見てるような気がします。

私もアルのところとグリードが何を欲していたのかを気付いたところでブワァっと涙が出てきました。アルはきっとエドが来てくれると信じて錬成をして、エドはそれでもまたアルを失って(一時的だと信じたい)…やり場のない思いを拳に込めて怒涛に攻撃するエドが逞しくも痛々しく見えてしまいました。
グリードはリンとこの先上手くやっていくんじゃないかと思います。だけど必死にエドを励ます人間達の姿がまたよくてここでも涙腺が緩みました。

我らが大佐はリザと二人三脚で一矢報いてくれました。それでこそロイと読んでいて嬉しくなりました。視力は戻って欲しいのが一番ですが。

来月号、全て第108話ですね。読みたいような、読むのがもったいないような。じっくり味わって読もうと思ってますがきっと来月号ガンガンを前にしたらページをあっという間にめくってしまう自分がいると思います。

頼むぜ来月号!!!


>?さん

108話で終わる事すら決めていたとすると牛先生の末恐ろしさを感じます。
Posted by anwarterdrei at 2010年05月12日 20:52

こんばんわ(^-^)/~~
今月もネタバレ読ませて
いただきました!

さすがは大佐!
あそこで活躍は終わり
なのか…?なんていう
不安をさらってくれました!
視力はまだ戻ってませんが
中尉とともに持てる力を
存分に発揮して欲しい(^O^)

もちろん、次号視力が戻る
ことを祈るのも忘れてません!笑


すごい展開ですよね…
来月で本当に終わってしまう
と思うと、ほんとに寂しくて
仕方ありません…(>_<。)
ハッピーエンド期待ですね!
Posted by 麻那巳 at 2010年05月12日 22:12
本誌買いました。 半泣きになりながら、コメ書いてます。

アルが…アルが…。・゚・(ノД`)・゚・。
こんな形でエドの右腕が還ってくるとは思わなかったなぁ…

今回、大佐も復活し、グリードにもホロリとさせられたと思ったら、この展開。
顔面にカウンターパンチを食らった気分です。

そして、ムカつくクソ真理!『何を犠牲にするか、楽しみだ』とか言っちゃって!!
オマエにやるもんなんか、お父様の命くらいだ、バカーー( ゚д゚)、ペッ

最終話は、私もアップルパイ片手に、涙拭き用のティッシュを用意して臨みたいと思います。
大丈夫、絶対皆笑ってくれる最後だと信じています。

あぁ…明日仕事で4時半起きだけど、眠れるかなぁ…(-_-)ウーム
Posted by sakamaki at 2010年05月12日 23:16
買っちゃいました!ガンガン!!
(分厚いんですね、ガンガン…)

本編見開き表紙、いろんな人が入ってる中、右上にヒューズの手を見つけ、
これだけで、かなりの感無量でした。
早々と退きつつも、かなりの存在感を放っていたヒューズなので。

本編。
アルフォンス!!(涙)
その決断と結果に涙が出ました。
エドが勝つこと、迎えに来ることを信じて、戦いのさなかにあの決断ができた、その絆の強さ。
エドへの声かけの仲間にはいなかったけど、ある意味、最初の声はアルだったんだな。って(涙)

エドの最後のセリフ、好きなセリフだったから1巻を思いだしつつも、「俺たち」という表現が加えられたエドの今までも思い、鳥肌がたちました。

他にもたくさんあるんだけど、コメ長くなっちゃうので、でもあと大佐だけ(笑)!

