2007年02月10日

【stage17 騎 士】感想。

DVD3巻のジャケイラ画像も出ましたね。楽天で見てきました。
特派ファミリーで、息子が凛々しいです。

では本編感想は他の方々にお任せして特派関連感想のみを。
ネタバレあります。














■アッシュフォード学園内ルルーシュ隠れ家(ルル、ナナリースザク)

セシル「スザクく〜ん。ロイドさんが急用だってー」

どうやら大学に間借りしてる特派の仕事場から携帯をもっていないスザクを呼びに走って来られた模様のセシルさん。息切れ気味?
体力派というか、他に寄越す人いなかったのとか、特派から携帯を貸せばとか思わないでもなく。パシリですよ、これじゃあ。

ルルーシュ(ゼロ)と特派(セシル、名前だけならロイド)に何らかの繋がりを持たせたかったのかな?

ルルーシュ「誰?」
スザク「軍の人」


あくまでどこか部隊名とかを濁して答えるスザク。

セシル「お友達?」
スザク「はい」
セシル「ごめんなさい。ちょっと、スザク君を貸してね」


後にスザク=白兜のパイロットとバレ、セシルやロイド=白兜の関係者=排除すべき敵とゼロに認識されるようになる伏線なのか?
後に敵同士となることへの皮肉なのか?


■ラクシャータ

ラクシャータ「もっと丁寧に扱いなさいよ!アンタらの百倍はデリケートに産んだんだから」「その子の母親」

黒の騎士団幹部に初っ端からこの口調。逆らえない雰囲気を醸し出してます。自作のKMFを大事にしている所はロイドと通じるものがあります。

ゼロ「間に合ったようだな」
ラクシャータ「アンタがゼロ?よろしく。噂は色々聞いてるわ」
ゼロ「こちらこそ、ラクシャータ。君のニュースは以前よくネットで拝見したよ」
ラクシャータ「私が?」
ゼロ「医療サイコネティック関係の記事をね」←ナナリーの為?
ラクシャータ「あぁ、昔の話は嫌い。それよりコレ、キョウト土産よ」


医療サイコネティック?研究室時代の研究テーマなのか?もっと昔?
ロイドたちと袂を分かった何らかの理由の一つなのか?
輻射波動とどう結びつくんだろう?

カレン「…あの、本当にこんなので連動性上がるんですか?」
ラクシャータ「上がらないわよ〜」
カレン「はあ?」
ラクシャータ「生存率が上がるの」


半信半疑です。


自作の新型KMFや白兜の戦いを見て、

ラクシャータ「うーん、付属武器との連動がまだ甘いかな〜」
「キョウトの爺ちゃんたちも、もっといいパーツ回してくんないとサー」


妥協の無い性格で容赦ない言動。ロイドとのKMF談義を聴きたい。


ラクシャータ「アレかい?ゼロが手こずってる白兜ってのは」
扇「あっ、はい」初対面から数時間で力関係はラク>次席幹部
ラクシャータ「ふーん…」

何か思い当たることがあるのかのようなラクシャータ。
かつての同僚、ロイド開発と気付くのは時間の問題?
ロイドとラクシャータの邂逅が見たいです。あと力関係も。


■ロイド

ロイド「えぇー、また書くんですか?」

やはり公式な名前はロイド・アスプルンドのようです。
Yの字がビヨヨヨーンと伸びてます。
筆跡鑑定したら面白いかも。

かつて師であった藤堂の処刑人に命じられてガクブルするスザク。気遣うセシル。ブー垂れるロイド。浮いてますよ。

爆発音。

ロイド「書類地獄からは解放かなvv」

といっても示された書類は2枚だけ……。


ラクシャータ開発のKMFの月下をいかにも貴族が持ってるようなオペラグラスで高みの見物決め込んで、

ロイド「あら〜、凄いじゃない敵の新型。でも、セシル君」
セシル「ぁ、はい」
ロイド「結果論だけど、ウチの移動手段がランスロットのトレーラーのみってのはラッキーだよね」
セシル「予算を全部ランスロットのみに回したからですよね、結果的に」


このときはまだまた余裕の高みの見物。
全くこの人はという顔でロイドを見るセシルの言葉に棘を感じるのですが…。

どうラッキーだったのか、ちょっと理解できてません。
一瞬、空中戦艦のアヴァロンが頭を過ぎりました。

理解できました。もれなくどこでもランスロットも一緒、ということですね。置いてこいよ、ロイド。

ランスロット(スザク)が大ピンチに!

ロイド「…!マズイっ、脱出ブロックが無いから」
セシル「まだ付けていなかったんですか!」


セシルの静かなる怒りゲージ上昇中?
予算の関係とかじゃなくて、ロイドが単に失念してただけのようです。
スザクのピンチに窓に張り付いて焦りだすロイド。
どうしても欲しいおもちゃを前にショーウィンドウに張り付いて離れない子どものようです。


更なるランスロットの鉄屑化ピンチに、

ロイド「!!柩木准尉っ、ハーケンブースター解除!
パスワードはボクの好物ぅ!! 


冷や汗たらーっ(汗)流して、指示を出すロイド。ズバリなんだけど、台詞がマヌケで可愛さ倍増です。
今話の迷シーンNO.1です。

で、なんでスザクはロイドの好物なんて知ってたの?
で、好物ってもしかしてセシルの手料理?お子様ランチ?


ロイドの可愛さに萌えてた頭を一気に冷やしたのは、来週の総集編の予告。
アヴァロンに乗ってシュナイゼルが華麗に登場だ!って思ってたのに。2週間生殺しですか、そうですか。
18話のver.4のOPに期待します。

17.5話の本編よりも数十秒の18話予告に全力視聴します。
posted by anwarterdrei at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | コードギアス 反逆のルルーシュ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年02月09日

17話のロイド。

【stage17 騎 士】の特派感想は後日。

でも、初見感想をひとつ。
ネタバレです。
















なんでスザクがロイドの好物を知っているんだー!!!

