2008年03月05日

19巻。

鋼の錬金術師 19 (ガンガンコミックス)鋼の錬金術師 19 (ガンガンコミックス)
荒川 弘

スクウェア・エニックス 2008-03-22
売り上げランキング :

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

3月22日発売。
ギアスにばっか現を抜かしていたので発売することを失念していました。
ガンガンは来週火曜に発売。

19巻表紙画像にあの人が登場。
密林はまだ。
しかもピンで独占なんてあの増田ですらも成し遂げていないのに…。
本誌のほうも…な状態だし。

ここらでテンションをあげたいです、牛先生。

posted by anwarterdrei at 21:39| Comment(0) | TrackBack(0) | 鋼の錬金術師 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年03月02日

見逃した。

ギアス再放送とガンダム00。
録画したつもりが録画してたのは彩雲国のみ。

でも何より後悔したのがギアスR2の番宣最新ver.を見逃したこと。
深夜のペルソナでかかるかと期待しましたが、00とマクロスFの番宣のみ。

マクロスFの番宣ナレが大川さんっぽくて「デカルチャー」と言うたびに何故か笑いが…。

動いてるヴィンセントが見たかったなぁギアス。

00の方はよそ様の感想を拝見する限りでは結局は振り出しに戻った感がしてくる。
絹江さんがアレだったのは意外。
沙慈はこれからどこへ行くんだろうか。
posted by anwarterdrei at 16:14| Comment(0) | TrackBack(0) | 鋼の錬金術師 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年12月23日

フルメタルウォッチ ロイVer.

密林から発売日には送られてくる筈だったギアスDVDマガジンの到着を待ってら、思いかけずコレが送られてきました。

109_0920.JPG 109_0921.JPG 109_0916.JPG

腕にはめてみましたが予想通りゴツくて重いです。
が、1作目よりは良い出来で買って損なしです。
コレクション用だけど、元旦の初詣ぐらいは使いたいと思います。

ギアスDVDは電脳コイルのDVDと共に配達を忘れられていたようで、21時過ぎに届きました。
今から見ます。
posted by anwarterdrei at 21:24| Comment(0) | TrackBack(0) | 鋼の錬金術師 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年12月22日

ハガレンカルタ。

結局初回版の鋼18巻を本屋まで買いに行きました。

あんまり期待してなかったカルタでしたが、描き下ろしと思われるイラストがあったのが結構嬉しかったりします。

109_0915.JPG

特に『ろ』はファンへの大サービスですね。
たとえ、ロイ&ハボの哀しい妄想でも。
posted by anwarterdrei at 17:21| Comment(0) | TrackBack(0) | 鋼の錬金術師 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年12月21日

ハガレン18巻感想。

カルタ版、密林から何の音沙汰もない。
通常版と一緒に買ってくればよかったと後悔中。

以下ネタバレ注意

鋼の錬金術師 18 (ガンガンコミックス)鋼の錬金術師 18 (ガンガンコミックス)
荒川 弘

スクウェア・エニックス 2007-12-22
売り上げランキング :

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


背表紙のひと、ほんと出張りすぎです。18巻の裏主人公的インパクト。
でも、ブラハGJ!プライド相手にゃソレ位しないと。

■本編

ウィンリィとスカーの再会とプライドの正体に尽きると思います。
特にウィンリィの行動と言葉には拍手を送りたくなります。
本誌を読んでてああいう形での“許さない”にすごく納得した覚えがあります。
忘れ難いエピソードになりました。

プライドの正体には、以前からいろんな予想がされてましたが、実際明かされてみると衝撃は大きかったです。
「まさか………やられたー!!!」が正直な所でした。
セリム登場巻を読み直すと、その言葉が無邪気から一気に邪気あるものに思えてコワイ。
コミックス派の方の感想が楽しみです。

■作者コメ

牛先生、めげずに仕事頑張って下さい…。

■カバー背表紙

この子供な顔が怖いんだって。特に目!

■中扉

プライド、中尉を喰うなっ!!!

