2010年09月19日

『劇場版 機動戦士ガンダム00』観てきました。


劇場版 機動戦士ガンダムOO A wakening of the Trailblazer オリジナルサウンドトラック

劇場版 機動戦士ガンダムOO A wakening of the Trailblazer オリジナルサウンドトラック

  • アーティスト: サントラ,THE BACK HORN
  • 出版社/メーカー: flying DOG
  • 発売日: 2010/09/22
  • メディア: CD



所々映画のネタバレあるのでご注意を。

こんなに早く観る気はなかったのですが、この間の深夜にやっていたSPエディションTを見て俄然見たくなりました。
ガンダム00の1期、2期を通して個人的には2期の第1クール(1話〜13話)までが一番好きなのですが、SPエディションTを改めて見て、1期の終盤も同じくらい好きになりました。
初代ロックオンが逝くシーンは号泣無しには見られなかったです。
各マイスターやプトレマイオスのクルーがボロボロになりながら戦って、傷ついて…目が離せなかった。

2期の第1クールは00や00ライザーが起動するところ、メメントモリを2代目ロックオンが狙い撃つところが最高に燃えました。ガン種のフリーダムが戦場に降りたつところとタメはります。


映画は朝一のを見てきましたが結構お客さんがいて驚きました。それ以上に小さな子供が00クアンタのガンプラを各々買っているのに驚き。そんなに活躍してなかったような。
後から公式を覗いたら劇場限定のガンプラなんですね。
パンフレットは通常版と各キャラ版のがあるみたいで、刹那は売り切れてました。
流石主人公、人気です。1期では影薄かったのに今やすっかり立派な主役。
自分用に通常版のと友達のティエリア版を購入。


感想は―

・最初のアレハンドロが笑え泣けた。
・沙慈がかっこよくなってた。
・ロックオンとアレルヤが一番活躍というか動いてた。
・ティエリアは手乗りサイズに。見せ場もあって、死に(肉体的に)方も泣けた。
・何より泣けたのはアンドレイの散り際に両親の写真が出てきたとこ。
このあたりで挿入歌が流れ、涙も流れた。
・クアンタとラファエルの見せ場もっと欲しかった。
・シャーマンはあと後、敵として再登場するのかと思ったら、出てこず。てっきりラスボスと思ってたのに。
・グラハムかっこよすぎ。あの台詞まわしも健在で何より。
・ビリーは終始女難。
・最後のどでかいアレはちょっとエウレカの最後を思い出した。アレ以来の!!!!!!となった。
わかる人にはわかってもらえると思う。
・ED後を見るまでは続編あるのかと思った。
・ED後のあれは切なかった。簡単なことなのに何より難しかったのかな。
・もう一度見に行く予定。

posted by anwarterdrei at 21:07| Comment(4) | TrackBack(2) | ガンダム00 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年11月10日

#06 傷痕

やはり一筋縄ではいかなかったキャラでしたね、00のアンドレイ少佐。
「乙女だ…」の台詞の直後に友から「ちょ、アホだ」とメールが入ってくる位には可愛いキャラだと判明。

NT12月号の00記事でアンドレイの解説文みたいのに、
「物語の中では、“普通”では済まない動きをするようです……」
とあったのですが、女性方面で普通じゃない動きをするのかと思っちゃいました。あながち間違いでもないかもしれませんが。

どんな風にアブノーマルな人になってくのか楽しそうです。
みすたーぶしどーは現在進行形で楽しいです。
posted by anwarterdrei at 18:46| Comment(0) | TrackBack(1) | ガンダム00 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年10月12日

#02 ツインドライブ

面白いですね。
雑誌で監督がいってたようにメカは1期終盤の勢いが保たれてるなーと思いました。
落ち着いた面白さで安心してみてられます。
「え!?」とか「なんで???」とかはなくて「あー成る程」という感じ。

00ガンダムの出現でリボンズはちょっとだけ本気になったかな?
リジェネとの会話が謎めてますね。どうやら情報を共有できるようで二人ともヴェーダとリンクしてるから?

2代目ロックオンとか主役らしい主役の刹那の活躍がメインだった2話ですが、個人的にはカタギリさんでした。
2年間宿と酒を提供したスメラギさんが実は敵であるCBの戦術予報士と唐突にバラされる。飲んだくれとかやさぐれたりしないかちょっと心配です。フラッグもいまや旧時代の遺物みたくなってますし。
どーでもいいことですがカタギリ司令とは何か血縁関係がおあり?

あとアンドレイ。少尉でピーリスより1階級下であるのが判明。
2話を見てもルイスやらピーリスと絡んでくるのは間違いないと思うのですが、先というか立ち位置がまだ見えてこない。
最終的にルイスは沙慈に、ピーリスはアレルヤにとられちゃいそうではある。でもそうなったらそうなったでセルゲイと親子の絆でも取り戻せばいいと思う。
posted by anwarterdrei at 18:20| Comment(0) | TrackBack(0) | ガンダム00 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年10月05日