で、ロイドの好物って何?

てか、ロイドの好物がハーケンブースターのパスとは!

高みの見物がランスロットピンチになると途端に焦るロイド萌え。でも指示は的確でした。

あと書類地獄にブーたれるロイドが子ども子どもで可愛えぇよ。

ラクシャータの昔の研究て一体?
案の定なキャラでした。

さて、もう一度見直してきます。
posted by anwarterdrei at 07:00| Comment(0) | TrackBack(0) | コードギアス 反逆のルルーシュ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年02月08日

バレ予告とNTバレ。

明日はガンガン3月号のネタバレがあると思われます。
あの場所であの人からスタートしそうで、それはそれで気になりますが、ぼちぼちあの人のお姿を見たいです。
先月号で名前だけはチラリと出たので、今月号こそはと僅かばかりの淡く儚い期待をしてると言いたい所ですが、正直先月号の引きから諦めてます。
でも、朝一でコンビニに直行してきます。






○『コードギアス 反逆のルルーシュ』雑誌ネタバレ

うん、凄かった。
NT3月号のギアス記事。

空飛ぶ猫耳デカKMFとか空舞う「約束の楽園」戦艦とかは二の次でいいんです。

敵対関係にあるゼロことルルーシュが第二皇子シュナイゼルと相対するのわかるんです。
問題は、何故そこにロイドもいるのだっ!!なんです。

構図は昨日書いた通りで、ゼロ仮面を外し、指揮官席のシュナイゼルと対するルルーシュ。
シュナイゼルの横には、副官ポジションのように、でもいつものポーズ&白衣で立つロイド。

ロイド、本筋にバリバリに絡んでくると期待しちゃっていいんでしょうか。


■シュナイゼル・エル・ブリタニア

神聖ブリタニア帝国の白きカリスマ

ブリタニアの第二皇子。
優雅にして華麗。
軍内部ではカリスマ視されている。
世界の謎と最新鋭技術への探究心を持つ。
ルルーシュの母、マリアンヌ暗殺の真実を知っているらしい。

■ロイド・アスプルンド

その研究は帝国のため?自分のため?

シュナイゼル直下の特別派遣技術部の研究者。
その正体はブリタニア貴族の伯爵閣下。
貴族ではなく、研究者としての人生を選んだ。
子どものような無邪気さがときに冷酷さを生む。

■空中戦艦アヴァロン

アーサー王伝説の「約束の楽園」の名を継ぐ、シュナイゼルの最新鋭戦艦。
天空を舞い、圧倒的な機動力を持つ。
シールドを装備し、主砲の破壊力は半径数十mを壊滅させる。
ロイドが発案した飛行技術を採用している。

■ガウェイン

ランスロットと並ぶ「円卓の騎士」の名を継ぐ、大型ナイトメア・フレーム。
パイロットは2名。
飛行能力を持ち、脅威の破壊力を持つハドロン砲を装備。
電子戦能力に優れる。
ルルーシュが奪取。
スザクのランスロットと対峙する。

あらすじからシュナイゼル登場は18話な模様。
ロイド、見合いどころじゃないと思われ。
あと特派も戦艦にお引越しかな。

今晩の17話の予告が最大の楽しみだったりします。

今晩にギアスショックと明日早朝にガンガンショック。
嬉しい悲鳴と奇声を上げることになりそうです。
posted by anwarterdrei at 18:37| Comment(0) | TrackBack(0) | コードギアス 反逆のルルーシュ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年02月07日

【stage16 囚われ の ナナリー】感想。

特派のみで、とっても今更で、明日深夜が衝撃の17話放送です。

あと小耳にはさんだのですが、新タイプ3月号がロイド好きとしては咆哮ものらしいのです。詳しくは最後の方で。



■見合い(IN特派ヘッドトレーラー:ある意味ロイドの家)

ロイド「驚いたぁ?お見合っていったら普通はホテルかレストランだものねぇ」

ええ、驚きましたとも。
ちゃんと常識をご存知。あえて常識を外してるのか、常識外のことをして見合いを破談へと持っていこうとしてるのか、面倒臭いだけなのか。

ミレイ「いえ、ロイド伯爵は大変ユニークな方だと聞いていましたから」

ユニーク、変人の最良言い換え型?

ロイド「ユニーク!中々素敵な表現だねぇ」

嬉しいのか、照れたのか、高速でキーを操作するロイド。
感情がパソコンを介して顕われて、確かに人との正しい付き合いが苦手な様子。

ミレイ「ええ。爵位を剥奪されて、落ち目のアッシュフォード家の女を貰おうだなんて…」

ロイド「あはっ!どうでもいいじゃない、爵位なんてさ」

ホントにどうでも良さそう。貴族よりも研究者としての誇りの方がありそう。

セシル「失礼します」

セシル登場には意外でした。お見合いに同席するなんて(といっても見合い場が職場なのだから仕方が無いのだけど)母親のようです。
ロイドが、セシルに嫉妬して欲しいというのが無意識にあって職場でしたのかと思うのは邪推でしょうか。

ミレイ「お手数おかけします」
セシル「どうぞ、ごゆっくり…」


このときに、セシルを横目でジッと見るロイド。
反応を窺ってるのか、内心戦々恐々としてるのか。

ロイド「しなくていいよ、時間の無駄だ。結婚しよう!

ムッとしたように、拗ねたように本音を出し、電光石火のプロポーズ。これはこれでロイドらしい。

セシル「えっ!?」

ミレイよりも早い反応。きっとロイドの出方が気になってしょうがなかったと思っても?だから様子偵察の定番アイテム、お茶を持って登場した?

