2011年01月02日

謹賀新年。

110101_1102~01.JPG

写真は、卯年ですが毎年お参りしている信貴山の寅です。元旦に行ってきました。寒かった。
でもあの赤橋を渡らなければ初詣に行った気にならん。イカ焼きも食しました。
去年は新型インフルエンザでひきこもりの年末年始だったの2年ぶりの初詣でした。
おみくじは大吉。
いつもは木やひもにくくってるのですが大吉なんて生まれて初なので持って帰ってきちゃいました。
お守りです。

今年は元気に年末年始を送れてます。去年は上にも書きましたが新型インフルエンザ、3年くらい前は元旦早朝に溝にはまって左足首ヒビ。今年も何もないまま正月が明けて欲しいです。

さて話変わって鋼な話題。
元旦にハガレンめいるが来たのでその情報を載せときます。

■「鋼の錬金術師 嘆きの丘(ミロス)の聖なる星」2011年7月2日(土)全国ロードショー!!

■ 鋼の錬金術師 FESTIVAL 2011 開催!!

2011年5月22日(日) 国立代々木競技場・第一体育館 16:00 OPEN/17:00 START
チケット全席指定 前売り:7,200円(税込)
お正月特別先行予約 http://eplus.jp/hagaren


また年明けたばっかで7月はずっと先に思えますがきっとあっという間でもあるんでしょうね。
正月も残す所あと1日。

なんやかんやとテレビ見て過ごしてます。これ書きながら見てるのはテレ東系の「戦国疾風伝 二人の軍師」です。竹中半兵衛がかっちょいい。山本耕史は「新選組!」の土方歳三のイメージが大きいけど、半兵衛も十分イケます。あと西田敏行が秀吉を演じてるのに、家康に見えて困ってます。
同時間帯に「戦国武将の真実」とか「徳川家康と三人の女」がやっていて、さらにレンタルした「戦國ストレイズ」を読んでるので戦国、もっというなら織田信長率が高いです。今年のNHKの大河ドラマも戦国ですし。

再放送中の「篤姫」や「龍馬伝」を見たり(高杉が好きでした)、薄桜鬼や久々新刊発売PEACE MAKER鐵6巻を読んだりして新撰組(特に斎藤一が大好きだ!!)や幕末熱が再燃してましたが、今年はまた戦国に戻りそうです。
それにしても新撰組の沖田といい、奇兵隊の高杉といい、半兵衛といいみんなコンコンしててこっちまで咳がうつってきそうだよ。

正月休みもあと1日。ゆっくり自分の時間に浸ります。

ブログ名かえました。>内緒さま

今年も元旦からの情報をありがとうございます。確定しましたね公開日。
あと鋼の錬金術師 FESTIVAL 2011の開催も。前売り券も第2,3弾があるみたいなのでロイ狙いで買いに行きます。
年が明けたのでガンガンやアニメ誌発売辺りで公式に情報がぼちぼちアップされていけばいいのですが。いつも情報楽しみ且ありがたく頂戴しています。

>ポッチャマさま

今年もよろしくお願いします。原作やアニメ、コミックス刊行も終わってしまって寂しいですが映画もあるのでそちらでも語り合えそうですね。
いつでもお待ちしていますよ。

>友人Hへ。

年賀状ありがとう。お互い健在で何より。年だけ食って中身は成長なしですがしぶとく世に憚ってます。今年もよろしく!!
posted by anwarterdrei at 22:18| Comment(10) | TrackBack(0) | 鋼の錬金術師 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
明けましておめでとうございます。

私も大吉ひきました!
はじめてかも。結構うれしい。

鋼、FAを見直してます。
映画は、絵がだいぶ違う感じですね。。ちょっと残念。
Posted by cerbiatto at 2011年01月06日 00:19
>cerbiattoさま

