2010年05月30日

第59話『失われた光』感想。


鋼の錬金術師 エドの懐中時計

鋼の錬金術師 エドの懐中時計

  • 出版社/メーカー: コスパ
  • メディア: おもちゃ&ホビー



お、終わった…。
初っ端から終わりまでい息つめて見てました。
なんだろうこの目まぐるし過ぎる展開。

中尉の命の危機にロイの苦渋の選択、
仲間の救援に危機の脱出、
仇敵の登場に、強制人体錬成、
光喪失に、アルの決意の帰還、
そして揃ってしまった5人の人柱。

どこでホッとすればいいのかわからなかったです。唯一和んだのはCM入りのまさしく美女と野獣の中尉とゴリダリウスでした。

存外にさらっとロイの視力のところは流せるかなと思ってたら、視力を失ったことが把握できないでいるロイの姿、声に逃げたくなりました。
つらい。
追い打ちをかけるようなプライドとお父様の「人間が思い上がらぬよう正しい絶望を与える。それが神とも呼ばれる真理だ」という台詞にふざけるなと怒りを感じました。

でもその後のエドが、そんな筋の通らない真理は認めねぇと言ってくれたので、本誌の時もそうですが、嬉しかったです。何より心強い言葉だった。希望を感じた。



まずは中尉の危機脱出。

本気で合成獣兵士に、ブリッグズで殺さない選択をしたエドの覚悟に、諦めるなと合成獣を説得したアルに、アメストリスを見捨てる事を良しとせず残ってくれたメイに、感謝した。
それが今ここに繋がってると思うと、それで中尉が救われたかと思うと、いつ途切れてもおかしくはなかった壮大なバトンパスを見た気がする。そしてバトンはまだまだ続いている。

一人でも諦めない限り続く。まだ誰も諦めてはいない。

にしてもロイと中尉の安堵のやりとりが、中尉を抱きしめるロイがもうね、ファン冥利に尽きるんじゃないかと思った。目がね、優しい。互いへの信頼と思いやりに溢れてて、幸せになれ、なってくれと心底思う。


大総統の「まったく人間というやつは、思い通りにならなくて腹が立つ」。本音だ。
人を見下してきた大総統が人間を認めた瞬間じゃなかろうか。
見下すか、背を見せて心情を吐露してきた大総統が人間に真向かいに向き合い語る言葉。人間だとか人造人間だとかもう抜きにして、ブラッドレイとスカー、マスタングらが対等になった。


ロイの強制人体錬成。持って行かれた光。
さっきも語りましたが、やっぱりつらかった。ロイや仲間たちが夢見た未来が閉ざされてしまったかのような絶望を感じた。
理不尽すぎる。失って、あがいて、それでも光を求めてここまできた。なのに、真理は“正しい”絶望を与えたという。
耐えねばならないと、それをハガレンでみせてきてもらったけど、認められない。認めたくない。耐えられない。納得できない。
理不尽は許してはいけない。かつてウィンリィがスカーに言った言葉。いまはその言葉が響く。

ブラッドレイとスカー。
「名無し同士殺し合うのもおもしかろう」と己の感情のまま戦う事を楽しむブラッドレイ。誰の命令でもなく、ただそうしたいから。
ブラッドレイの最上の時は今この時なのかもしれない。


アルの帰還。
やっと辿りついた身体。だけどその非力な身体では戦えない。自分の願いを叶えてしまったら、皆の力になれない。
自分の願いより、皆と皆のために戦うことを選ぶ。
だけどそれはお父様の思惑通りの状況を整えてしまった。
畜生。

EDの空を見上げ佇むアルと被さる「夜明けの先に光が射すよ」の歌詞。
耳に残りました。


心が疲れた。
posted by anwarterdrei at 18:25| Comment(8) | TrackBack(0) | 鋼の錬金術師FA | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
皆様、お疲れ様でした。心身ともに疲労感に苛まれている方も多いのではないでしょうか?

まず、牛先生ゴメンナサイ。中尉の目配せの意味を、FA観て始めた気づきました…。
『あ…、上にカエルがいることを教えてたのね…(((゚д゚)))』
バカっ! 私のバカっっ! ホント今頃気づくなんて!