ミレイ「早っ!」

こっちの方がさっきの台本を読んでるかのようなギコチナイ台詞よりもよっぽど会長らしい。

ロイド「じゃっ、保留ぅ?」

いろんなことをショートカットしてる気がするロイド伯爵。

この見合いはどんな伏線があるのか?
17話でスルーされてそうな気もします。


で、さっきの新タイプ3月号の続き。

どうやらOPに出てくる空中戦艦内で、ゼロ仮面を外したルルと指揮官席に座すシュナイゼル、その傍らに立つロイドが会した見開きがあるみたいです(新タイプ3月号CMより)。

見た過ぎます!!!
posted by anwarterdrei at 20:24| Comment(0) | TrackBack(0) | コードギアス 反逆のルルーシュ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年02月02日

16話のロイド。

【stage16 囚われ の ナナリー】の特派だけ感想は眠いので後回しにして、とりあえず独語しときます。



















ミレイ曰く「ロイド伯爵」。「アスプルンド伯爵」じゃないんですね。

で、先週のあの振りから覚悟はしてたけどやっぱり叫んでしまいました。

ロイドとミレイがお見合いぃぃぃぃぃぃだとぅっ!!!

しかもロイドの特派間借り臨時仕事場で。正しい見合いする気皆無?

『PASH!9』でネタバレされてたロイドに春が来るってこのことだったのか。
一体誰に見合いしろって言われたんだろう?

でもロイド、爵位共々どうでもよさそうというか、心底時間の無駄無駄と思っていそうとか、見合い場でもミレイを相手するよりもパソコンカタカタばっかしてるとか、即答で「結婚しよう」って言ってみたり「じゃぁ保留ぅ?」って言ってみたり…。
今週はいつにもまして捻くれ度が上がっているような、気が全く乗ってないような、楽しんでないのに楽しんでる振りをしているような感じでした。

セシルの「私は全く関与しません、関係ございません、とりあえずお茶どうぞ」みたいな素っ気無い態度(又は、セシルに妬く雰囲気がないこと)にロイドがややムッとして「結婚しよう」とスパンッといったように見えて、ロイ→セシ風にもとれました(だったらいいなの独善妄想)。

ロイドはただ面倒臭い、煩わしい、研究の邪魔と思って早く終わらせたかっただけかもしれませんが。

何気にセシルがどう思ってるのかが一番気になった16話でした。
あの(つくり)笑顔と「どうぞ、ごゆっっっくり」に何か裏が?と勘繰ってしまいます。

あとマオにロイドの心を読んで欲しかったです。
深層も表層もロイドの中はランスロットで埋め尽くされてて、逆にマオにこいつ何っ!?って引いて欲しかった。

来週はラクシャータ登場。楽しみだ。
やっぱ第一声は怒声罵倒なんだろうか。
posted by anwarterdrei at 08:14| Comment(0) | TrackBack(0) | コードギアス 反逆のルルーシュ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年01月27日

【stage15 喝采 の マオ】感想。

最近ギアス記事ばっかですが、もうギアスブログつくるのがめんどいのでハガレンスキーの方はもうしばらくお付き合いなりスルーなりして下さい。

それもこれもガンガン本誌でマスタン軍部とロイの出番がご無沙汰なのが辛くて寂しいのです。


ではギアス感想というよりは特派感想。

■特派

スザク「ああ、セシルさん、ユーフェミア皇女殿下に会う方法ってありますか?」
セシル「え?会いたいの?」


ロイド「無理でしょ。謁見は騎士候位以上だからねぇ」

セシル伯爵閣下ならお出来になるんじゃありません?」

ロイド=伯爵閣下だと理解し
「ぇええええー!!何ですと!?」
と心の中で叫ぶまでに一瞬
「…(唖然呆然混乱中)」
となりました。スザクの気持ちに初めて同意できた瞬間でした。
それにしてもセシルさんはいつから、どういった経緯でロイドが伯爵貴族だと知ってたんでしょうか。
ラクシャータもやっぱり知ってたりするんですよね…?

ロイド「ボクぅ?」

今週の私的ベストシーン。
カ○リーメイトや栄養ドリンクが主食だの、冷蔵庫はウ○ダーしか入っていないのだの言われていた人ですが、やっぱりウ○ダーインゼリーらしきものをお持ちでお食事中でした。パッケージはこれまた微妙な緑色でしたが。
まさかセシルお手製の青汁風栄養ドリンクではないですよね?

この人のバックグラウンドが知りたいです。
あとシュナイゼルとの絡みでまだ何か隠し玉があるような気がしてなりません。

セシル「ええ」
スザク「―は?…ロイドさんって伯爵だったんですか!?」


ロイド「アッハハハハハハ!いや、お恥ずかしいィー」

ロイドにしてはやや過剰反応に思える。「うん、そう」で済ませそうなのに。でもその照れ方が29歳とは思えぬほどカワイイので無問題。

セシル「放蕩貴族よ。遊びと仕事の区別がついていないの」

放蕩って…セシルさん、ロイドに関しては容赦の欠片も無し。

この貴族設定がどこでどう誰に関わってくるのか。
posted by anwarterdrei at 22:21| Comment(0) | TrackBack(0) | コードギアス 反逆のルルーシュ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年01月26日

15話のロイド。

【stage15 喝采 の マオ】の特派感想は後ほど。

以下、15話の特派呟き時々叫ネタバレ有。


















今週もちょこっと登場の特派ファミリー。

ロイドさん、ウ○ダーインゼリーらしきものをチューと吸ってお食事中。
主食?
セシル料理で胃を壊して流動食しか受け付けなくなった?

