2010年09月10日

ガンガン10月号買いました。


少年ガンガン 2010年10月号

少年ガンガン 2010年10月号

  • 作者:
  • 出版社/メーカー: スクウェア・エニックス
  • 発売日: 2010/09/11
  • メディア: 雑誌




ガンガン表紙の“故郷に帰ってきた3人を描いた”とあるようにエドとアルとウィンリィのお話でした。

外伝「もうひとつの旅路の果て」。
15Pの外伝でしたが、読んだ後は穏やかな、温かな気持ちになれました。
アルが、アルの決断というか想いがとても愛おしい。
鋼の錬金術師という作品がホントに好きだな〜と思いました。

是非読んで欲しいです。

あとエドの鞄型コミックBOXは先月号と合わせて2つ注文しました。
一つはコミックス収納用に。もう一つは鋼のグッズや鋼ねまつわる思い出の品用に。
皆さまから頂いたコメントもプリントアウトしてこのBOXにしまおうと思います。

アニハガFAのDVDもいよいよ佳境に。14巻のジャケイラにニヤッとしました。
4コマも読みたいぞ。


posted by anwarterdrei at 11:13| Comment(6) | TrackBack(0) | ガンガン感想 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
こんばんわ〜〜 外伝読みました〜〜o(^o^)o

なんか、色々考えさせる外伝でしたね。
読んだ後は、ほんわかさせられるお話なのですが、奥が深いというか…

何一つ無駄なものはない、何にでも生まれ変われるというメッセージみたいな物を感じたのは、私だけでしょうか…(-_-)
非常に牛先生らしい外伝だったと思います。

さて、映画情報はなかったけど、DVD発売ですね(゚ー゚)ニヤリ 
大佐ファンとしては14巻は必須かとww
11月には最終巻も発売ですし、何かと楽しみです!

PS:ぱふの件、教えていただきありがとう御座いましたm( _ _ )m
明日、さっそく書店に確認してみます!!
Posted by sakamaki at 2010年09月11日 23:57
こんばんは。外伝読みました〜♪(v^_^)v
デンのさり気ない優しさになんだか心が癒されてしまいました。外伝ならではのおっとりした感じがイイですよね。もうちょっと長くてもよかったけど、まぁそこは外伝だし長すぎてまとまんなくてもイヤですものねf^_^;)

私はDVD13巻を予約購入したのをきっかけに他の巻も集め始めました。あと2巻と4巻がそろえば完璧デス!(頑張って初回版で揃えてます)

26巻の半端ページは今回の外伝載るんですかね?できれば他の話も読みたいですよね〜…とか言ってみちゃったりして♪(´ε` )
Posted by K at 2010年09月12日 20:58
>sakamakiさま

こんばんは。
外伝、あれから何度も読み返してますが、やっぱりアルの台詞が深いです。以前どこかで読んだ言葉―「いのちあるもの」は、自らは死しても他に「いのちを伝え与えるもの」である―がふと脳裏に浮かびました。
アルの鎧もまた誰かの手足となって活き、生きていくんだなあと思いました。読了後に心が温かくも考えさせられる余韻のあるお話でしたね。

14巻は焼いて塞いだと並ぶロイの名場面なので楽しみです。その名場面が4コマでどう調理されているのかも。

あと「ぱふ」ですが、在庫が取り寄せできることを願っております。
Posted by anwarterdrei at 2010年09月12日 21:08
>Kさま

DVD集めておられるんですね。私は単発購入です。いつかBD-BOXで出ないかなぁと密かに願い中です。
あと2巻と4巻だけとのことで、お手にされるよう祈っております。私も懐がもう少し楽になったら他の巻も中古でもいいのでBDに手を出そうかと思案中です。

外伝はいいお話でしたね。アルの言葉だけじゃなく、デンの気遣いはGJでした。誰かの手足になったり、誰かの家になったり。アルの鎧の行く末が素敵すぎです。
コミックス最終巻にはきっとこの外伝だけじゃなく、他の外伝があることを信じてやみません。
ロイの外伝も読みたいよ〜。
Posted by anwarterdrei at 2010年09月12日 21:17
遅ればせながら、読みました!

実は、鎧、どうしたんだろう…。と気になっていたので、
冒頭の箱の大きさを見た時点で、ああっ!!!
と反応したくらいに。

よかった、鎧。
ホーエンハイムのコレクションだし。

そして、その使い道に頭ゴインやられた感じです。
ああ、そうか。とっとくだけじゃダメなんだね、って。

変わっていくもの、変わらないもの。
変わっても繋がっていくもの。

鋼には、教えられてばかりです。
DVD持ってます、初版で(笑)←なんたって怒濤のハマり方ですから(笑)
実は相当楽しみな次。ジャケットもいいなぁ。
ちなみに13は、ロイとヒューズの若かりし日外伝アニメついてました。
ちょっと重い内容ではありましたが、
ロイとヒューズの強さの違いやイシュバール戦の影響の違いを知りました。
Posted by cerbiatto at 2010年09月13日 23:19
>cerbiattoさま

アルの鎧の行く末、良かったですね〜。
アルの魂が抜けてしまったけど、別の形で誰かの一部になって生き続ける。長年あの鎧を見守ってきたので寂しくもありますが、同時にきっとそれでいいんだよとも思えました。

13巻は情報を頂いてから、レンタルやネット宅配を定期的に覗いてはいるのですが、まだ見れてません。
コメント頂いて、より見たくなりました。
DVDは6巻と今度出る14巻は手にします。怒涛の展開を見せてくれた15〜16巻も購入予定。
13巻、まだ初回版残ってるかなぁ。
Posted by anwarterdrei at 2010年09月15日 12:34
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。