■カバー裏表紙

絶望先生のアルVer.
雑誌で久米田先生と対談したんだから、
絶望した!子供に夢を与えるマンガまで金まみれな鋼の錬金術師に絶望した!!!とでも叫べば良かったのに。
でも、金・金・金ですね、ハガレン。

■カバー裏裏表紙

それだけは勘弁してあげて、真理クン。
ヨキの髪ネタが本編だけじゃなく、とうとう裏裏表紙を飾るまでに出世。オメ

■カバー裏背表紙

ギリギリの人が多かったですが、今巻も平穏は保たれました。

■おまけ

ストーカープライドVSブラハの仁義なき戦い勃発。
おしっこだけじゃなく目潰しまで、ブラハやれば出来る子。

確かに白いスーツのキャラにはそういうのが多いような。
真っ先に00のビリーが思い浮かびました(しかもCVは同じだ)。

使い回しの本編感想。
posted by anwarterdrei at 17:32| Comment(0) | TrackBack(1) | 鋼の錬金術師 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年12月01日

18巻表紙。

鋼の錬金術師 18鋼の錬金術師 18
荒川 弘

スクウェア・エニックス 2007-12-22
売り上げランキング :

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

“黒目玉”の眼って赤かったと今知りました。

あのシルエットで彼が誰で何者なのか本誌未読でもわかる人はわかりそうだな。

コミックス派の方々がどんな衝撃事実にどんな反応を示されるのか今から楽しみです。


今日から師走。

今日で電脳コイルが最終回。

まさか1話でモブ的に後姿だけ出たアノ人が最終回に近づくに連れてあんな大きな役割をするなんて思いもしませんでしたよ。

というわけで未見の方は来週の再放送をお見逃しなく!
個人的にストーリーは00より面白かったです。
posted by anwarterdrei at 16:01| Comment(0) | TrackBack(0) | 鋼の錬金術師 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年11月17日

コミックSPカレンダー2008 鋼の錬金術師 と 今月号ガンガンプチ感想。

【表紙/小説 鋼の錬金術師5 それぞれの絆 表紙】



のロイがいないVer.です。

【1月/描き下ろし】

雪路をかけ回るアルとデン。必死なエドと楽しげなウィンリィがアルにしがみついてます。「待てーアルっ」と飛び掛っているようにも見える。

【2月/第74話 扉】

少し大人びて見える兄さん。
他には、メイ、アームストロングお姉様、スカー、ウィンリィ、アル。

【3月/コミックテレカvol.8】

エドアルウィンが各々チビエドアルウィンを肩車したり抱かかえたり背負ったりしてます。
チビエドとっても生意気そうだ。

【4月/少年ガンガン07年4月号 表紙】

2007年カレンダーのAPRILもガンガン06年4月号表紙でした。

【5月/コミックス15巻 表紙】



しばらくコレを飾ろうかと。

【6月/小説 鋼の錬金術師6 新たなはじまり 表紙】



08年カレンダーは幼馴染ズが多いです。

【7月/第65話 扉】

馬上でのバランスに苦戦中のアル。兄さんはカメラ目線。

【8月/少年ガンガン07年9月号 表紙】

ポニテエド。手に持つかき氷が涼やか。

【9月/コミックテレカvol.6】

いつもと違った装いのメイとシャオメイ、リザとブラハ、ウィンリィとデン。華やか女性陣。

【10月/第69話 扉】

ブリッグズ軍とマスタン組。

“最強の結束 絶対の信頼”

【11月/コミックス16巻 表紙】



己的にマイベスト3に入る漢前なエド。

【12月/少年ガンガン06年12月号 表紙】

アルだるまとさりげにアンテナ危機のエド。

付録のクリアファイルは第38話扉絵でした。この絵柄では下敷きを持ってますが予想外に嬉しかったりしました。

ガンガン12月号 第77話「逆転の錬成陣」ネタバレ感想。
posted by anwarterdrei at 21:20| Comment(0) | TrackBack(0) | 鋼の錬金術師 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年10月26日

カレンダー。

コミックスペシャルカレンダー2008 鋼の錬金術師コミックスペシャルカレンダー2008 鋼の錬金術師
販売元 : Amazon.co.jp 本
価格 :
[タイトル] コミックスペシャルカレンダー2008 鋼の錬金術師
[著者] 荒川 弘
[種類] カレンダー
[発売日] 2007-11-16
[出版社] ..
>>Seesaa ショッピングで買う