その後キメラたちの反撃で、中尉を助け出したときの大佐の表情。
安堵した様子で、やさしく中尉を抱きしめる様は、今時の月9なんか目じゃないくらいキュンキュンですよ(゚・゚* ホレボレ

あぁ、もういっそこのまま終わってくれと思ったら、大総統の登場。強制的に始まる人体練成。怪しい光。

練成が始まった時の大佐の絶叫に身震いしました。中の人ってすごい。耳に残る絶叫。声だけで表現するってやっぱりすごい。
思わず自分を抱きしめていました。

そして、お父様のところに連れて行かれた大佐が『灯りを…』と呟いた時は、居た堪れなさ過ぎて<(T◇T)>うぉぉぉぉぉ!!!って、こちらが絶叫。

ここら辺でお腹がいっぱいだよぅ…って、言ってたら、鋼史上究極の一戦スカーVSブラッドレイ。
名無し同士の戦い。否が応でも上がる心拍数と血圧にくらくらし始めたら、アルの肉体との再会。

静かに語りかける肉体アルの優しい声が、これから起こる現実の過酷さを余計に際立たて切ない。

ここでED。もう後5分もあったら、寝込んでいたかも。精魂使い切って。
心が疲れた…。まったく、同感です。

次週からは、とうとうコミックスすら越えてしまうんですね。
6月にも入り最終回が足音を立てて近づいてきます(||゚Д゚)ヒィィィ!(゚Д゚||)

しかも、本屋さんに確認したら、7月号が入荷するのは15日だといわれ、激しく動揺(゚◇゚;) ゲッ
いま、いかに最短でガンガンを手に入れるか思案中です。

あぁ、長すぎだろう…コメント…毎度申し訳ありませんでした。
Posted by sakamaki at 2010年05月30日 22:15
ホントにてんこもり過ぎます。
アルの決断までやってしまうなんて。
これだけてんこ盛られたら、さらっと…流せるかっ!という内容で。
参りました。ギブです。勘弁してください。という心境です。

確かに、今までが結びついていますね!
絆と赦しと…。

そして、ロイのリザを抱きしめるシーンは、原作より「ぎゅっ」って感じで、表情もよくて、優しい気持ちになりました。

失われた光、は、きつかったです。。。
なんだか突然、ラストが死ぬときに言った「その目が苦悩に歪む日はすぐそこ」を思い出していました。

真理、おかしい。この真理のおかしさをあと1回で本誌はどうケリをつけるんだろう、なんて考えて、また悲しくなりました。
Posted by cerbiatto at 2010年05月30日 22:26
こんばんは。

今、見終わりましたよ。私も逃げずに頑張りました。

息もつかせぬ展開、というのが1番たとえやすいかもです。やっぱり気づいたら息止め気味で見ていました。
そして、後半部分は眉間にシワ寄りっぱなしです。

・・・終わった瞬間深呼吸。

私、大総統の迫力に負けてしまいそうでした。やっぱり国のトップだけありますね〜。

プライドも、見た目子供なのにものすごい貫禄とゆうか・・・やっぱ亀の甲より年の功なのですかね。一番上の兄ちゃんだし。

最後にアルフォンス。
このシーンだけは本気で涙出そうになってしまった。(なんとか飲み込んだけども)


心臓どきどきしっぱなしでしたけど、無事見届けられてよかったです。あとはしばらくエドワードに任せておいて、また大佐が中尉と再会するまでを楽しみにしておきます。


来週はついに世界が闇に覆われてしまう予感ですね。また1週間がもどかしい!!!
Posted by K at 2010年05月30日 22:33
こんばんは〜

今週も辛い場面ばかりで・・・
もう大佐の視力が奪われるのは、絶望という言葉以外見つかりません。
人体練成させられた時の大佐の叫び声もすごかった。
声優さんも声だけでここまで表現することには驚きました!


アルもね、苦渋の決断をして
でもこの決断が後にエドやメイを救うことになるんだと思うと耐えられます。

少し変かもしれませんが、
自分が一番印象に残ったのは予告です。
「天の瞳、地の扉」いや〜なサブタイトル
ほんの数秒でしたが、あの大地に光る赤い光そして黒い手と共に倒れる人々。
あぁ、とうとうここまで来てしまうのか
もう次回でコミックス抜かしますね


来週が待ち遠しいですが、不安でもある。
来週もがんばって目をそらさずに見ようと思います。
Posted by Fuku at 2010年05月31日 00:12
こんにちはm(_ _)m

昨日は 本当にお疲れさまでした涙泣き顔

やっぱり 音とかが入ると 更にあの衝撃が増しますね(泣)泣き顔

結局 また、わたしは視ないで逃げましたもうやだ〜(悲しい顔)(←チキンげっそりげっそり)

なおコミックで大佐のあの話読んだとき泣き顔涙
クソガキとマリモの 発言には またも殺意が湧き 大佐exclamation×2嫉妬のような 拷問喰らわせてやつてexclamation×2むかっ(怒り)むかっ(怒り)むかっ(怒り)でしたよ