待ってました!ロイ!
オールマイティーを便利がるところで、緊迫感が少しなごみました。
それに、焔以外も錬成できるのはわかっていたけど、エドみたいな錬成で防御する様子が新鮮でした。

最終回。
見たいけど見たくない。終わっちゃうなんて切なすぎます。
でも、このブログのおかげで、1人で抱え込まずにいられます!
ほんと感謝。1人じゃ耐えられない(笑)

長々とすみません!
Posted by cerbiatto at 2010年05月13日 08:42
>麻那巳さま

大佐はホントやってくれました!!という感じでした。ブリッグズ軍にも焔の錬金術師の名が轟いているようで、焔の名に恥じぬ活躍を見せてくれてましたよ。ヒューズの事があって、復讐を踏み止まって、中尉を信じて、視力を失って…。いろいろあったのに戦うことを諦めない。ロイもまた大きくなったなぁと嬉しかったです。
これで視力が戻れば言う事無しなんですが、ホント頼むよ。

エドが凄いカッコよくて、アルが切なくて。この上なく面白くて、あと1話で鋼のキャラ達と会えなくなるかと思うとまた泣けてきそうです。

ハッピーエンドで嬉し泣きと笑って終わりたいです。


>sakamakiさま

今日は仕事になったのでしょうか…。朝の4時半とは太陽と共に目覚められるんですね。寝汚い私にはイベントに参加する時ぐらいしか出来ないです。お疲れ様です。

ロイやグリード、エドにはテンションを上げさせられた分余計にアルが…。まだメイとのやり取り見てたら涙腺が緩んで仕方ないです。

でお父様はエドがボコってくれるとして、真のラスボスは真理じゃないかと思えました。等価でないのに持っていって、あまつさえあのこ憎たらしいニヤケ笑みまで見せてる。人間を舐めるなよといいたい。

アップルパイ同志がここにも。こうして皆で同じものを見て、感じて、笑って泣いて食べるアップルパイはいい思い出になりますね。きっと忘れないだろうなぁ。共有出来るものがあるって嬉しいです。


>cerbiattoさま

ガンガンは凶器です。

見開きはなんかこれまでの鋼の人の歴史だなと思いました。ヒューズ、ハボック、フー爺さん、バッカニア、キンブリーまでも力を合わせてる。力を合わせた。泣ける扉絵で、皆いい顔してる。

アルはずっとエドを信じて、見てて、だからこそ出来たあの魂錬成。その覚悟と絆がきっと報われると私も信じてます。そうですね、最初はアルだった。それが仲間が出来て、皆がエドを信じて、応援して。エドとアルの旅の集大成を見た気がしました。

ロイは手パン錬成が慣れないと言ってたのに、すぐさま便利だな、とあそこは和みましたね。余裕が出てきたんだろうなあ。側に中尉がいて、多くの仲間がいて。防御の壁錬成はエドやアルがお手本になってるんでしょうね。

最終回、皆さんと分かち合えるからこそ、寂しいけど心強いです。私も一人でなんか耐えられそうにないです。仲間ってホントいいもんですね。



Posted by anwarterdrei at 2010年05月13日 22:32
初コメントです。最終回目前にコメントというのもどうかと思ったんですが;;

個人的に、「スカーの本名は物語に深く意味のある名前」という作者様の伏線が気になってます。最後力尽きて倒れちゃいましたし・・。

オリヴィエの「私の部下は強かっただろう・・・」というところにすごくぐっときたと思ったら、次はグリード・・・
グリードが本当に欲しかったもの、それは仲間なんですね。1つ前のグリードにしても、今のグリードにしても仲間がやられたらなりふり構わず身を投げるところからも仲間思いっていうのは表現されてましたが、本人が初めて自分の口で言ったところに感動しました><

アルの自らを犠牲にする練成、大体予想はできた展開でしたができればなってほしくない展開でした;A;
「勝てよ、兄さん」のところ、涙出ました・・・

来月でついに最終回突入、長かったハガレンもついに終わってしまうのかと思うととても悲しいですね。。。
「救いのあるエンディング」、どうなるのか楽しみです。
Posted by WILD CARD at 2010年05月17日 21:28
>WILD CARD さま

初コメントありがとうございます。

スカーの名、言われてみれば気になります。復讐を捨て、その復讐の対象だったアメストリス人たちを救おうとするエド達と共闘した。人は変わるものだと、人を変えるのは結局は人というのを体現してるキャラだと思います。
物語に深く意味のある名前、気になります。この先明かされることはあるのでしょうか。スカーも本当の名前を取り戻して欲しいです。

