2010年06月11日

発売日。

もうガンガン本誌で読まれた方やネタバレ記事や他の方のサイトやブログで読まれた方もいらっしゃって。
これから最終話を読まれる方もいらっしゃる。


『鋼の錬金術師』終わっちゃいました。

ネタバレ記事にたくさんのコメントを頂いていて、読ませてもらっては、照れたり、嬉しくなったり、泣いたり、共感したり、牛先生と鋼と、鋼のキャラ達と、そして皆さまに「ありがとう」と何度も感謝したくなったりしています。
また、コメントの方でお返しいたしますね。

ああ〜終わったんだなぁ………。




言い忘れそうになりましたが、コミックスの最終は27巻。11月発売とのこと。因みに26巻は8月12日発売です。




P.S. kayanoさま、お教え頂きありがとうございます。真理の言葉でしたね。初コメントもありがとうございます。
posted by anwarterdrei at 15:19| Comment(8) | TrackBack(0) | 鋼の錬金術師 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
本日、会社出勤前にコンビニでガンガン購入。
……えぇ…ガンガン持って会社行きましたともww

最終回を読み終えた今は、牛先生の素晴らしさにただただ感服します。
色んなところに張った伏線のほとんどを回収し、大団円で締めくくった最終回。
近年稀に見る爽やかな最後だったのではないでしょうか。

細かい感想をあげればきりがありませんが、
グリードの最後から涙腺緩みっぱなしだったのに、エドが初めて見せた涙で落涙し、ランファンの『じいさま、帰ろう…シンへ…』で思わず口元を押さえ、ホーエンハイムの死に様にとうとう嗚咽をあげました。

オリヴィエねぇさまの何かを企む素敵な笑顔に心を落ち着け、幼馴染3人の再会に心の底から『良かったね〜〜』と。

すっかり元の身体を取り戻したアルの男前っぷりにドキドキしたと思ったら、お兄ちゃんの一世一代の告白があまりにも可愛らしくて爆笑。その返答が更に上を行く可愛らしさで爆死。というか悶死。

良かったねエド。幸せになってね。皆幸せになって欲しいと心から願います。

大佐に関しては、コミックスか別の形でマスタング組の番外編があるといいなぁって、思います。

最終回で、目が見えなくなった自分にも出来ることをしようと思うって語った彼の強さに惚れました。
やっぱりアンタ三枚目じゃない、二枚目キャラだわ…ww

この後、他の方のコメントにもありましたがFAがどのように魅せてくれるのか、楽しみにしたいと思います。

本当に、素晴らしい最終回でした。
牛先生、ありがとう御座いました。
エドが屋根の上でみた、広大な風景はきっと牛先生の故郷の風景ではないでしょうか…
その景色のように、心穏やかにゆっくり休んで頂きたいと思います。

また、いつも長々としたコメントを書き込んでしまいご迷惑をお掛けしました。
改めて、anwarterdrei様ありがとう御座いました。




Posted by sakamaki at 2010年06月12日 00:28
一体何回読み直したかわかんない位読み返しました。

読めば読むほど、あぁ収まるとこに収まったなぁーと思います。人間の葛藤を決して無くさずに、かつそれぞれが1番けじめの付けられる方法で…とゆう感じで終わりにして下さった荒川先生に心から感謝したいですね。

この話はただのハッピーエンドではないと思います。キチンと読者が考えるべきところは残してくれている、と感じました。

後はFAに期待♪

最近の演出法から考えると、正直かなり期待してても裏切られない気がしてならないですp(^_^)q
Posted by K at 2010年06月12日 07:29
度々すみませんf^_^;)

ひとつ心残りがありました!

エドが大佐に520センズ返すトコが見たかったぁ〜…。
Posted by K at 2010年06月12日 12:42
1日経ち、少し心が落ち着きました。

こんなに穏やかな気持ちなのは、牛先生があれだけの最終話を書き上げてくれたから。
そして、このブログを書いてくれたanwarterdreiさまと、コメントで出会うみなさまのおかげです。
ほんとにありがとうございます。

みなさまのコメントに反応してもいいですか?(笑)
私も520センズ見たい!!
ちょっと忘れてましたよ!