今年もよろしくお願いします。
大吉同志ですね。ただおみくじに書いてある日本語が昔言葉で???でした。「待ち人きたる」だけはわかりました。
映画はなんだかゲームタッチだなと思いながら予告見てます。焔の大佐無双(多分無い)や中尉との名(迷?)コンビぶりが見たいです。
Posted by anwarterdrei at 2011年01月06日 21:36
昨日(1月8日)に【少年ガンガン2月号】を買ってきました、ロイ、アームストロング、リザ、ウインリィの劇場版のキャラデザイン・総作監の小西賢一による設定画が掲載されておりました、新情報としては、5月22日に開催される【鋼の錬金術師 FESTIVAL2011】に【鋼FA】のOP・EDアーチストたちが出演するそうです、あと内海賢二以外の現在公表されている劇場版の声優4人の方々、それと劇場版に登場予定の無いはず(?)の藤原啓治さんが出演されるそうです。
7日に購入した【アニメジュ2月号】に劇場版についてのアニプレックス・大山良PD、ボンズ(社長)南雅彦PDのインタビューが載っています、今度の劇場版のは製作に入ったのがFAが後半に入った頃で2009年10月頃だそうで、ちょっと驚きました、原作もちょうど1番凄いラストスパートに入った頃だし、FAもシリーズ構成の大野木寛が原作者からネーム段階の原稿があがり次第、それを元に脚本を書き上げ、入江監督に渡してFAを制作していた時期なので、(えっ!!)て感じです。最近、いろんなサイトで、第1期アニメ版及びその劇場版ファンと、FAファンが色々悪口の言い争いをしていますが、第1期及びその劇場版ファンの【FA】の悪口最大のものの一つであった、今度の劇場版のスタッフ総入れ替えがあったのでが、あの時期に劇場版に【FA】のスタッフが入ることは、到底不可能なことだったことなのが現実だったことが立証されて、この悪口の根拠は無くなりました。入江監督は昨年10月頃までDVD、ブルーレィ版のリテイク作業を続けていたそうで、作画も演出も、ネーム段階から作ってしまったものはかなり不本意だったらしく、完成された原作にちかづける為に、かなりリテイクされおり、ちょっと放送版とはちょっと変わっいます、いい意味で、より原作に近くなっています。
私は【鋼の錬金術師】原作が最も好きです、しかし同時にアニメの第1期及びその劇場版、第2期【FA】も好きです。
だから、第1期ファンと【FA】ファンの悪口の言い争いはうんざりです。
ところで【アニメージュ2月号】2人のPDが気なる発言していました、元々、今度の劇場版は最初から外伝として企画されたものらしく、上手く要ったら(要するにヒットしたら)まだ作りたいみたいなニュアンスことを言っていることです。前にanwartedrei様のお書きになった通り【ナルト】の映画のように幾らでも
Posted by 内緒 at 2011年01月09日 16:30
〈続き〉
作られてしまいそうです。今度の劇場版、大変楽しみにしておりますが、ヒットするとまた、【ナルト】の映画のように作られてしまいそうでちょっと怖いです。anwartedrei様はどう思われます?。私は大変複雑な気持ちです。
Posted by 内緒 at 2011年01月09日 16:52
>内緒さま

いつも本当にありがたい情報をありがとうございます。予告を見ていてもアニメ版と劇場版と作画が違って見えるので、劇場版のキャラデザ非常に気になる所です。
ガンガンやアニメージュにといよいよ映画への動きが本格化してきましたね。
ハガフェス2011に藤原さんが出演ときいてヒューズに会いたくなりました。
何度も凄いと唸らされたり、涙させられたFA終盤の制作秘話や劇場版のスタッフさんの話も興味深く読ませてもらいました。
テレビ版とBD/DVD版の違いには監督のプロ根性というか鋼愛が為せる技で、ありがとうございますと言いたいです。

一期とFA版のファン同士のあれやこれやも初めて知りました。私もFA版の声優変更には当初意義を唱えていたので、気持ちわからなくはないです。ですが、本当に凄かった中盤から終盤を見ているとそんな気持ちはどこかに行っていました。今では別物というか兄弟みたいなもののように思ってます。