#01 天使再臨

感想書く気はなかったんですが、ちょこちょこっと書くことにします。主に思ったこと中心。

グラハムさんは仮面被っても相変わらずですね、乙女座とかw

どうも敵キャラとか脇キャラに目がいく傾向にあるんですが、00でもリボンズとかカタロン幹部のクラウスさんとかが地味に気になりました。アンドレイは勿論のこと。

セルゲイパパ好きなのは相変わらず。マネキン大佐とこの人は一種安心感がある。私の中ではギアスにおける特派に持ってた安心感みたいなもの。
ソーマさんはセルゲイから娘になれとか勧められてたのかな。
が、OP見てるとどうもセルゲイ家から離れてアレルヤとどうにかなりそうな予感(前番組でOP詐欺に遭ったのでそれ程OPを信じる気にはなれませんが)。

そのOPで気になったのは元祖ロックオンに手を伸ばして切ない表情を見せるティエリアとセルゲイ、アンドレイ、ソーマのカット。

そういうわけで00はスミルノフ一家を軸に、リボンズのラスボスらしいラスボス道を期待(ラスボス詐欺にも最近遭ってるからホントお願いします)して、本筋と余り関わらない所で楽しむ視聴をしたいと思います。

あとアンドレイの話。
ロイドさんに入れ込み過ぎてるせいか初見時は声とキャラに違和感が…。でも4回くらい見直したら慣れました。
OPでルイスと並んでたのはアンドレイなんでしょうか?
アロウズの制服と髪型から判断したんですが、もみあげだけみるとアレ?違うとも思いました。
中の人のお陰で注目キャラでしたが、本編でも中々面白い位置にいるみたいなので気に入りキャラになりました。

で、セルゲイさんは2期でも生き残るとしてアンドレイはどうなんだろう?1話目での予想では最終回までには退場していそうだなぁ。
posted by anwarterdrei at 18:12| Comment(0) | TrackBack(0) | ガンダム00 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年03月29日

機動戦士ガンダム00 #25「刹那」。

機動戦士ガンダム00 (1)機動戦士ガンダム00 (1)
宮野真守 水島精二

バンダイビジュアル 2008-01-25
売り上げランキング : 139

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

内容もりだくさん。特にEDとED後。あとテロップ。

ガンダム00×コードギアスのコラボイベントが日本武道館で8/16、8/17開催。
分る人は分ると思いますがアノ夏の祭典ともろかぶりしてます。
地方在住者としては夏コミとコラボイベントを1度の交通費代で賄えるのでありがたい話ですが、抽選制とかだったら競争率が凄そうだ。
開演時間とかも真昼間とかじゃなく日暮れ頃だと尚良し。

久々で待望のMBS・TBS系のアニメイベントなので行きます。
夏の楽しみが増えた。

戦い闘いの連続で、特に刹那のラスボス3段活用が笑えた。
内容が凝縮されてたので一つずつ。

刹那
ロックオンのキメ台詞「狙い撃つ」を言っちゃったり、最後の最後で愛の告白をされたり、ボスキャラとライバルキャラと連戦したりと、とにかく忙しかった人。
爆煙をソードで切り裂いて、アルバトーレをぶった斬ったシーンは文句なし。
終盤、歪み矯正人になってたような。

マリナに遺言を送っていましたが、00ガンダムの太陽炉がエクシアのものを使ってみるということはエクシアは回収できた=刹那も回収できた=刹那存命?

アレハンドロ
己の名前「このアレハンドロ・コーナーが!!!」とイチイチ声高に叫ぶ+最期になればなるほど表情感情豊で台詞回しが古臭くなってく人。片腹痛いわとか塵芥と成り果てろ!とか、バカの一つ覚え!とか。
そしてしぶとい。
あの金ピカMSだけ作品が違うように見える。
エクシアの見せ場をコレでもかとつくってくれたのはいいが、彼こそが機体性能に頼りすぎて、GNフィールドが破られればなんとあっけない。
リボンズに最期に道化だの器量が小さいのだの言われたのはなんとも哀れでした。

アレルヤ&ハレルヤ
またもや00における死亡フラグ「生きる」を出しちゃいましたが、なんとかアレルヤは生き残ったと思う。隻眼になったろうけど。
オールバックの方がカッコイイというかガンダムXで似たようなキャラを見たような。
ソーマと超兵だけじゃない繋がり、マリーが見えてきましたが、2期に決着は持ち越し。ハレルヤは眠ったので今後はアレルヤに人格統一で再度ソーマと相対するんだろう。
正直、刹那対アルバトーレよりもアレルヤ対人革父娘の戦いの方が見応えがあった。
「ピーリス!!」
「中佐がいなくなったら私は独りになってしまう」
最終回唯一報われた人たちだったと思う。

グラハム
すごくいいタイミングで現れ、赤い運命の糸を確信できた人。
カスタムフラッグとかGNフラッグとかまんまでわかりやすい。
「まさしく愛だ!!」には度肝抜かれた。いまここでその台詞はいちゃいますか。いや、今ここでこそか。
愛と憎しみで世界の真実の一つを説明できるなんてそこまでガンダムにご執心。おまけに世界なんてどうでもいいときましたか。
アリーとは別の意味でファイターすぎるファイター。

散ったと思いましたが、顔に面つけたくせっ毛金髪の軍人が一瞬出てたのであれが生き残ったグラハムで、2期から仮面キャラにでもなるのか。

ティエリア
計画のために生きて、ロックオンのもとに逝った人。
ここまでフラグを立ててくれるもんだから、ティエリア女性説がチラと浮かんだ。ヴェーダを失った後の心の支えはロックオンだったんだと思うことにした。