感想にあったように もしラストむかっ(怒り)むかっ(怒り)の 死に際の言葉がコレのことならぷっくっくな顔ぷっくっくな顔悔しすぎますよ〜ぷっくっくな顔ぷっくっくな顔

来週は 原作読めなかったもうやだ〜(悲しい顔)もうやだ〜(悲しい顔)あの回ですがげっそりげっそり

またも 録画だけになりそうです泣き顔泣き顔

また夜 お邪魔しますm(_ _)m
Posted by ポッチャマ at 2010年05月31日 12:51
>sakamaki さま

今回も熱いコメントありがとうございます。
疲れた59話でしたね。30分の中にこれでもかというくらいに盛り込まれて胸やけを起こしそうでした。というか起こした。

中尉の目配せ、原作よりもはっきりとわかるように描かれていましたね。私もあの中尉の目配せの意味になんとなく気付いて、でも違うかなとはっきりとは気付かなかった一人です。人体錬成するな!!の中尉の眼光が鋭過ぎて、ロイを踏み止まらせようとする想いにばかり目がいってました。
アニメは動きがある分、わかりやすかったです。

危機を脱した後のロイと中尉はおっしゃる通り、何なんだよお前らとのたうち回りなくなるくらい萌えました。一気に二人の距離感が近くなったんじゃないでしょうか。ヒューズの惚気をもう怒れないでしょうね。あんなものを見せつけやがって。

で、その後の展開、しんどかったです。
ロイの絶叫が凄かった。鬼気迫ってました。辛かった。動きや声音はコミックスでは想像で読みますが、実際に動きと声がついて見ると、想像じゃない現実を突きつけられているようでした。

スカーとブラッドレイのあの渾身の一撃はこれから始まる戦いの壮絶さを予感させていてあそこで一旦終わったのが惜しいくらいでした。スカーもブラッドレイもこれまでの人生と己をかけて戦う。そう思うと心躍る。

精神アルの語りかけ、アルの決断すらあざ笑うかのようなこれから起こる絶望を突きつけられやりきれない思いに駆られました。

来週からはとうとうコミックス超えですか。
一話一話が気になって仕方がないアニハガFAになりそうですね。

明日からは6月。最終回。早く見たいけど終わりが来るのが寂しいです。もう少し最終回までの、祭りの前の楽しさを味わっておきます。


>cerbiattoさま

他のアニメだったら一つ一つのエピソードで30分をもたせることが出来るんじゃないだろうかというものが目白押しで息つく暇がなかったですね。どれもクライマックスで目が離せない。

さらっと流すどころか精魂全て持って行かれた気がしました。お風呂で「疲れた」と休日なのに呟く自分がいました。

全てが繋がってここに至る、そう思うとその時々にキャラが下した決断は絶対的に正しいとはいえないかもしれないけど、間違ってなかった、先に繋がる決断だったんだなぁと。
全てのキャラが愛おしく思える。

ロイとリザのシーンはもうね、言う事無しですよ。互いへの想いに溢れてて温かい。それなのに…。

失われた光、絶望を与えたというお父様、神と呼ばれる真理、理不尽すぎます。光はどうにもならないかもしれないと思う反面、エドの言葉に励まされて後半を乗り切る事が出来ました。

真理もきっとエドや皆が筋を通してくれると期待しています。大丈夫、きっと。


>Kさま

お疲れ様です。心中お察しします。
前半でちょっとほのぼのと心穏やかに慣れたのに後半は歯を食いしばって見ていた気がします。
そうでもしないと逃げずに見る事なんて出来なかったです。

やっぱり皆さんも息をつめてみてらしたようで、ですよねと共感し合いたくなります。

大総統にプライド、最悪のコンビじゃなかろうか。ゲームとかでこの二人が出てきたら勝てる気が全くしない。たとえLV99でも。
それくらいの貫禄がありましたね。

アルの再会と帰還のシーンは彼の壮絶な決断が見ていて痛々しくて、精神アルの言葉がそれを煽る。待っているのは絶望でも、先に進もうとするアルの姿が哀しくもカッコよかったです。

大佐はしばらくイズミさんのお世話になりますね。立ち直って中尉を傍らに戦うロイ、私も見たいです。その前に来週のアレ、予告だけでも禍々しさが伝わってきたので本編でどんなものになるのか不謹慎にも早く見て見たい気持ちがあります。
あれさえ乗り切れば、きっとエドらのターン。



>Fukuさま

ロイの絶叫は心が折れそうになりました。
歯を食いしばったのは勿論、思わずchを無意識に変えようとうする自分がいました。来週からはリモコンを手の届かないところに置いておこうと思います。
あそこまでの演技を見せてくれるとは全くの予想外で「やめてくれ」と何度思った事か。
目をそらしたかったけど、そんなことをする余裕がなくただただ画面を見つめるばかりでした。