あと、読み返して気づきましたが、2年後のエドの髪型、格好がホーエンハイムと同じですね。「クソ親父」を受け入れたんだな(涙)

明日はFA。
コミックスもあるし、まだしばらくよろしくお願いします!
Posted by cerbiatto at 2010年06月12日 23:04
ただ ただ『ありがとうございました』を伝えたく…

中々時間が無く長文つくれないので…



ですが どうしてもちゃんと御礼を言いたかったので


近々またカキコミさせて頂きます
新参者ですがまだまだ語りたいです
Posted by 畑わさび at 2010年06月12日 23:23
> sakamaki さま

ガンガンと共に出勤。車通勤でしたらあのぶ厚さもへっちゃらかと思いますが、電車や自転車通勤でしたら、ちょっとした筋トレですね。あのぶ厚さだし、鞄にしまうにしても、鞄容量の半分は持っていかれたんじゃないかと。

最終話、爽やかでしたね。あすこま清々しいとか晴れ晴れしいとかの感想が浮かぶ最終回もまあ珍しいのではないのかと思います。

私も最初から最後までこれでもかという位に泣きました。だけど読了感は爽やかですっきり。自然と笑顔までが浮かんできました。

ページをめくればめくるほどに幸せで嬉しい気持ちになりました。どのキャラの笑顔も嬉しい。晴れ晴れした顔が愛おしい。
鋼のキャラ皆が好きで、エドとウィンリィが微笑ましくてこっちまでも照れてきました。

オリヴィエ姉様も無事でよかったです。対外的に一番の火中の栗を拾われた方なのでどうなるんだろうと思ってたら、北でご健在。良かった〜。

ロイ関係の番外編は確かに期待大です。ロイファンとしてはどこまでも欲深くなります。あの写真だけでもお腹いっぱいだけど、それでも読みたいです。

視力を失っても、退役することになっても、腐らずに自分にできる事をやっていく。なんて強いんだ、逞しいんだ、どこまでもあきめない彼の心が姿が切なく、愛おしくてギュッとしてやりたくなりました。ああっほんと好きだ!!!

アニハガFA、俄然楽しみになってきました。とりあえずは明日のFA。7月4日までまだまだ笑って泣きつづけますよ。

こちらこそいつもコメントを頂けて、気持ちを共感し合えて、ありがとうございます。鋼だけじゃなく鋼ファンの皆さんという宝物まで頂く事が出来ました。


>Kさま

壮大な最終話でしたね。それでいてすっきり晴れやか。歴史や未来や人生観や教訓等々がたくさんつまっていて、読めば読むほど得がたきものに気付く。
10受け取ったら1を上乗せして返す。いいなと思いました。私も実生活で証明していきたいです。

アニハガFAのここ最近の素晴らしさは文句なしなので楽しみにし過ぎたいです。

エドが大佐に520センズを返すシーン、ロイが大総統に就任した時に、とか何でしょうか。是非共に番外編で見たいです。でもあの最終話で書ききられた感があるしなぁ。それでも期待しておきます。
Posted by anwarterdrei at 2010年06月12日 23:32
なんとか時間を作りました


正直コメントしたの人生初です
しかも主婦ですあせあせ(飛び散る汗)
今年入ってネタバレみさせてもらって単行本は買ってたのですがネタバレ見たばっかりに気になってしまい先月号から予約して待ち侘びてました



あたしみたいな人多分沢山いると思います



なのでほんと心から御礼を言いたくカキコミした次第ですm(__)m
Posted by 畑わさび at 2010年06月12日 23:49
> cerbiatto さま

私もこれまでの心の暴れようがウソみたいに、穏やかな心でいます。牛先生と鋼と皆さまのお陰です。でも、明日のFAでまた心乱されるかもしれませんね。内容的に対お父様戦開始。最終話を読んでもエドや皆を応援しちゃいます。

520センズ、私もコメントを頂くまでころっと忘れていました。よくぞ覚えていらっしゃったと思いました。
コメント頂くたびに、ありがとうの気持ちが湧いてきて尽きません。感謝してもまだ感謝が生まれる。ここまでありがとうを言いたくてたまらなくなったのは人生でも1,2を争います。

「クソ親父を受け入れた」ほんとですね。またもやコメントで気づかされました。明日からでも最終話を読んで、それから1巻から読みなおそうかな。でもFAはまだ終わってないし…。まだまだいろんな気付きが出てきそうで楽しいです。

こちらこそまだお付き合い下さいね。


>畑わさびさま

初コメントありがとうございます。「ありがとう」の気持ちしっかり受け取りました。なのでこちらからも、このブログに足を運んで頂き「ありがとう」の気持ちを伝えたいと思います。
ほんとに畑わさび様が、皆さまが支えでした。このブログを読んで下さる方がいる。その方々のお陰でやってこれました。おまけにたくさんの感謝の言葉を頂けて、嬉しくて仕方がありません。鋼って凄い、皆って凄い、実感しております。

主婦ですのコメントにイズミさんを思い出しました。またよろしければ、時間の許す時にいらして下さいね。
Posted by anwarterdrei at 2010年06月13日 00:16
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。