で、ルイスと一緒にいて黒い微笑を浮かべてた眼鏡で紫の人はティエリア二号?それとも生き残り?リボンズの仲間?。


・マネキンの後ろで敬礼してるのはコーラ?生きてたの?
・ネーナは王瑠美に拾われて、かつ00ガンダムの情報を見てましたが、今度は何に加担してるの?
・アリーはやっぱり生きてたか。ロックオン…………。
・リボンズとその他5人は何者?新たなマイスター?
イノベイタとはなんぞや?人類の未来をはじめるモノ?
・沙慈は沙慈で主人公っぽい顔に。
・00ガンダム、世界を変える機体。ということはまだ世界は変わる必要があるのか。マイスターはやっぱり刹那なんだろうか。

結局ヴェーダの計画は何だったんだろうか?そもそもヴェーダとは?の疑問は解消されないまま2期持ち越しの00。
すっきりとはしないが、区切りを感じさせる終わり方は良かったと思う。
posted by anwarterdrei at 22:44| Comment(0) | TrackBack(0) | ガンダム00 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年03月22日

機動戦士ガンダム00 #23「世界を止めて」&#24「終わりなき詩」。

今回も19時の動画配信を待って先週録画し損ねた23話を視聴。


よそ様の感想で知ってはいたけどロックオン…。

ちょっと涙ぐんじゃったじゃないか。
ハロのロックオンロックオンが切ない。

22話から一転、舞台は宇宙に移って前半1クールのまったりは何だったの的に話がサクサク進む進む。いや、話と言うよりはテンポが。

全体的に見れば戦争根絶のお題目を掲げるCB側と国連軍側の局地戦の一つなんだけど、同時に総力戦になってていかにも1期終わり間近というのをヒシヒシと感じる。
目的が戦争根絶なのか生き残ることなのかあやふやになってきた。
戦争根絶のために生きるのか、生き残るために戦うのか。

地上の一般市民たちはこの戦いをどう見ているのかが知りたかったな。外から急激に加えられた圧力が人々をどう変容させたのか、何も変わってはないのか。

ロックオンはず〜と自らが奪った命への償いは戦争根絶が終わってから贖うみたいなことをちらちらと言ってたので今考えてみれば立派な死亡フラグが立ってたんですね。
彼だけがこの後の自分の身の振り方を考えてた。

アリーとたたかわせた言葉の数々はまごうことなきニール・ディランディのモノで本音で生き方そのものだった。真に迫るものがあった。
最期に全部をかけて狙い撃ったアリーという名の戦争やテロ。
撃破。ロックオンの任務は完了したんだと思うことにしよう。

アリーは明確な描写がないということは生き延びた可能性はやっぱり大。
ガンダムは大破したようだから1期の出番は終了で2期越しかな。

トランザムシステムはスゴイけど切り札にしすぎで頼りすぎ感がある。戦力インフレは一体どこまでいくんだろうか。

機動戦士ガンダム00 4機動戦士ガンダム00 4
宮野真守 三木眞一郎 吉野裕行

バンダイビジュアル 2008-04-25
売り上げランキング : 52

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

今週話見てきます。

見てきた。ポカーンとした。

アレハンドロのわかりやすいラスボス(小物)っぷりに。
そしてまた金色のMAに金色のパイスー…もう何も言うまいよ。
でリボンズはどこいった?
アレハンドロをあやすのに飽きておもちゃ与えて放り出すのは傍迷惑。

あとキャラ逝きすぎ。
「絶対生き残る」=完全死亡フラグになってる。
過去がわかってないスメラギや正体不明のティエリア、ソーマと因縁あるアレルヤ、アリーとの決着やマリナと色々ありそうな刹那は2期有として、でもあのままじゃぁ、マイスターの面々が生死不明で2期へということになりかねん。ギアス的1期終了は勘弁して欲しいです。
全く出番の無いビリー&グラハムが一番安全圏にいる。

ふと思いましたが、デュナメス&ハロは巻き込まれてませんよね。

来週で土6も最終回。土曜6時にチャンネルをMBSに合わせることもないと思うとなんだか寂しいです。(正確には来週時間変更で6時にアニメ見るのは今日が最後)。土曜の楽しみが減るなぁ。
posted by anwarterdrei at 21:18| Comment(0) | TrackBack(0) | ガンダム00 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年03月09日

機動戦士ガンダム00 #21「変革の刃」&#22「トランザム」。

HG 1/144 GNアームズ+ガンダムエクシア ~ガンダム00(ダブルオー)シリーズ~HG 1/144 GNアームズ+ガンダムエクシア ~ガンダム00(ダブルオー)シリーズ~

バンダイ 2008-03-16
売り上げランキング : 17

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

見逃してた21話をようやく見ました。22話はそれまで我慢していたのでようやっと見れる。

戦力のバランスが均衡がとれてきたのでこれまでの、どうせガンダムが勝つんでしょ→どうなるんだ?に変わってきたので1話1話でも先が見えない面白さが出てきたように思います。