ふと思ったんだが今回のカレンダー、描き下ろしを除いてロイ月があるとしたらひと月分だけではなかろうか。
ガンガン2007年4月号巻等カラーの北方組と一緒の。

描き下ろしがあるとしても
・今が旬の北方軍がここでも幅をきかして登場(17巻表紙イラがあるからコレはないかな)。
・なにげに存在感のあるスカー一行(イヤイヤまさかね)。
・いつぞやのテレカイラストにあったキャラたちのほのぼの日常
とか。

小説5巻の巻末にあった正装オールバックロイを切に望ム。


あとコードギアスのカレンダーも予約しました。
が、キャンセルしました。

ギアスの公式HPにカレンダーの見本がUPされてました。
どこを探してもロイドどころか特派家族がいませんでした、やっぱり。
知人様から聞いてはいましたがホントにいなかった。
ちいちゃくてもランスと紅蓮弐式の2ショットの見えない足元にロイド&セシルとラクシャータがいてほしかったよ。


ガンダム00の方にビリとグラがいたらそっちを買ってしまいかねない己がいます。
明日の第4話ではどんな迷言を遺してくれんだろうか。楽しみだ。
posted by anwarterdrei at 22:05| Comment(0) | TrackBack(0) | 鋼の錬金術師 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年10月22日

久々です。

108_0893.JPG

週末にプリン伯爵を語らう会に参加するついでにかなり前にブログにのっけたロイグッズをメイトに寄って買ってきました。

メイト通販HPの商品画像ではわかりませんでしたが、このロイ、過去のグッズイラストにはないくらいの目つきの悪さです。

今、私の真横あるラック本棚に飾ってます。睨んでます、こっちを。
その上の棚ではペコちゃん風ロイドが艶笑してて直視できません。


今月号ガンガンの鋼感想ですが、これといって特にないというのが感想です。
強いて言えば、まさかの展開に驚愕&ロイの不在にもう慣れた位か。
posted by anwarterdrei at 21:06| Comment(0) | TrackBack(0) | 鋼の錬金術師 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年09月10日

明日予告。

明日はガンガン10月号発売日です。
目が醒め次第買ってきます。

段々と謎が明かされてきて読了後は目から鱗状態ですが、今月号もそうなるのでしょうか。
先月号の終わりがあの終わりだし。

読む前に心地よい緊張を味合わえるのが楽しい。


あと兄メイトで描き下ろしロイグッズが4品程出るようです。

・鋼の錬金術師 ピンズ/ロイ仕事中
実物を手にとって後ろでぼやけてしまっている中尉の顔がみたい。

・鋼の錬金術師 ピンズ/フレイム
某メーカーの缶コーヒーのFIREみたいです。

・鋼の錬金術師 ミニクリアポスター/軍部(過去)
コミックス15巻の別VER.なイラストです。ヒューズが老けてる?

・鋼の錬金術師 クリアファイル/軍部(現在)
後ろのハボックの顔が…。中尉が持ってるのはロイの仕事?

しばらくギアスのロイドグッズ全入手以降メイトから足が遠のいてましたがエヴァグッズとロイグッズが欲しいのでまたお世話になりそうです。
既にエヴァグッズで万札が1枚は消えてます。
posted by anwarterdrei at 21:45| Comment(0) | TrackBack(0) | 鋼の錬金術師 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年08月11日

ハガレン17巻感想。

本編感想はガンガン感想で書いてるのでいつもの如く使い回しを。
それでは鋼17巻感想です。




■作者コメ

日頃の筋トレの成果が思わぬところででた結果でしょうか。
ものの見事にカッター本体がボキッと逝ってます(南無〜)。


■カバー背表紙&中扉&その他諸々

お姉様の独断場です。コミックスを並べた時あのお姉様が睨みを効かせてくると思うと…。
表紙も合わせて何気に巻き毛が強調されてるのがアームストロングの性持つものの宿命なのでしょうか。


■カバー裏表紙

アームストロング5兄弟。
アレックスとオリヴィエのよりも一番上と一番下のギャップが凄まじいです。次女三女はマジなんですか先生?ギアスのコーネリアといいお姉様と呼ばれる方々は同時に女王様と呼ばれる素質も兼ね備えているようです。