アルはもうね…。思わずよくやったねと抱きしめたい気持に駆られます。アルの行く末に幸あれと願わずにはいられません。

予告、禍々しかったですね。ちょっと違う番組をみているようでした。本誌も相当でしたが、あれに色と動きと音がつく。そう思うだけで見応え十分。気合をいれて来週も歯を食いしばって見ます。頑張ろう!!お互いに。


>ポッチャマさま

本当に疲れました。何故休日の一番くつろいでいる時間帯にああも精神的に疲れなくてはならないんだ!!!と自問しました。
全てが終わって、結末を知った後ならまだ余裕を持って、違う気持ちで見れるかもしれませんね。ロイの目然り、アルの決断然り。

プライドとお父様の言葉、本誌でもカチンときましたが、アニハガFAでもそのとき以上にこの野郎と思いました。彼らにその言葉をいう資格がどこにあるんだと。悔しい。

来週のお父様最大の見せ場。あそこが一つのヤマと思ってギリギリしながら見ようと思います。ロイのあれを乗り切ったので何とかなるような気がします。

辛い中コメントありがとうございます。
Posted by anwarterdrei at 2010年05月31日 22:31
こんにちはm(_ _)m

昨日 カキコ鉛筆に来ますと言っておきながら
寝落ちしてしまいました泣き顔

どうも すみません(>_<)
ここの感想で リザさんの目配せが 救援が来てくれるの意味もあったこと 今更知りました冷や汗2

わたしは ただ大佐に 禁忌を犯させたくない一心で 極限状態でも あそこまでできたんだと(T^T)

危機を脱した後の 大佐とリザさんのハグ(笑)
原作でも テンション上がりましたハートたち(複数ハート)ハートたち(複数ハート)

わたしも 好きなカップル?の ああいうシーンに 色めき立ってしまう体質なので冷や汗(あまりところかまわずなバカップルのはイヤですが考えてる顔)

視てみたい でもそこ以外の衝撃の場面を視てしまう危険が……(T-T)

あと 確かにこのときのアルの選択は 一時的に最悪の結果になりましたが泣き顔
それぞれの苦渋の 決断が 今の本誌の マリモ退治ちっ(怒った顔)パンチができそうになったんですね(泣)

わたしが 教えていただいたいくつかの言葉のひとつに
「物事は長い目で見れば、そのときは結果にならなくても必ずいい結果になる」

「遠回りしたり、苦しんだからこそ解ることがたくさんある」

上手く表現できませんでしたが冷や汗2
今までもそうだったしほっとした顔最後もそうなるって信じたいですわーい(嬉しい顔)

最後に冷や汗2ホムクルの連中
マリモだけ いい思いするため(神様化ぷっくっくな顔ケッむかっ(怒り))だとぷっくっくな顔初めから解ってて
奴に隷属してきたんでしょうか?考えてる顔

だとしたら 崇高な"ボランティア精神?"ですね
わたしには 自分以外の他者を見下してるぷっくっくな顔ような奴に そこまでできないからむかっ(怒り)むかっ(怒り)
ある意味 ご立派ですね(;-_-)=3

毎回 長々とすみませんm(_ _)m
Posted by ポッチャマ at 2010年06月01日 18:46
> ポッチャマ さま

リザの目配せ、私ももアニハガFAであれはそういう意味があったんだと確信が持てました。原作だけだと ポッチャマさまのおっしゃる通り、ロイを踏み止まらせたい、その一念だけでロイを見つめていたと思っても不思議じゃなかったので。確かにあのシーン、ロイは頭上のメイらにいつ気付いたんだと思った記憶があります。あの大総統候補すらその気配を気づけなかったのにリザは気付き、ロイはそのリザの目配せを信じた。
深すぎる信頼関係を見せつけられた気がします。

リザとロイのシーンは59話の前半にあるので、きつかった後半を見なければなんとかなるかと思われます。原作以上の抱擁は必見モノです。

アルの決断、頂いた言葉の通りだと私も思います。アルがその時に考え抜いて、選び取った決断、その先の結果。これまでもがそうだったように、これから先もアルやみんなが選んだ決断が報われる日が来ると信じてます。

人造人間たちが何故盲目的にお父様に従ってきたか、確かに謎ですね。端的に言うなら生みの親だからとか、そうすることが当たり前だったからとか。存在意義がお父様だったからとか。わかりません。

お父様の心情とかも最終回で明になるのでしょうね。

Posted by anwarterdrei at 2010年06月01日 20:27
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。