ティエリアの正体は1期中に明かされないような。リボンズと何らかの対決でもありそうだ。
人に触れて、ヴェーダから離されて、大変人間味がでてきたのがよい具合です。

ジンクス活躍中はグラハムもビリーも待機中となるのか。

刹那、頑張ってた。この話じゃ頼りになる存在。
途中ラッセに介入されたが。

トリニティはこらから放浪の旅へ。NT4月号のバレを見る限り厳しいだろうな。

アレハンドロ&リボンズ。1期における排除すべき壁。
消え行く運命なのはコーナーだけだな。

今から22話見てきます。
見てきました。

ティエリアの目にも涙。まさかあんな姿が拝めようとはね。

トリニティ、厳しいどころかあっというまに奈落の底にの運命でしたね。華々しい登場から崩壊まで早かったなぁ。
最後の晩餐が缶詰というのがなんだか哀愁を誘う。
ネーナはどうするんだろう。なんにせよこの子も近いうちに…。

グラハムは機体だけはフラッグでGNドライブをつけちゃうんだ。
誰よりも厄介な敵になりそう。にしてもビリーはいつまで怪我人?
眼帯ロックオンとの違いは若さの違い?

アレハンドロ…あの高笑いしてるときに背後からリボンズに撃たれるのを今か今かと待ちましたが生きながらえやがった。
それどころか策を弄した結果がガンダムLEVEL UPをお膳立て。
拳銃が金色ってそのあたりの感覚は王留美と同レベル。
イオリアさん漢前。

刹那は今までのガンダム馬鹿言動がここにきて現状打開の合言葉に。
劣等性からお手本に大躍進。
あの高速移動は常識外ですがそれよりもコレに耐えられた刹那が凄い。グラハムは吐血してたことを思えば。

病んでた沙慈は2期で化けそうで怖い。

1期最終回に向けて最後の土6が楽しみになってきた。

ギアスR2番宣CM見れました。
アニメ誌でOP&EDアーティストがオレンジレンジだと発表になりましたが、改めて聞いても女性ボーカルに聞こえる。曲調は確かにオレンジっぽいですが。
EDはCLMP。ロイドサンの描き下しがあるといいなぁ。
ランスは相変わらずの無敵っぷりですがヴィンセントもいい動きしてたなぁ。
posted by anwarterdrei at 08:45| Comment(0) | TrackBack(1) | ガンダム00 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年02月23日

機動戦士ガンダム00 #20「変革の刃」。

感想を書こうと思って携帯に録画したのを1.33倍速で見てましたが、同時に見ていたNHKドラマの『フルスイング』に号泣していました。

アバンの高さんの遺影に一気に涙腺が緩み、息子とのキャッチボールと「母さんを頼むな」「うん」の会話に大号泣し…一時間泣きっぱなしでした。まだ泣けてくる。

「大丈夫じゃ 大丈夫 大丈夫」 ホッとする言葉だなぁ。

NHKさん再放送を切に望みます。
『ハゲタカ』に続いてまたDVD-BOXを買ってしまいそうだ。


108ピース 機動戦士ガンダム00 ティエリア・アーデ 108-332108ピース 機動戦士ガンダム00 ティエリア・アーデ 108-332

エンスカイ
売り上げランキング : 1906

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

字幕放送で見てると、アリーが電話越しに話してた相手が“ラグナ”になってました。
ラグナとかアレハンドロとかリボンズとか、裏で暗躍してる奴らの関係がややこしいな。

そのアレハンドロですが、コーナー家のくだりから小物臭がしてきたような。リボンズがアルハンドロを利用してる感がありありと。
おまけに「エンジェル」等々さらに発言がおかしな方向に。

ティエリアが今週もデレてる。
お気に入りキャラのデレが続くなぁ。

沙慈姉はまだ生きてどっかで出てきそう。

4月6日17時よ、早く来い!!
posted by anwarterdrei at 22:59| Comment(0) | TrackBack(0) | ガンダム00 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年02月20日

機動戦士ガンダム00 #19「絆」。

機動戦士ガンダム00 3機動戦士ガンダム00 3
宮野真守 三木眞一郎 吉野裕行

バンダイビジュアル 2008-03-25
売り上げランキング : 84

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

3兄弟に喧嘩売るのもロックオンに過去話をするのも「ガンダムガンダム」で押し通した刹那。
ここまでくるともはや天晴の領域。

ヴェーダは絶対のものだと思ってたけど案外頼れないものだったんだな。スメラギさんの戦術予報士と同レベル…。

「そんな時間が与えてもらえると思っているのか!」
何度聞いても「絶望した」の幻聴が文頭と文末に聞こえてくる。
このあとにやたら時間が与えてもらってるようにしか見えないナドレ発動。
見せ場の一つであることはわかるけどこのティエリアの啖呵のあとでは絶好の視聴者ツッコミポイント。
スロー再生で見せてくれてるだけだよね、本当は一瞬の出来事なんだよね、きっと。

トライアルシステム、最強じゃんと思ったのも束の間、アルハンドロのくろ〜い笑みの直後にあっさり解除。
このときアルハンドロの口元しか映ってませんでしたが、目がティエリアみたいに光ってたのかな。
それともミスリード?

