2008年02月20日

機動戦士ガンダム00 #19「絆」。

機動戦士ガンダム00 3機動戦士ガンダム00 3
宮野真守 三木眞一郎 吉野裕行

バンダイビジュアル 2008-03-25
売り上げランキング : 84

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

3兄弟に喧嘩売るのもロックオンに過去話をするのも「ガンダムガンダム」で押し通した刹那。
ここまでくるともはや天晴の領域。

ヴェーダは絶対のものだと思ってたけど案外頼れないものだったんだな。スメラギさんの戦術予報士と同レベル…。

「そんな時間が与えてもらえると思っているのか!」
何度聞いても「絶望した」の幻聴が文頭と文末に聞こえてくる。
このあとにやたら時間が与えてもらってるようにしか見えないナドレ発動。
見せ場の一つであることはわかるけどこのティエリアの啖呵のあとでは絶好の視聴者ツッコミポイント。
スロー再生で見せてくれてるだけだよね、本当は一瞬の出来事なんだよね、きっと。

トライアルシステム、最強じゃんと思ったのも束の間、アルハンドロのくろ〜い笑みの直後にあっさり解除。
このときアルハンドロの口元しか映ってませんでしたが、目がティエリアみたいに光ってたのかな。
それともミスリード?

1話ではアンタたちダレ的出番だったのにココに来て黒幕?に大出世。正直アルハンドロ、リボンズの行末の方が気になりだした。

憎い仇を前にして現在に至る紛争勃発の原因と歴史講座をしてくれるお人好しのロックオン。そんなんだからオレがガンダムだ理論にも言いくるめられてしまうんだよ。

最後に太陽炉らしきものが発見されてましたが、それでもグラハムはフラッグに乗り続けるのか、フラッグに太陽炉がつくのか。
世界が軍拡していってる。

ティエリアの微笑に刹那の活躍が霞んでしまったよ。
posted by anwarterdrei at 22:07| Comment(0) | TrackBack(0) | ガンダム00 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/85072278
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。