セシルさん、サラリとスザクに
ロイドは、伯爵閣下よ
と身分ばらし。

因みにブリ帝国の貴族制度は、
大公爵、公爵、侯爵、辺境伯、伯爵、子爵、男爵、騎士、武勲候

オレンジ卿はロイドよりも上位か…。なのにあの扱い。

スザクの「伯爵だったんですか!?」に「お恥ずかしー」と頭カキカキ。

何だ、この可愛ええ生き物は…。

っていうかセシルさん、相手が伯爵閣下だとわかった上での鉄拳制裁指導。
“放蕩貴族”だとも。容赦ねぇ。

オレンジといい、貴族ってホントに名ばかりみたいです。

今週の出番はこんだけ。
posted by anwarterdrei at 07:59| Comment(0) | TrackBack(0) | コードギアス 反逆のルルーシュ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年01月21日

【stage14 ギアス 対 ギアス】感想。

コードギアス 反逆のルルーシュ 2



■新OP

クルクルスザク&ユフィ〜特派キメポーズがお気に入りです。
あそこだけは曲と画があってる気がする。
描き下ろしなので当然か。

■特派

カタカタとキーボードを叩くロイドの横にはステーキ牛乳和えというとんでも料理が…。出来立てのようですが、流石のロイドも手をつけようとしてません。猫舌?
が、いつもと変わらない様子なので慣れてしまってるようです。
EDでも緑色!?というセシルお手製ケーキが登場してたし。

セシルさんがロイドに手料理でご飯や差し入れを持ってくるのは当たり前のようですが、夫婦恋人というよりは偏食欠食な子供と料理の才がどこかズレてる母親な親子関係が構築されてるようです。

あと、セシルさんのカニエプロンが可愛かった。

セシル「最初は根が優しいからなんだろうと思っていました。しかし、人命に対する反応が過敏すぎると思いませんか?」
鋭い。

ロイド「でもねぇ、実働データには問題無い訳だし。ついでにアレを試してみようかと思うんだけどぉ…(楽)」
スザクの内面に関してはスルー。ランスロット至上主義。
アレってやっぱ飛行ユニット?ということは、あの空中母艦みたいなのもエリア11に持ってきてるということでしょうか。

セシル「まだ調整中です。それとスザク君をパーツ扱いするしないに関わらず、きちんと向き合わないと、何も見えないし伝わりませんよ?」
→きちんと向き合わなかったから何も見えなかったし、伝わらなかった過去があったということに?
やっぱラクシャータ?

ロイド「あのさ、君こそ彼を誰かとかぶせて見ていない〜?」
眼光鋭くセシルを見上げ忠告に忠告を返すロイド。イイ顔だ。
ボイスニュータイプで、セシル役の井上さんが
“セシルのスザクに対する想いは実はこんなことがあったからというのは聞いています”の言葉通り過去に何かあったようで、ロイドが知っているということは特派時代で、ロイドがセシルに対して憚らずに口の上らせることができるのは、ある程度、セシルが乗り越えられて現在まできているからなのかな。

セシル「(!)……さぁどうでしょう?でも―」
見事に図星。

ロイド「ん〜?」余裕。

セシル「変なところだけ気がまわるんですね」
変なところにアクセント。
物事の本質や心理をズビシッとつくロイド。

ロイド「んっふふふふふふふ、これでも上司だからぁ」
セシル>>>>>ロイドの力関係がややロイド盛り返し。

段々ロイドやセシル、そしてラクシャータら特派キャラにも光が当てられてきました。喜ばしや。
本格的にはシュナイゼルが登場してから動き出しそうです。
ロイドの正体とかシュナイゼルとの関係が今一番の関心事。
知りたいような、知らない今だからこそ妄想のしがいがあるような。

■ED

14話の終わりからEDへの入りが凄くよくて、EDをいつの間にか口ずさむようになってました。

posted by anwarterdrei at 21:15| Comment(0) | TrackBack(0) | コードギアス 反逆のルルーシュ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年01月19日

14話のロイド。

【stage14 ギアス 対 ギアス】の感想は後日。

以下、14話の特派ネタバレ有。






















今週のロイド君、8話の「よせ!枢木准尉!!」に次いで、

かぁっこよかったー!!!!!!!!!!(全力叫び)

あの鋭い目をした上目づかいが何ともいえん。

てか、セシルさんのあのステーキ(orハンバーグ)のシチュー和えみたいな手料理は一体…?
セシルさんがエプロンつけてロイドのためにご飯こしらえてたという事実よりもあの料理の真実の方が気になりました。
ロイドは慣れっこなのか、慣らされたのか…。

で、セシルさんのトラウマって何?スザクに誰を重ねあわせてるんでしょうか。

ロイドが言ってた「アレ」ってやっぱ飛行ユニットのことなのでしょうか。














密林にDVD2巻の表紙画像が出てました。
バックにいるあの二人が懐かしく思えた。
特派は4巻辺りになると勝手予想。
posted by anwarterdrei at 11:42| Comment(0) | TrackBack(0) | コードギアス 反逆のルルーシュ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年01月15日

【stage13 シャーリー と 銃口】感想。

13話からの新OP&EDリアルタイム視聴したさに、翌日7時から仕事があるというのに、仕事よりもギアスをとってしまいました。
もう以前みたいに録画で翌朝視聴は出来そうにないです。


13話感想。

■新OP

完全オニューを期待していただけに、C.C.が出てきた辺りで、使い回し込みの半オニューだと気付きガックリ。
が、新特派カット&ロイドが出てきた辺りで「ロイドが隅っこでかっこつけてる〜!!!」とテンショングッド(上向き矢印) 
実はシュナイゼルとの2ショットを願ってたのですが、これはこれで良しです。