■カバー裏裏表紙

先生、コレ描くのにどれだけ費やしました?と問いたくなるほどの力の入れようです。
エドのアンテナはどうでもいい。メインは黒ピナコ誕生秘話でしょう。増田はつらいよはホントに笑えます。帽子がお似合いで。
劇場が牛小屋&徒歩57分はキツイです。


■カバー裏背表紙

案の定レイブン。彼のような人でも天の扉は受け入れてくれんですね。最初がピークで後は↓の人生。ロイならまだしもお姉様が相手だったのが運の尽き。


■おまけ

裏表紙に続いてのアンテナネタ。
リンクしてると考えるとハガレンジャーのラスボスはお姉様。
無理だ、守れん。


■3年B組 鋼先生

まだまだ続くお姉様改め女王様最恐ネタ。
ある意味似合いすぎてて違和感なし。
エド仕様の下駄とそれでも縮まないアルとの身長差が物哀しい。


■4コマ

ランプの精アル

とことん黒いアル。ハガレン4コマでは間違いなく主役。

ボイン

ボイン好きのハボック、トラウマになりそうだな。

父上

意外と庶民的。


18巻はハガレンカルタセット付きの初回限定特装版あり。
12月22日発売で800円。
もうすでに密林では予約始まってます。
以下、16巻本編感想(ガンガン感想からの使い回し)。
posted by anwarterdrei at 12:51| Comment(2) | TrackBack(0) | 鋼の錬金術師 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年07月25日

17巻表紙。



カッコイイ!!の一言に尽きます。
ひしひしと伝わる威厳、女帝のようです。
きっとロイにこんなポーズさせても…若僧っぷりが際立つだけかな。
涼やか(ある意味怖寒い)なイラストで真夏の発売日(8月11日)にはもってこいですね。

今回は珍しく密林早かったな。



夏コミ行くことにしました。
パンフも買いました。
新幹線のチケットもとりました。
あとはせっかく減った体重を増やさずに体力をつけるだけです。
が、何故に鋼が2日目でギアスが1日目なのか。
まだまだ療養中の身なので若さと勢いと人混みが凄そうな2日目は泣く泣く見送って1日目のギアス、銀英伝、彩雲国をゆったりと見て、乙女ロードを流してくる予定です
鋼は9月のインテでリベンジします。
posted by anwarterdrei at 15:44| Comment(0) | TrackBack(0) | 鋼の錬金術師 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年07月09日

療養中。

6月下旬から体調を崩しまして自宅療養してます。
七夕には人生初で最後となってほしい胃カメラ飲んできました。

結果は慢性胃炎の初期段階ということでした。
薬飲んでますが胃痛と吐き気で一日にお粥一杯食べられれば御の字という日々を過ごしています。

ブートキャンプが巷で流行ってる時にあれよあれよという間に体重が4キロも減りました。現在も下降の一途。

肉と寿司が喰いたいです(切実)。

8月の夏コミまでには食べれるようになって体力を元に戻したいです。体重は減ったままで。


あとなにやらロイのアクションフィギュアが発売されるそうで。
密林で1万五千円か。
今までの治療費と同じくらいか…なんか安く思えてきたよ。


posted by anwarterdrei at 14:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 鋼の錬金術師 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年04月27日

初リアル仲間。

エド好きな友人からその友達で近頃ハガレンマニアな腐女子(攻の反対は?と訊かれて迷い一切無く受!と断言したらしい)とカラオケに行ったと実況メールがあり、
 
『READY STEADY GO』大熱唱+合いの手「ロイー!!」、

『LINK』熱唱 歌詞に号泣、

『Motherland』 熱唱+グスグス


だったそうで、そのロイ好き腐女子友達と初対面することになりました。

初めての近場にいるリアルロイファンです。

まだまだロイ歴は浅いらしいので、どうやって深みに引きずり込んでやろうかと企み中です。

やっぱ二次創作物からでしょうか?
ヒューロイから攻めてやろう、フフフ。
posted by anwarterdrei at 23:35| Comment(0) | TrackBack(0) | 鋼の錬金術師 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年03月22日