1話ではアンタたちダレ的出番だったのにココに来て黒幕?に大出世。正直アルハンドロ、リボンズの行末の方が気になりだした。

憎い仇を前にして現在に至る紛争勃発の原因と歴史講座をしてくれるお人好しのロックオン。そんなんだからオレがガンダムだ理論にも言いくるめられてしまうんだよ。

最後に太陽炉らしきものが発見されてましたが、それでもグラハムはフラッグに乗り続けるのか、フラッグに太陽炉がつくのか。
世界が軍拡していってる。

ティエリアの微笑に刹那の活躍が霞んでしまったよ。
posted by anwarterdrei at 22:07| Comment(0) | TrackBack(0) | ガンダム00 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年02月10日

機動戦士ガンダム00 #18「悪意の矛先」。

HG 1/144ガンダムスローネアイン ~ガンダム00(ダブルオー)シリーズ~HG 1/144ガンダムスローネアイン ~ガンダム00(ダブルオー)シリーズ~

バンダイ 2008-02-25
売り上げランキング : 168

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

本編よりもコードギアスの2期CMに一番テンションがあがりましたオイ。

今週もトリニティのターンだと思ってたのにアノ男のターンでした。
阿修羅をも凌駕する存在だとのたまったグラハム・エーカーその人。
口元押さえたシーンはえ!?リバースするの?と一瞬思いましたが事なきを得てヨカッタヨカッタ。紛らわしい。
墓で誓うシーンといい、フラッグでミハエルに一矢報いる戦いっぷりといい、最後にガハッと血を吐いちゃうところといい男っぷりがあがってきてる。18話だけみるとグラハムが主人公で違和感なし。

冒頭。ガンダムには炎が似合う。

本編。
段々アルハンドロとリボンズに不信感が。
一見主従関係にありそうだけどNTによると別の思惑があるとのことだし…。

ラグナ。トリニティにおけるヴェーダ的なものかな?

トリニティはストレートに悪役路線をこれでもかってくらいわかりやすく独走してる…ガンダム同志を戦わせたいのはわかるがちょっと話が強引すぎじゃないかと思う。
ルイスの件はちょっとひいた。後味が悪すぎる。

ビリーの髪下ろしやグラハムとのやりとりはユニオン支持の女性ファン必見のシーンだったと思うがサンダルと微妙なインナーにどうしても目がいってしまう。
ここんとこいいとこなしだったビリーだけどエイフマンの死の真相に感づいてて少しだけ見直した。

トリニティに宣戦布告する刹那エクシア。
初めて刹那の行動に共感を覚えたかもしれない。
posted by anwarterdrei at 14:50| Comment(0) | TrackBack(0) | ガンダム00 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年02月02日

機動戦士ガンダム00 #17「スローネ強襲」。

機動戦士ガンダムOO ORIGINAL SOUND TRACK 1機動戦士ガンダムOO ORIGINAL SOUND TRACK 1
TVサントラ

JVCエンタテインメント 2008-01-10
売り上げランキング : 353

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

先週に引き続きトレミークルー達の存在はもとより元祖マイスターズの存在感が限りなく薄かったような気がする。3兄弟強烈。
刹那はアイも変わらずガンダムガンダムガンダム。
ティエリアは何とか頑張ってた気がしなくはないけど、ココロの支えのヴェーダをネーナに無断拝借されてショック気味?
トリニティたちの狙いはヴェーダの情報だったんだろうか?

ところでグラハムに堪忍袋なんてあたったんですね。
ガンダムを前にした日にゃいっつも切れてたような気がする。
フラッグファイター結成したのはいいが戦闘の度に二階級特進者が続出するのはスタッフに愛情の差?コーラと人革父娘は愛されてる気がする。

せっかくの部下の報告を「見れば分る!!」ってオイ。
日頃ツッコミ入れられてもしょうがない言動ばっかしてるくせに、アンタはっ!!
「それが どうした!」byグラハム

ビリーは案外しぶといのな。
久しぶりの出番なのに一言二言で画面からフェードアウト。

ミハエル→ティエリア……EDといいだからナニ狙ってんですか?
ティエリア実は女説を敬遠?もしくは逆に匂わせてる?

つり目ハロ(兄)の言動がかわいく思える。
ヤッチマエヤッチマエ シラネェヨシラネェヨ 江戸っ子?
オレンジハロ(弟)不憫だが相変わらずの場の和みキャラ。確かティエリアと刹那が喧嘩してた時も波にさらわれそうになるという和みっぷりを発揮してたな。
案外苦労っ子?空気を読めるんだな…。

しばらくはトリニティのターンが続きそう。
posted by anwarterdrei at 22:47| Comment(0) | TrackBack(0) | ガンダム00 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年01月26日

機動戦士ガンダム00 #16「トリニティ」。

Ash Like Snow(初回生産限定盤)(DVD付)Ash Like Snow(初回生産限定盤)(DVD付)
the brilliant green 川瀬智子

DefSTAR RECORDS(SME)(M) 2008-02-06
売り上げランキング : 104

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

ジャケットにはハロはいないのね。

やっぱりの総集編。

総集編=ソレスタルビーイングの駄目駄目っぷりをSOUND ONLYで振り返る回
+DVDの販促目的回(穿ち過ぎか?)。
いちいちツッコミが正確すぎて共感度大。

トリニティ3兄弟のソレスタへの駄目出しにも好印象。
特にペルソナTSと同じで長男が良い感じ。ロックオンよりも年上位か。

総集編を免れたAパートはガンダムスローネのお披露目。が何か物足りなかった。
「新G登場には挿入歌」に慣れきってるせいかな。
それにしても15話の質より量作戦はなんだったんだ?というあっけなさがなんとも…。