他には、
オレンジ卿、OPでも降格。Ver.2での出世が嘘のよう。逆にヴィレッタは昇格。
・ラクシャータ、妖しくて癖がありそう。ロイドとの絡みはまだなのか。
・ランスロットの独壇場。ロイドが作ったランスロットPV集みだいだ。
・シュナイゼルのカットが一瞬で私の動体視力では捉えられないよ…。
・ランスロット、飛んだあぁぁぁ。あの空中母艦?にロイドも乗ってるのかな。指揮はシュナイゼルで。早くみたいみたいみたい。

もうほんと、ロイドばっかなんです。

■特派

ロイド「ザアァンネンでした、スザク君。コーネリア殿下の直属部隊からの命令。次の作戦に参加しろってさ」
やや前かがみになるロイドのインナーちらりがサービスカットに見えてしまいました。

ロイド「認められたのかな?それともまた囮?」
ちょろちょろ動くロイドさん。嬉しそうだ。スザクが、というよりもランスロットの性能が認められたことが嬉しくてたまらない様子。
見てるこっちは微笑ましい。

セシル「ロイドさ〜ん」
毒おにぎりを持って登場。犠牲者は誰に?
ロイド「ん?」なんだよっ!みたいな。
セシル「人との正しい付き合い方、教えて差し上げましょうか?」
“教えて差し上げましょうか ”の後に“拳でむかっ(怒り)”が潜んでるように思えます。
セシルの笑みがもはや笑みではなく凄みになってます。

ロイド「ありがとう、遠慮します。で、その作戦なんだけどさぁ(嬉)」
一瞬の憮然とした表情で速攻辞退した後に、一転して無邪気な表情。
子供よりコドモコドモしてます。実際いれば憎たらしいんだろうけど。



ロイド「踏み絵かな?どうする?試されてるよ、キミ」
ひょっこりフレームINするロイド。行動がいちいち可愛ぇ。
毎度の皮肉も忘れてません。

スザクの理想と現実の矛盾が浮き彫りに。
ランスロットという力を自由に使う力もないままに力を使わざるを得ない状況に。ブリタニア軍人の身で、力を何の為に使うのかで今後も葛藤しそうです。


■新ED

歌詞が切ない。特に特派のカットのところでそう思いました。
研究員時代のロイドとセシルと今は敵となってしまったラクシャータ。
もう二度と戻れない過去、関係、見れない光景に見えてしまって、ロイドがビーカーらしきもので乾杯しようとしているところや、セシルが作ったと思しき不思議な色のケーキは二の次です。
ラクシャータの送別会なのかな。ロイドは毒が無く、セシルは裏が無くという感じで若さを感じます。
これから出てくるラクシャータとの絡み次第ではより切なくなるかも。


18話でまたまたOPカットがかわるそうなので、今度こそシュナイゼル登場となりそうです。
特派とシュナイゼルの絡みも勿論あるようなので。


posted by anwarterdrei at 21:44| Comment(0) | TrackBack(0) | コードギアス 反逆のルルーシュ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年01月08日

【stage12 キョウト からの 使者】感想。

13話予告で登場するあの不機嫌面のロイドがたいそう気になってますが、まずは12話本編特派感想から。



■特派

今週も次の日の出勤時間を気にしつつリアルタイムで見ました。
1時半からという微妙に頑張れば起きて見られる時間は、それはそれでありがたいけど、いっその事2時半からとかの方が録画で諦めもつくのに。
と思いながらロイドの出番を待ってた甲斐がありました。

ロイド「もう満足したかい、死体発掘は」
スザク「できればもう少し、救出作業に従事させてください」
ロイド「なら気が済むまでどうぞ。一応、コーネリア殿下の命令でもあるしね」


死体発掘と救出作業、どこまでも相容れない二人みたいですが、ロイドはココでもわざとスザクの神経を逆なですることを言ってるみたいです。
スザクもスザクで無理に正論を口にしているように思えます。
その無理をロイドはわかっててスザクの深層にある押さえつけられている感情を刺激するようなことを言っていると。


スザク「ロイドさん。ゼロは、黒の騎士団は何をしようとしているんでしょう?こんな犠牲の上に、何ができると思っているんでしょう?」
ロイド「正義の味方だろ?本人の言葉によれば」
スザク「これが正義ですか?」
ロイド「おいおい、まさか正義とは何かなんて恥ずかしい議論を吹っかける気じゃあるまいね。僕らは一応軍人だよ?」


なんというか、ロイド上手くスザクの質問をかわしたな感がありました。
いつもなら皮肉まじりに正義ってこんなもんじゃないの言いそうな気がするのに。
珍しくロイドが本気で苛立っているように思えました。


あと、この一連のやりとりのロイドの立ち姿に大総統の偉大なる言葉を思い出しました。
キング「あえて言おう、尻である、と」
同意します。心底賛同します。ボインとかフトモモとかホントにちっちゃいことです。
ロイドのケツを見ててそう思いました。
健康な体を目指す前に健全な心から育成したほうがいいのかも、と心の声が聞こえてきましたが、全力でスルーの方向で。

■ラクシャータ

ロイド「セシル君」
セシル「調べました。純血派の機体も」
ロイド「やっぱり、あれ」
セシル「はい、輻射波動です」
ロイド「まっさか敵に協力するなんてね、あのラクシャータが」
セシル「敵パイロットもエース級です。スザク君の精神安定が見込めない今、もし再びこの相手と戦ったら」
ロイド「勝てないって言うつもりかい、僕のランスロットが?」


あのセシルさんが真剣に案じています。
が、紅蓮弐式と戦うことになるスザクを案じているのか、ランスロットが敗れることを案じているのか、今は敵となってしまったラクシャータのことを案じているのか、ちょっと不明です。
どうやら、ロイドだけでなくセシルもラクシャータと面識ありなようで、これからの人間模様と本筋と絡んでいるようであまり絡んでなかった特派の今後に期待過多です。
ここにシュナイゼルが来た日には……辛抱堪らん。