ジャ○プ系映画のようになるのは、ロイ達にまた会えると思う反面、それでいいのかなと思う気持ちが確かにあります。今回の劇場版はおまけのように思っていたので、続くとなればまた複雑ですね。
全ては劇場版の出来にかかってくるのではとも思えます。楽しめかつ牛先生が、鋼の錬金術師という作品が伝えようとしたものが、しっかりと受け継がれ描かれている事を願います。







Posted by anwarterdrei at 2011年01月09日 21:06
お久しぶりですm(__)m

やっと とりあえず腕時計の許す限りですが 書き込みできます(^-^)/

まずは お待たせしてしまった TVの話ですが
ハガレンの最終回の7月月号に まつわることでした

7月号は 全国で完売してしまい 最終回読めなかったという苦情が ガンガン編集部に殺到し 電話がパンクしそうだったとのことで
(ちなみに7月号パソコン有料三千円で取り引きというケースもありましたΣ(゜д゜;)

その対応策が 9月号への再掲載だったそうです


9月号も売り上げが 跳ね上がりましたが(印刷等の問題で)コストがかかり 赤字だったそうです(>_<)

去年の今頃 展開に本気で胆冷やしまくりましたが(´Д`) やっばり喪失感が有りますのね泣き顔

でも いつまでもダラダラ続けて 作品の質下がってるのや
その作品のファンが結末 見届けるのを叶わないのに比べれば(-.-)

しかも 映画公開の度に 有名人に 長年続くのを肯定する某探偵マンガ(▼皿▼)Ψ
いい加減 うざいですむかっ(怒り)

気分悪くされたらすみません(T_T)
Posted by ポッチャマ at 2011年01月25日 15:17
【荒川弘イラスト集 3】の発売日が4月22日になりました。アニメイト何では特典付きでもう予約を初めているようです。(値段は書店と同じみたいです)
Posted by 内緒 at 2011年02月12日 14:43
先日書いた通り、【荒川弘イラスト集3】の発売日が4月22日に決定したこと以外は7月2日に公開される劇場版の情報も何もありませんあせあせ(飛び散る汗)ただ【アニメージュ3月号】に掲載されているスクウェア・エニックスの倉重宣之PDのインタビューを読むと今度の劇場版がヒットしても、すぐにまた作るのは難しいなと思いました。理由はジャンプ系のアニメの劇場版と違って本当の言葉の意味の外伝を作るつもりだからです。例に挙げて悪い気もするのですが【ナルト】や【ブリーチ】の劇場版は外伝ではありません。原作やTVシリーズとリンクしないパラレルワールドです。しかし、今度の劇場版は本気で外伝を作るつもりらしい、それ遵守し続けるとなると、原作やFAを踏まえた上というか意識しながら作らければ成らないので、毎年という訳には行かなくなります。外伝は正伝に対して矛盾があってはイケないからです。牛先生のハガレンのストーリーは様々人たち(僕もその1人(笑)のつもりです)が指摘いるようにかなり緻密に作ってあるので、今度の劇場版のような本物の外伝を作り続けるのは大変な事態になります。そう考えると安直に作れないので、少し安心した気分になりました。CACI様はどう思われます?
Posted by 内緒 at 2011年02月15日 20:25
【鋼の錬金術師フェスティバル2011】追加公演!それも前日の5月21日(土曜日)これには驚きました!チケットの売れ行きがいいのでしょうが、ハガレンファンの僕が言うのも変ですが、改めてハガレンファンの多さ熱狂の高さを思い知りました!まだまだハガレンは熱いですね!
Posted by 内緒 at 2011年02月18日 12:59
あなたの助けを待っている少女たちがいます!今すぐ神待ち掲示板に参加して少女たちを助けてあげて下さい!あなたのその行動が可哀想な神待ち少女たちを救うことに繋がるのです。
Posted by 神待ち掲示板 at 2011年07月24日 12:39
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。