鋼小説6巻「新たなはじまり」感想。

ロイに偏った感想です。
あと、相変わらず牛先生のあとがきが笑えます。

以下、小説鋼の錬金術師6 新たなはじまり のネタバレがあります。ご注意を。












■病室

“置いていくから追いついて来い”から2日後。
置きっ放しにしていた愛用の万年筆とクリップを病室に取りに来たロイ。

愛用(なんかとってつけたみたいだ)の万年筆はともかく、クリップもなんてどんだけ貧乏性なんだ。
コミックス6巻初回限定『焔の錬金術師』でもクリップを無駄にためこんでたな。

どうみても会いづらいハボックを見舞うための口実アイテムにしか思えない。
中尉にでも小物は置いといてくれと頼んだのか、中尉が気を利かせてワザと愛用の万年筆を病室に忘れたのか。で、ご自分で取りに行ってください、と。


ハボ「……あんた、俺が思ってた以上にお人好しっスね」

なんか、ハボックの複雑な心境が伝わってきます。
でも、コミックス本編でも感じたようにそこには嬉しさがあるんだろうな。


かつての悪友のような会話は二人の間にはなく。
会話の気まずさに読んでいて、こっちも緊張しましたよ。
ロイも不器用なんですよね。

長い沈黙の後、面白いものを見つけたと双眼鏡をロイに渡すハボック。
何故か、錬金術で善行を働き目立とうとしているエドが見える。

このハボックの双眼鏡ネタ、おまけ4コマのネタになってて笑えました。ああいう二人のノリ、やっぱりいいもんです。
段々ロイが変態エロオヤジ化してる。いや、前からか?
あそこで、着替え中のボイン女性を一発で発見できるのがロイのロイたる所以。


ハボック「……山分けっスよ」

“それは久しぶりに見る、いかにも彼らしい顔つきだった”


不器用なロイに手を差し伸べたハボック。拗ねてたのか、照れてたのか、あんなことをロイに言った手前、そのロイとどう接していいのかわからなかったのか…。
きっと喧嘩をしても自分から「ごめんなさい」「仲直り」しようと言える男なんだろうな、ハボックは。
それで気持ちを救われるロイ。中尉もそうだったけど互いに発破を掛け合ってる。
さすが“絶対の信頼”。羨ましい関係です。


その後、以前の二人のような会話復活。
読んでて身体のあちこちがこそばゆくなりました。


おまけあとがきの、

ウィンリィ は でんせつのスパナ を てにいれた

攻撃力が 1000 あがった!
乙女度が    3 さがった!
エドは     5 びびった!


吹きました。


posted by anwarterdrei at 19:54| Comment(2) | TrackBack(0) | 鋼の錬金術師 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年03月21日

ハガレン16巻感想。

コミックス本編感想はガンガン感想があるので省略。
ただ一言いうなら「グ、グラマンちゅうじょぉう…!?」です。

突っ込み要素満天の16巻。コミックス派の方の感想が今から楽しみです。

以下、鋼の錬金術師16巻おまけネタバレ感想があります。ご注意を。







■萌え

牛先生のたただならぬ「萌え」の美学を感じます。
牛の手の動き&「もっとこう…!?」で、伝えたいことはなんとなく伝わりました。
でも「萌え!」なんですよ。

■カバー背表紙

ランファン。予想外だけど納得。
まだ、背表紙に登場してなかったのか、と今更ながらに気付きました。
役者が集う巻でもあるし、役者が退く巻でもありますね。
マスタング組しかり、シン組しかり。

■カバー裏背表紙

長閑長閑。
寂しくなるけど、悲しくはない16巻。

■カバー裏表紙

錬金術師養成ギプス装着エド。
手パン錬成でも養成するのかな。
両手を叩く力が強くなれば成る程、錬成力も増すとか?
アルは陰ながら見守るヒドイン?

