2008年03月22日

機動戦士ガンダム00 #23「世界を止めて」&#24「終わりなき詩」。

今回も19時の動画配信を待って先週録画し損ねた23話を視聴。


よそ様の感想で知ってはいたけどロックオン…。

ちょっと涙ぐんじゃったじゃないか。
ハロのロックオンロックオンが切ない。

22話から一転、舞台は宇宙に移って前半1クールのまったりは何だったの的に話がサクサク進む進む。いや、話と言うよりはテンポが。

全体的に見れば戦争根絶のお題目を掲げるCB側と国連軍側の局地戦の一つなんだけど、同時に総力戦になってていかにも1期終わり間近というのをヒシヒシと感じる。
目的が戦争根絶なのか生き残ることなのかあやふやになってきた。
戦争根絶のために生きるのか、生き残るために戦うのか。

地上の一般市民たちはこの戦いをどう見ているのかが知りたかったな。外から急激に加えられた圧力が人々をどう変容させたのか、何も変わってはないのか。

ロックオンはず〜と自らが奪った命への償いは戦争根絶が終わってから贖うみたいなことをちらちらと言ってたので今考えてみれば立派な死亡フラグが立ってたんですね。
彼だけがこの後の自分の身の振り方を考えてた。

アリーとたたかわせた言葉の数々はまごうことなきニール・ディランディのモノで本音で生き方そのものだった。真に迫るものがあった。
最期に全部をかけて狙い撃ったアリーという名の戦争やテロ。
撃破。ロックオンの任務は完了したんだと思うことにしよう。

アリーは明確な描写がないということは生き延びた可能性はやっぱり大。
ガンダムは大破したようだから1期の出番は終了で2期越しかな。

トランザムシステムはスゴイけど切り札にしすぎで頼りすぎ感がある。戦力インフレは一体どこまでいくんだろうか。

機動戦士ガンダム00 4機動戦士ガンダム00 4
宮野真守 三木眞一郎 吉野裕行

バンダイビジュアル 2008-04-25
売り上げランキング : 52

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

今週話見てきます。

見てきた。ポカーンとした。

アレハンドロのわかりやすいラスボス(小物)っぷりに。
そしてまた金色のMAに金色のパイスー…もう何も言うまいよ。
でリボンズはどこいった?
アレハンドロをあやすのに飽きておもちゃ与えて放り出すのは傍迷惑。

あとキャラ逝きすぎ。
「絶対生き残る」=完全死亡フラグになってる。
過去がわかってないスメラギや正体不明のティエリア、ソーマと因縁あるアレルヤ、アリーとの決着やマリナと色々ありそうな刹那は2期有として、でもあのままじゃぁ、マイスターの面々が生死不明で2期へということになりかねん。ギアス的1期終了は勘弁して欲しいです。
全く出番の無いビリー&グラハムが一番安全圏にいる。

ふと思いましたが、デュナメス&ハロは巻き込まれてませんよね。

来週で土6も最終回。土曜6時にチャンネルをMBSに合わせることもないと思うとなんだか寂しいです。(正確には来週時間変更で6時にアニメ見るのは今日が最後)。土曜の楽しみが減るなぁ。
posted by anwarterdrei at 21:18| Comment(0) | TrackBack(0) | ガンダム00 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。