にしてもラクシャータ、便所スリッパで容赦なくロイドの横っ面をぶん殴るようなドSな女性をイメージしてしまいました。
あのえもいわれぬ迫力が不気味です。


■予告ロイド

一瞬映るものすご〜くご機嫌斜めな不満足なムッとしたお顔は何に対するものなのか。
いっつも胡散臭い考え感情を読ませない笑顔を顔に張り付かせてる人なので意外や意外です。

今週の13話もリアルタイム視聴決定です。
posted by anwarterdrei at 20:15| Comment(0) | TrackBack(0) | コードギアス 反逆のルルーシュ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年01月05日

♯12 今週のロイド。

Voice I-doll ちびボイス コードギアス (BOX)



『stage12 キョウト からの 使者』の感想は後日。

だけど、とりあえずいつもの様に叫ばせてください。
(全力でスルーを推奨します)

ロイド、かわえぇぇぇぇ!!。

何なんだろうあの生き物は。
ロイとは違う意味で29歳には見えない。

本編で萌え、予告(ロイド初登場)で萌え尽きそうになりました。

が、輻射波動を擁する紅蓮弐式に元同僚のラクシャータが絡んでおり、おまけに敵側にいることに動揺してたのか、セシルの鉄拳制裁に懲りたのか、いつもの軽口は影を潜めてたようでした。
毒のある黒い発言は毎度のことですが。

あとセシルさんの固い口調と感情を読ませない瞳が気になりました。

ところで特殊4クールの噂は真なんだろうか。真なれば良。
posted by anwarterdrei at 21:59| Comment(0) | TrackBack(0) | コードギアス 反逆のルルーシュ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年12月27日

無料配信。

『コードギアス 反逆のルルーシュ』の無料配信が今日から始まってます。
1話から最新11話までタダで無料(いい言葉だ)見れるので、未見の方、年末年始のテレビ番組に愛想を付かしている方(私です)はこの機会にどうでしょうか。

見所は、
・変態仮面と変態集団
・全力オレンジ
・ほのぼのしてる様で実は殺伐としているのかもしれない特派ファミリー
・ロイドの奇声
・遺影が薔薇持って微笑む第3皇子

等々です。

配信期間は12月27日10時から07年1月5日24時
詳しくは公式HPからどうぞ。
年末年始限定の反逆だそうです。
全力で視聴を。
posted by anwarterdrei at 23:55| Comment(0) | TrackBack(0) | コードギアス 反逆のルルーシュ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年12月26日

【stage11 ナリタ 攻防戦】 感想。

23日午後13時辺りから食べたものを上からリバースし、ブドウ糖で生き延びる為に病院通いし、職場からは「治るまで来ないでね」とありがたいお言葉を頂戴しながら水と林檎を主食に洗面器を傍らに06年のクリスマスを過ごして気付けば26日。

冬コミまであと3日。
体力と気力と運気がどうもどん底をひた走ってる気がしてなりませんが、それでも萌だけはと思いながらも、29日の上京を「アホか」親に反対され、23日から29日まで有給としてくれた職場に罪悪感を感じ、体力と相談した結果今年も冬コミ負け組となりました。

とりあえず今は残り物の生ものの苺がのってないクリスマスケーキをリバース無く食べて無事消化することが第一目標です。


では気分一転して今一番の元気の元、
『コードギアス 反逆のルルーシュ stage11 ナリタ 攻防戦』
主に特派感想を。


■空気読めなさ度Level3のロイド君

状況:一応友軍が総崩れしていて敵味方共に戦死傷者多数

ロイド
「うん。とっても不自然」とっても他人事。
「未確認だけど、黒の騎士団が現れたという情報もある むしろ待ってた?みたいな。

おめでトぉーv 出番あるかもよ」嬉々。

スザク「ロイドさんっ」&セシル「不謹慎です!」のWツッコミにも
ロイド「え?どぅして」真面目に?で不満タラタラ。

セシル「教えて差し上げましょうか(ニッコリ)」その笑みがコワイです。
ロイド「いえ、遠慮します」迷わず敬語で即答。トラウマにチクリか。

拗ねたロイドを宥めてたセシルママが初めてロイドを「メッ!」窘めるのが見れたやりとり。
きっとあの笑顔が「これ以上空気読めない言動をとったら…わかってますよね」とロイドの暴走のブレーキをかけるイエローカードだったように思えます。


■空気読めなさ度Level1のロイド君

状況:総督殿下の危機と与えられた役割の板ばさみに苦しみ悩む副総督、焦りに焦ってます

ロイド「どぅもどぅも〜。特別派遣嚮導技術部でございまぁす」楽しそう。

重い空気に軽い言葉で割り込むロイド。1話もそうだったけど友軍ピンチの時にワザと割り込むのが好きなようです。
空気嫁てませんが、カメラ目線と上目遣いが可愛いので許せます。

が、副総督側近からは「お呼びじゃねぇんだよ」「ひっこめ」と野次の嵐。
も、ブーイング何その。
セシルも「あぁ、いや、確かにそうなんですけど」と何気にさりげに常識人を装い猫被りながら食い下がってます。
さっきのロイドに見せたコワイ笑顔でズビシっと忠言すれば即出撃O.K.を得られてような。

ロイド「お陰で困ってるんですよ、暇で」お得意の皮肉攻撃。
「いやいや、だからやってみてもいいじゃないですか。失敗したってそちらの損失なんかじゃないんでしょ?」「ねぇ聞いてます?」駄々こねてるようだ。