■カバー裏裏表紙「おしえて!リザせんせい!2 電磁石編」

言ってることはためになるけど、やってることはよいこじゃなくてもマネしちゃいけないこと。
ただでさえ、リザの無表情はオソロシイのにメガネでさらに倍増。
ていうか、このリザさんボインですね。

■中扉アル

きっとロイを超えるモテキャラになるな。
ロイが薔薇持って微笑んでもギャグにしか見えないけど、アルは様になってるよ。

■おまけ

アフターマルコーに目が・になりました。
スカーとメイの華麗なる転職。鋼界一番の勝ち組になりそうだ。
ヨキはどう変身するんだろうか?

■4コマ

・ランプのアルネタ
天然腹黒エドとブラックアル対決。兄さんに軍配。

・大バクロ大会
エリシア1人勝ち。甦りヒューズに瀕死の大ダメージ。

・ハゲエド
後ろ髪じゃなくて、頭のてっぺんから調達する所にアルの静かなる怒りを感じます。


□本編感想

第62話「夢の先」
第63話「520センズの約束」
第64話「ブリッグズの北壁」
第65話「鉄の掟」


17巻は8月発売。7月じゃないのか。
posted by anwarterdrei at 17:47| Comment(1) | TrackBack(0) | 鋼の錬金術師 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年03月20日

16巻。

歩みを止める者などいない、

求めるものは違えど

そこに役者は集う!!


物語の舞台は北へ!!




とりあえず鋼の錬金術師16巻本編以外のネタバレ(後日書き直します)。














・背表紙 

予想外

・裏背表紙

安堵安堵。

・カバー裏

ソレ、うさんくさっ!

眼鏡リザさん、怖っ

・扉絵

その微笑の裏にブラックなものを感じるよ、アル。

・おまけ

アフターマルコー、ヤヴァイです。

・4コマ

アル、大活躍

あの祖父をしてこの孫ありかよ。コスプレ好き一家?














さて、今から本編を読みます。
posted by anwarterdrei at 23:22| Comment(0) | TrackBack(0) | 鋼の錬金術師 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年03月19日

春コミ行ってきました。

春コミ当日、京都は吹雪いてました。
なのに、新幹線に乗って名古屋に向かうにつれて天気は雲ひとつ無い快晴へ。
車窓から見えた、富士山がむちゃくちゃ綺麗でした。

東京も快晴。
ただ、風が強くて寒かったです。

5時に家を出て、東京ビッグサイトに9時50分頃到着。
11時過ぎに会場入り。

目当ては、東1号館の鋼スペースと東6号館のギアススペース。
案の定、館が端と端に離れてて、鋼ギアススペースとも、館の奥のほう。
何の試練だ?と思いつつも、最初にギアススペースに。





まだまだ新興ジャンルなのか、思ったほどのサークル数ではなく、おまけにCPがルルーシュとスザクが8割。
人で込み合う間をロイド本、特派本を求めて彷徨い歩いてきました。
結果、想像以上に特派ロイド本を買いこむことができました。
ざっと15冊程。

鋼のロイにはまったときはこの比じゃなかったので、一安心のような寂しいような。
鋼のときはお気に入りのサークルさんを開拓するまでに手当たり次第に100冊強は狩ってました。
ロイ貧乏。

ギアススペースを一旦後にして、何故かホッとする鋼スペースへ。新刊を発行されてるサークルさんは少なかったですが、大阪では余りお見かけしないサークルさんの本を一気買いしました。

その後またまたギアススペースへ。
1号館からはほんとに遠かったです。

人がはけたようなはけてないようなギアス大手さん巡りへ。
シャッターが開けられてて、時々本が舞いとルルやシュナイゼルらが微笑むポスターはためいてました。
もったいない。

13時を過ぎても新勢力ギアスSPは賑わってました。

次は4月のギアスオンリー。
500SP。どれだけの賑わいになるんだろう…。


話し変わって明日は鋼の錬金術師16巻が発売されると本屋勤めの友人からお知らせメールが来たので、仕事前にコンビニにかけてきます。

21日早売りだと思ってたけど21日って祝日だったようで。
ここ何年も土日曜祝日関係ない生活をしているので失念してました。

カバー裏、背表紙、巻末おまけが楽しみです。
あと本編でロイ補給をして仕事してきます。

posted by anwarterdrei at 21:41| Comment(0) | TrackBack(0) | 鋼の錬金術師 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年03月14日