グリードはあの何とも言えない、ずっとわかっててでも受け入れらなかった事を認めて、そして見せる顔が、「こいつらみたいな仲間だったんだ」という言葉が感動を誘う誘う。良かったねと抱きしめたくなる。

アルは…もうね…その覚悟とエドへの信頼が深すぎて逆に絶対エドが迎えに来てくれると思わせられました。きっと大丈夫だと信じてます。でもメイの涙に思わずもらい泣きしてしまいました。

最終回のハガレン、笑って終われることを願ってやみません。
Posted by anwarterdrei at 2010年05月17日 22:48
お邪魔しますm(_ _)m

感想 書きたいことだらけで 原作、アニメどこから手をつけて良いのか分からない状態です冷や汗2

次回のアニハガ 無理しないでください涙

数ヶ月前 ガンガン読まれて このブログで体調がおかしくなるほど衝撃を受けられたんですから……涙涙

本題に入りますが
一度に上手くは 書けないから 何回かに分かれるかも知れません冷や汗2

*表紙
今 ここにはいない 何人かの共に闘った人もいて
個人的にこういう表紙好きですうれしい顔うれしい顔

でも キンブリーは……ボケーっとした顔ボケーっとした顔
わたしの解釈では、あの行動は"プライド"が自分の美学に反していたからからなだけだったんじゃないかとボケーっとした顔
味方とはいえないですよ冷や汗2

*スカーの本名
すっかり 気になることが多すぎて 忘れてしまいがちでしたが冷や汗2
牛先生が 意味ありげなコメントしてるということは 本名明かされるんでしょう……かね?

*ホーパパ
賢者の石が欲しくて 人に襲いかかってるのに
ホーさんには 見向きもしなかった&ホーさんに あの人柱揃った後の"プライド"状態と酷似した様子なのが なんか嫌な予感が……涙涙

更に 今回アルが エドの腕のために……涙涙

ふと アルを取り戻すために ホーさんが犠牲になるとか……げっそりげっそり
そんな展開を想像してしまいました涙涙(←どういう発想げっそり)

でもそんなことしたら
クソ真理の言ったとおりになってしまうしむかっ(怒り)ちっ(怒った顔)
(ホーさん犠牲涙涙)
ホーパパ犠牲にしてアル戻っても 決してうれしくなんかなく 後悔に苛まれるんじゃないかと……涙涙

方法がまるで考えつかないけど 犠牲ナシでアル戻ってほしいです涙がまん顔
Posted by ポッチャマ at 2010年05月27日 00:08
>ポッチャマさま

表紙は「皆の力」という言葉が浮かびました。誰ひとりの力を欠いても今ここに事が至らなかった。そんな風に思えます。キンブリーも、そうですね。己の美学、それに殉じた結果エドに手を貸すことになった。良くも悪くも必要悪なキャラでしたね。

スカーの本名はちょっと想像がつきません。凡人の頭には「命」に関する名前かなとも思えましたが、思うだけです。本名、明かして欲しい。本当の名前でこれからの生を歩んで欲しいと思います。

ホーエンハイムはどうでしょうね。賢者の石が尽きてしまったかのような描写があって不安ですが、普通にピナコばっちゃんのご飯をのほほんと食べてる未来が思い浮かびます。

私も犠牲無しで取り戻して欲しいです。確かに禁忌は犯したけど、真理がいう等価交換じゃない。考えれば考えるほど真理っていうのは何なのだろうかと思えてきます。隠れラスボスポジにいる真理、人を試すかのようなアノ笑みはもうこれっきりにしてくれるとエドを、エドの選択を信じたいです。

もう少しで6月ですね。早いもんだ。そろそろカウントダウンする自分がいます。

Posted by anwarterdrei at 2010年05月28日 20:27
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/149559635
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。