すかさずスザクも正攻法と口パク愛称呼びで出撃許可要請。
見事な特派連携で許可をもぎとってますが、三者ともお願いの仕方が些かずれてます。

ロイド「やったぁーvvv」用も済んだとばかりにとっとと準備にかかるロイド。お礼の言葉はセシルさんがフォロー。可愛いよロイド。


■空気読めなさ度Level5(MAX)のロイド君

状況:黒の騎士団と日本解放戦線から味方と総督を救うべく戦場へ出撃せんとするスザク

ロイド「スザク君、一つ聞きたかったんだけど」
スザク「何でしょうか?」
ロイド「キミは人が死ぬのを極端に嫌うね。なのに軍隊にいる。何故だぁぁい?」
スザク「死なせたくないから軍隊にいるんです」

スザクの答えを聞くまでもなく知ってたかのように

ロイド「その矛盾はサ、いつかキミを殺すよ。ぁぁああああっ、ゴメンナサイっ、ゴメンナッ」 さよならロイド。
恐ろしく無表情な鬼母と化したセシルに胸倉を掴まれフレームアウトしてくロイド。
とうとう11話目にしてロイドの暴走がセシルの逆鱗に触れたようで警告なしの一発退場処分と拳で躾直しをされる羽目に。
ここら辺り、バックにいるシュナイゼルから躾は黙認されてるのかも。

見なかったことにして崖から飛び出すスザクが素敵です。


■その後のロイド君。

右目下に青タンと左ほっぺに絆創膏で真面目にお仕事。
セシルさんに貼って貰った説と隅っこでガクブルしながら自分で張った説の二説あり。どちらも見てみたい。

そんなロイドの隣で、何事も無かったかのようにスザクの無茶に「うわぁ」と心配するセシルさん。白セシルさんに戻ってるようで一安心ですが、内にロイド型サンドバック相手に拳を繰り出し躾の練習に励む黒セシルさんが見えるようで、こっちまでトラウマになっちゃいそうです。



■特派以外

藤堂の激に声を揃えて「出撃します!」と返事する四聖剣。なんかかわええ。

あとはオレンジ君。最後に笑いを頂きました。


次回は1月4日【stage12 キョウト から の 使者】
早く年越ししたいです。
その前に体調を元に戻さなければ。
posted by anwarterdrei at 21:23| Comment(0) | TrackBack(1) | コードギアス 反逆のルルーシュ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年12月23日

寝る前に。

見た『コードギアス 反逆のルルーシュ stage11 ナリタ 攻防戦』に興奮して中々寝付けない午前1時45分です。

とりあえず萌えポイントだけメモ書き。


セシルさん怖ぇぇぇぇええええええええ!!!

セシル>>>>>>>>>>>∞>>>ロイド。

セシルから「教えて差し上げましょうか(ニッコリ)」氷のような微笑を向けられるロイド。

凍りつくような無表情と無言のセシルに胸倉つかまれてフレームアウトさせられるロイド。

眼の下に青あざとほっぺに絆創膏を貼った姿で何事も無かったかのようなロイド(被害者)と「えっ何かありました?何にも無いですよね」の声なき声が聞こえて来そうないつものセシル(加害者)の特派夫婦コンビ。

ランスロットの出撃許可をもらって「やたっvv」とはしゃぐロイド。

セシルとスザクから「不謹慎です(空気を読めよ)」と窘められて、「え!?なんで」と心底不思議がるロイド。

の数分後にマジ焦りして

「ぁぁぁぁああああっごめんなさいごめんな」

とセシルに全力で侘びを入れるロイド→右ストレートと爪立てビンタのワンツーを決められた模様(は深夜ですら洒落にならないと判断されたのか視聴者の妄想に委ねられました)。

部下が(一応)上司の胸倉掴んでいるのに見なかったことにしてさっさと出撃するスザク。

特派最高です。
誰一人マトモな奴がいない。
案外ロイドが空気を読めないだけであの中ではまだマ人間なのかも。

しばらく11話をエンドレス視聴しそうです。

あと行き倒れオレンジ君に萌と笑いの止めを刺されました。
posted by anwarterdrei at 02:05| Comment(0) | TrackBack(0) | コードギアス 反逆のルルーシュ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年12月21日

続・PASH!9 読みました。

今晩で年内最後の放送となるコードギアスが今から楽しみで楽しみで。
見所はやっぱりオレンジ卿のその後です。

『PASH!9』でキャストやスタッフが楽しみと彼の悲哀を煽るような発言をされているのでどんなネタを落としてくれるのか予想外です。

『全力』『オレンジ』が前半放送分の流行語大賞で間違い為しなので、後半戦の彼の言動に全力で注目です。
勿論、ロイドは言わずもがなです。

以下、特派やロイドに関わる所のネタバレありです。















■白鳥哲インタビュー「ロイドがああなったのは僕のせい?」

・最初からテンションの高い感じで演じみたが、やり過ぎだったらしく演出から「もう少し科学者っぽい、普通の受け答えもしてほしい」と指示がでた。
が、だんだんと監督やスタッフも「もっとやれ、もっとやれ」という感じになってきて(GJ!監督&スタッフ)、最初のイメージしてた変キャラに近くなってしまった。


もう既に1話の「あはっ」の第一声から十分異質変人キャラの片鱗が顕われていたのに、あれで抑え気味だったというなら、監督やスタッフの箍が外れたロイドはもっと凄い事になっていくと言うことなのだろうか。
8話のテンションハイでそれはそれは嬉しそうな

「はぁぁい、ご指名ありがとうございまぁ〜ぁははははははは。出していいって〜ラぁンスロぉットぉvvv」

が白鳥さんがイメージされたロイドなのでしょうね。


・役柄が私生活に影響してしまって、現場でセシル役の井上さんがいないと不安になったり落ち着かなくなってしまう

■彼らの未来は?(by占い師)

○ロイド 水瓶座 AB型

とても頭が切れる人のようです。常識に囚われないようなところがあり、いつも自由を求める気持ちがあるよう。
その分、人からはとっつきにくい相手と思われることあり。


天才で変人はAB型と決め付けてはいけないんだろうけど、それでも実にしっくりくるロイドの血液型。
犬猫のどちらかと言わないまでも猫派だろうな。

■二人の相性は?