グラハムはフォーメーションが命であっさり撤退。
オーバーフラッグスが元の3人に戻る日も近いんじゃないだろうか。

コーラはきっと最終回を迎えても死なないんだろうな。
毎度毎度乗機をぶっ壊されてるのがギアスのゼロみたい。

セルゲイ、ソーマ父娘は生き残って欲しい。
彼らだけ「九死に一生」番組VTRに見えてしまった。

紫つり目ハロとオレンジハロの仲は悪そうな気がする。
posted by anwarterdrei at 19:22| Comment(0) | TrackBack(0) | ガンダム00 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年01月20日

機動戦士ガンダム00 #15「折れた翼」。

機動戦士ガンダム00 2機動戦士ガンダム00 2
宮野真守 三木眞一郎 吉野裕行

バンダイビジュアル 2008-02-22
売り上げランキング : 52

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

ガンダムスローネドライ降臨!
危機に突然湧いて出るのは新型Gお披露目時のお約束だけど、出番も存在感も為す術も無かったエクシア&刹那に主役交代を迫りにきやがったと思いました。実際、インパクト大。
アリーのMAも視覚的に凄かったけどドライはその上をいきましたね。

ティエリアVSコーラ
まさかあのコーラがティエリアにリベンジするとは意外でした。
これまで半ば自業自得とはいえ痛い目に合ってきただけに、今回も何にもしてないけど活躍したように錯覚してしまった。でも15話がピークなのかも。来週あたり、スローネにやられるのかティエリアに反撃される予感大。「敵さんのビームに当たるなよ!」16話で当たりそう。

アレルヤVSソーマ
2度目のお持ち帰りの危機。アレルヤが何故マイスターをやっているのかが他のマイスター3人よりは動機があやふやなので別にセルゲイの元に行っても楽しくやれそうな気もする。

ロックオンVSグラハム
ハイネもどきじゃなくてジョシュア、グラハムの過去を匂わせるだけ匂わせてなんてあっけなく…。せめてハイネのように何か名言でも叫んで逝ってくれればまだ浮かばれただろうに。
死ぬ一歩手前までイってた刹那よりも抱きしめられて落ちたロックオンが哀れに見えた。
変隊長らしくフォーメーションどうこう言ってた割にはGを発見するやいなや飛び掛ったグラハムに今回も笑わせてもらいました。

来週が楽しみ思える日がこようとは。
posted by anwarterdrei at 14:12| Comment(0) | TrackBack(1) | ガンダム00 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年01月18日

機動戦士ガンダム00 #14「決意の朝」。

フレンズフレンズ
ステファニー ジョー・リノイエ 長岡成貢

SME Records 2008-01-30
売り上げランキング : 117

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

使い回しが無い事ばっかに気をとられて今日改めて録画を見直すと今回のOP/ED曲結構良さげですね。
整骨院毎日通いで週に5千円近く治療費がかさんでなきゃ買おうと思ってたと思います。

で本編。ソレスタ陣営よりも敵さん陣営の動きの方が面白かった。
夜這い未遂の刹那は別格として。
流石にガンダムで乗り付けるのはどうなのよ、と。

あとビリー。上官殺しクンの過去話より現在進行形のビリーだよ、問題は。後程、呼び出し口実、口説き目当ての情報漏洩は何らかの裏有計算有打算有勘繰り有考え有の筈だと心の中で己に言い訳したくなるほどのダメダメ男っぷり。
次の日にあったインテでビリー本よりティエリア本を探してしまう位ビリーは…長い目で見よう。

OP:マイスターに各々天敵が対比されてて、ロックオンがグラハムととは少し驚き。ティエリアはトリニティと何か因縁があるのかな。


最近トレミークルーのバカンスばっかりな気がする。長閑すぎる。

オーバーフラッグス。各部隊のエース集合。ブラックリストの寄せ集めのように見えなくもないです。
セルゲイ好きなので個人的に人革を応援したいですが、そろそろAEUもいい意味で目立って欲しい。
でもアリーがいい所を持っていきそうな予感。

ED:歌は良いです。

スローネ降臨が待ち遠しい。
posted by anwarterdrei at 19:57| Comment(0) | TrackBack(0) | ガンダム00 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年01月06日

機動戦士ガンダム00 #13「聖者の帰還」。

機動戦士ガンダム00オフィシャルファイル 専用バインダー付き4号機動戦士ガンダム00オフィシャルファイル 専用バインダー付き4号
講談社

講談社 2008-03-25
売り上げランキング : 271

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

てっきり13話からOP/EDがかわると思ってました。いつから?