2006年度 ぱふ的ハガレンランキング 感想その他編2。

明日はもうギアス…。
ギアス21話感想を書き終えた頃に春コミ。
その後に鋼16巻と鋼小説6巻…。

その前に『ぱふ』感想を終わらしときます。


【ベストパートナー賞】

3位 エド&アル

読者コメントの一部

・エルリックテレパシーがツボに入りました黒ハート
・息がピッタリの2人。戦闘時の以心伝心もすごいと思う。


二人一緒だからどんな展開になっても「大丈夫」と思っちゃいます。


9位 ロイ&リザ

・掛け合いがステキです。

若リザの成長が偲ばれるというかロイの側にいるから成長せざるを得なかったというか…。
早く二人の掛け合いを見たいです。


【’06 読者が選んだ名場面】




若き日のロイの決意

・戦いを経て、悩みながらも部下達を見捨てず、常に自分が剣となり盾となってきたロイ。そしてその隣にいつもいたヒューズと、この国のトップに立ちこの国を変えると誓うシーン。
後にヒューズを失った時に流した涙を思うと胸が痛みました。


あの涙にはどんな想いが流れたのだろうと思います。
次にロイが流す涙はどんな涙になるんだろう。


来年の『ぱふ』ランキングを迎える頃には鋼はどこまで進んでいるのか見当もつきませんが、名場面に次ぐ名場面になってる気がします。それぞれのキャラに更なるドラマが待ち受けてそうで怖くもあり楽しみでもあります。
posted by anwarterdrei at 21:50| Comment(0) | TrackBack(0) | 鋼の錬金術師 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年03月10日

コミックス16巻&小説6巻 ガンガン4月号情報。

ガンガン4月号、何気にロイがちょこちょこ―

・愛読者プレゼント応募のきまりP818 巻頭カラーのロイ ちゃんと頭切れずにピンで載ってます 
とか、
・巻末の4月号もくじ 巻頭カラーハガレンの顔がロイ 
とか、
・ハガレンプロジェクト 妄想美化委員会「ロイ・マスタング(独身)さんの休日」
とか―


出てて更に小説6巻情報、ようやくロイスキーにも春が来ました。


■鋼の錬金術師 16巻 3月22日発売



物語の舞台は北へ!!

スカー兄の言う
「この国の錬金術はどこかおかしい」
その言葉の意味するものは!?
舞台は北へと移り、そこに役者が集う。
キンブリーも出所し、さらに新キャラクター登場!
アームストロング将軍とは!?




■小説 鋼の錬金術師6 新たなるはじまり 3月22日発売

107_0798.JPG 
ハガレン小説シリーズ描き下ろしも満載!
カバーだけでなく、巻頭の口絵と挿絵、
巻末のおまけも荒川先生描き下ろしです!
このイラストは派手に善行を働いて
「イイ人」を演じるエドを
病室から見つけたハボック&大佐!
二人の辛口(!?)会話は、
さすが大佐ですと思わず平伏ものです!!



「新たなるはじまり』 

“機械鎧の聖地”ラッシュバレー修行中のウィンリィは、よい師匠と仲間達に囲まれて、充実した日々を送っていた。だが、片足を失って心を閉ざしたしまった少年と出会い、彼に拒絶されたことで自分の目指す道や、技師のありかたを思い悩むように……。そんなウィンリィの背中を押し、もう一度歩き出させたのは、幼き頃のエド&アルとの思い出。そして、師匠ガーフィールの包容力……。もう感動です!

『アルフォンス、苦労する』

中央に滞在中、傷の男をおびき出そうと、派手なパフォーマンスで人助けを行うエドワード。道中、「ちっちゃな錬金術師さん」と幾度も呼ばれたエドがこめかみをひきつかせながらも必死にこらえ、ストレスをためた結果ついに大暴れ!?コメディタッチで描いた愉快な物語ですよ!

らしいです。
私的見所はやっぱりロイとハボックの毒舌会話。
「置いていくから追いついて来い。私は先に行く」のやりとりの後、ロイはハボックを見舞ってたんですね。出番がないと思っていただけに俄然楽しみになってきた。
posted by anwarterdrei at 19:07| Comment(0) | TrackBack(0) | 鋼の錬金術師 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。