○スザクとロイド

価値観が全く違う2人なので、中々理解し合うことが難しい間柄。相手が考えていることがどうしても理解できないので一緒にいると辛くなってしまうことも。

天然と変人の違いということでしょうか。

○ロイドとセシル

相性はあまり良くありません(なんだってぇ!)。
真逆な性格なので、お互いの行動を理解できないことが多そう。
しかし、恋愛相手ならば最高。(マジで最高!!)
お互いに補い合うことが出来、うまくいきます(断言でイインデスね)。


因みにセシルさんは24歳O型。
子守をするような感じでロイドを扱う感じがイメージできます。

他に、以外に相性が良かったのはゼロ(ルルーシュ)とオレンジ卿

仲良くなれば意外とうまくいくはず。(共闘の可能性もゼロじゃない?)
ただ、両者ともトップに立ちたいタイプなので一度ぶつかると面倒なことに…。(ゼロですね。もうすでに面倒になってる)


posted by anwarterdrei at 20:26| Comment(0) | TrackBack(0) | コードギアス 反逆のルルーシュ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年12月20日

PASH!9 読みました。

『PASH!』を買うのはハガレン以来です。
ロイド役の白鳥さんのインタ記事目当てに買ったのですが、予想をはるかに超えたネタバレに転げ回ってます。

今後のギアスの展開が楽しみすぎます。

とりあえず簡単にココはっ!と思ったところをネタバレ投下しときます。

以下簡易ネタバレ。

















■ロイドが重要な鍵になりそうです

・来年以降、ロイドに恋愛の話が出てきそう。

・セシルとロイドの過去にも色々あったらしい。

・セシルからツッコミを受けるシーンがあるが、過去にセシルから痛い目にあったことが今でも相当トラウマになっているらしい。

・白鳥さん的にセシルが今はちょっと怖い存在になってしまった。

・放送が進むにつれてロイドももっともっと凄い事になっていく。


ロイドのセシルトラウマってハガレンでロイが中尉に「無能」と断言されたようなロイアイ的には美味しかったトラウマことなのか、もっと深刻なトラウマなのか…。
おにぎりにブルーベリージャムを具にするようなセシルの奇天烈創作料理が絡んでいるとか…。
8話でロイドがセシルの後ろで爆風から身を庇っていたことといい、力関係的にはセシル>ロイドで良いんでしょうか。

他、ロイドに関連するネタバレとしては、

●ラクシャータ

10話でロイドが「ラクシャータの輻射波動でも―」と口走った台詞に出てくる人物。
改OPのゼロ側で褐色の肌に白衣を纏いキセルをふかしていたへそだし金髪女性。

・かつてのロイドの同僚。
・今は軍を離れある機体の開発を行っているらしい。
・ロイドとは何か因縁が?


●第2皇子シュナイゼル

改OPで出番を短縮されたけどロイドたち特派のバックにいる人。
出番を今か今かと待ち焦がれられている。

・計算高く政治的手腕は高い。

●第1皇子

6話でクロヴィス葬儀の時にシュナイゼルの隣に座っていた人物。
一説にはロイド=第1皇子ではないかと言われてたけど別人でした。
因みにロイド=第2皇子説も囁かれてました。

・第1皇子ということで威張っているが力は無い
















他は明日にでも。
ロイドファンの皆さんには是非とも読んで欲しいPASH!9ギアス記事でした。
posted by anwarterdrei at 18:58| Comment(0) | TrackBack(0) | コードギアス 反逆のルルーシュ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年12月18日

我慢できなくなりました。

コードギアス 反逆のルルーシュ 1コードギアス 反逆のルルーシュ 1


このところのハガレンでのロイ不足とコードギアスでのロイド萌がとうとう我慢できなくなり、 『コードギアス 反逆のルルーシュ』の変態眼鏡奇声キャラことロイド・アスブルンド氏をココでもしばらく追っかけてみようと思います。

はぐれブリタニア軍の特派ファミリーとロイド(29才)とセシル(24才)の関係が、マスタング組のロイと中尉の関係にだぶってしまったのが悪いのか、ロイドのどこか惹き付けられる「あはっ」「おめでトー」「残念でしター」の台詞回し(スクライドの無常矜侍が元の始まりといえば始まりだったような)が相当私のツボだったのかはわかりませんが、とにかく一人でジタバタしているのが我慢できなくなりました。

ロイドブログを新たに作るのはちょいと面倒なので、しばらくは鋼と代用することにします。

今週放送の【stage11 ナリタ 攻防戦】から本腰を入れてロイドと特派だけを中心に叫びたいと思います。
ロイド熱が醒めるまで(いつになるのやら)ハガレンファン、ロイファンの方は全力で見逃していただけるとコレ幸いです。

作品紹介、世界観、キャラ等々詳しくは以下からどうぞ。

■コードギアス WIKI
■ロイド
■セシル
■特別派遣嚮導技術部(特派)
公式サイトよりも参考になります。

あと「ラクシャータ」は改OPにゼロ側として出てくるへそだし白衣女性の名前のようで、ロイドの元同僚とのこと。
ロイド、セシル、ラクシャータの特派方面でも話が盛り上がるようです。
20日発売のPASH!9を買って白鳥インタビューとロイド関連のネタバレをゲットせねば。

では!
posted by anwarterdrei at 22:34| Comment(0) | TrackBack(0) | コードギアス 反逆のルルーシュ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。