他人に正々堂々とコードネームを名乗る奴といい、敵にむやみやたらに姿を見せたりオープンチャンネルで話しかけたりする奴といい、それでナニを隠してるの?とツッコミ入れたくなるような普段着の仮面男といい……回を重ねるごとにCBのゆるさが見てとれてヤです。

アリーやマリナには正体がバレ、グラハムには目をつけられ、ティエリアが刹那を撃つ日も近いな。いや、一度くらい撃っちゃった方がいいかもしれん。

ストーリー的にはそんなに進んでないし、世界も変わってないような。各陣営がガンダムの尻を追っ掛けてるようにしか見えない。

あと月を背に立つデュナメスがまたまたWのデスサイズやサンドロックとかぶって見えた。大鎌や双剣を振り回せば完璧。
いい加減Wから離れなきゃ。


ペルソナ』見ました。これは期待できますよ。深夜に見るのにうってつけ。
子安さんが演じておられるキャラには『マクロス7』の“ガムリンキック”のショックが大きくてイマイチはまれなかったのですが(どんなにカッコイイ顔でカッコイイ台詞を言われても「ガムリンキック!!」が過ぎってしまって台無しに)ペルソナの神郷諒はよいです。眼鏡で制服でさらに萌えます。

土曜はやっぱり夜更かし決定。
posted by anwarterdrei at 20:41| Comment(0) | TrackBack(0) | ガンダム00 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年12月22日

機動戦士ガンダム00 #12「教義の果てに」。

ちびボイス 機動戦士ガンダム00 (BOX)ちびボイス 機動戦士ガンダム00 (BOX)

バンダイ 2008-03-25
売り上げランキング : 842

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

ここ数話に渡るガンダムお預け状態が効いたのか、出番が来た途端はしゃぎまわるグラハム。
犬か、お前は。
物凄い迷言回で、大笑いさせてもらいました。
久々に刹那が今日こそはオレが主役だと頑張ってたのに、それをもかっさらって今日の主役は文句なしにグラハムでした。
おかしな人だとは思ってましたが、あそこまでいくと一種のヘンタイとしか……。

王留美のピンクの輸送機とか「ところがぎっちょん!!」(byアリー)とかいろいろ突っ込みがあったのですが、もうどうでもいいです。ヘンタイにかかれば。

話的にも面白かったのですが、迷言男のせいですっかり霞みました。

グラハム
「いくぞ!フラッグファイター!!」
戦隊ものが思い浮かびました。後二人揃えば、フラッグゴレンジャーが結成できるのに。
初っ端からこの力の入れようだったので期待を持ちましたが、それ以上でしたね。付き合ってあげてる部下二人も大変だね。おまけにガンダム独り占めにされるし。

「人呼んで、グラハムスペシャル!!!」
グラハム以外誰も呼んでないというか、そういうふうにだけは呼びたくない。
発想が小学生低学年並みじゃないかと。

「あえて言わせてもらおう!グラハムエーカーであるとっ!!!」
ロックオン、とっとと撃ち落としちゃって下さい。
脚本家さんの捨て身の勇気を感じました。
自分への酔いが最高潮だったんでしょうね、グラハム。

「身持ちが堅いな、ガンダム」
あんたにだけは捕まりたくないと思うよ。
嬉々としてガンダムを眺めまくったり触りまくったりするんだろうな。

「よくも私のフラッグを!!!」
「オレに触るな」の刹那といい勝負。
敵味方に関わらず己の搭乗機に並々ならぬ執着を持ってるキャラが多い。今の所トップは刹那。

「このしつこさ尋常じゃねぇな」byロックオン
刹那や視聴者のご意見を見事に代弁してくれました。
それこそがガンダムストーカーの特徴の一つなんです、ロックオン。次会ったら速攻回れ右してトンズラするか、他のマイスターに押し付けそう。
ハレルヤ辺りなら熱い闘いが見られそうだ。


刹那
「オレはガンダムになれない」
「ガンダムだ、オレがガンダムだ」→「エクシア!!」→「オレはガンダムになれない」→刹那、ガンダムとなる
予告まで迷言。
posted by anwarterdrei at 22:37| Comment(0) | TrackBack(1) | ガンダム00 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年12月15日

機動戦士ガンダム00 #11「アレルヤ」。

機動戦士ガンダム00オフィシャルファイルvol.1機動戦士ガンダム00オフィシャルファイルvol.1
講談社

講談社 2007-12-25
売り上げランキング : 279

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

アレルヤ、やれば出来る子。というよりも気がつきゃ引鉄を引いてただけにも見えないこともないんじゃないかと。
20歳おめでとう。

刹那
スメラギさんに念を押されてて今週も空気主人公化。
「了解」と返したのが聞き飽きたよともむくれてるようにも聞こえた。
とりあえずお隣さんのバカップル+ルイスママにそろそろ武力介入して欲しい。

ティエリア
「全ては作戦の指揮者である、貴方の責任です」
1度目の失態は八つ当たり。2度目があれば自暴自棄にでもなりそうだ。
1話で出てきたデータ部屋にいたけど、あれが“ヴェーダ”かその一部なんでしょうか。今週も金瞳になってデータを覗見してたけど、リンクできる力でも秘めてるのか。

アレルヤとハレルヤの傍から見りゃ危なすぎる独り言と作戦大詰めのこの期に及んでの葛藤よりもシーリンとアルハンドロの腹の探りあいが面白かったです。
posted by anwarterdrei at 21:50| Comment(0) | TrackBack(0) | ガンダム00 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年12月08日

機動戦士ガンダム00 #10「ガンダム鹵獲作戦」(暫定)。

『プラネテス』見てたら、ギアス(再)どころか00も見逃すところでした。

録画はばっちりし損ないましたが。

なので、うろ覚え暫定感想です。ネット配信されたらちゃんと書き直そう。

機動戦士ガンダム00 マスコットロボ ハロ機動戦士ガンダム00 マスコットロボ ハロ

バンダイ 2008-03-25
売り上げランキング : 202

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

今週はティエリア、ヴァーチェ、ハレルヤしか頭に残りませんでした。アバンで何やってたのかすら覚えてない。刹那に至っては…。

ティエリアがあっさり気を失って捕獲されたアレルヤキュリオスごと消そうとしたのには、何故か胸のすく思い。

ティエリアの苦戦は予想通りだといえ、イライラしてるティエリアが見れて貴重でした。

そして現れたヒゲガンダム・ナドレ。
セルゲイさん、散らばったヴァーチェ部品の一つでもお土産にすりゃ良かったのに。

ティエリアの瞳になにか変化が起こってましたが、あれは何?
シンクロでもしてるんだろうか?
あと一人称が俺→僕→私となってましたが、ティエリアの泣いてる画も相まって女に思えてきた。

ハレルヤはドSっぷりが似合ってる。が、髪がうっとおしい。

もはや、全世界に対して喧嘩売ってるような場合じゃなくなってきたように思えるよ、ソレスタルビーイング&マイスターの面々。
紛争をどうこうする前に己らをどうこうするのが先決だと思われ。


『プラネテス』が鬱な展開にはいってきたよ。やっぱり谷口監督作品だと実感。

『電脳コイル』(再)はオヤジのケツがプリプリしてるのとヒゲがなびくのがかわゆい。
来週は「ボク サッチー ヨロシクネ」。
デンスケはまだ泣ける。
posted by anwarterdrei at 21:53| Comment(0) | TrackBack(0) | ガンダム00 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年12月02日

機動戦士ガンダム00 #09「大国の威信」。

機動戦士ガンダム00 (1)機動戦士ガンダム00 (1)
宮野真守.三木眞一郎.吉野裕行.神谷浩史.本名陽子.真堂圭.中村悠一.うえだゆうじ.浜田賢二.恒松あゆみ 水島精二 三木眞一郎

バンダイビジュアル 2008-01-25
売り上げランキング : 86

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

今週のセルゲイさん、男前になってた。
先週はやつれてた。

ソレスタルビーイングの“機密情報”=べらべら喋って良しと同義みたいですね。
リヒテンダールのうっかりといい、先行きが本当に不安だ。
大それた目的の割には各人の自覚と言うか覚悟が足りないユルイ組織に見える。
マイスターたちも単独行動で刹那はマリナかアリーの所に、アレルヤはソーマの所に行ってしまいそう。
ガンダムマイスター同士で戦う日がくるかもしれない。

今週は誰が目立ってたというよりはスメラギさんとセルゲイの戦術合戦が面白かった。
セルゲイの方がやっぱり一枚上手。
敵がガンダムの鹵獲が目的というのは充分予報できたことなのに、戦力であるガンダムを分散させてしまったのはガンダムという超兵器への過信があったのか、先手をとられて焦ってたのか。

来週はアレルヤとヴァーチェのターン。
ヴァーチェ、アレ以上強くなる必要があるのか…。
posted by anwarterdrei at 21:01| Comment(0) | TrackBack(0) | ガンダム00 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年11月27日

機動戦士ガンダム00 #08「無差別報復」。

1/144 HG ガンダムヴァーチェ ~ガンダム00(ダブルオー)シリーズ~1/144 HG ガンダムヴァーチェ ~ガンダム00(ダブルオー)シリーズ~

バンダイ 2007-12-17
売り上げランキング : 66

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

ビリーの裸足サンダル、見間違いだと思ってたのに公式で思いっきりサンダルはいてました。31歳という公式年齢も相まって一気におっさん化が己の中で進みました。

あと冒頭のモブさんたち、どこかのサイトで見かけましたが、マッチ棒だったのには盛大に笑わさせていただきました。

刹那
「オレのコードネームは刹那・F・セイエイ。ソレスタルビーイングのガンダムマイスターだ」
刹那が乗ってたバイクがタクシーバイクに見えてしょうがない。
「お前を殺す」とマリナを殺しにいくことになったり「任務完了」と呟いて自爆ボタンを押す仮想未来図がどうしても浮かんでしまいます。

ロックオン
「今日のオレは―容赦ねぇぞ」
テロを憎むテロリスト。仮にソレスタルビーイングの武力介入の巻き添えによって肉親を失った子供に会うことがあるとしたらどうすんだろう。

アレルヤ
今回も常識的懸念を喋ってた事位しか記憶にないよ…。

ティエリア
「実行部隊である我々が組織の全貌を知る必要はない」
相変わらず容赦なし。刹那を撃つ日も近い。

グラハム
「私は我慢弱く落ち着きのない男なのさ。しかも姑息なマネをする輩が大の嫌いときている―その忠義に感謝する」
自分の性格やプロフィールを誰彼構わず吹聴するのが大好きな男にしか見えない。今週もガンダムには巡り会えず。

刹那、アレルヤ、ロックオンと子供時代がちらほらと垣間見えましたがティエリアの番は来ないのかな。
posted by anwarterdrei at 21:24| Comment(0) | TrackBack(0) | ガンダム00 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。