2007年03月08日

2006年度 ぱふ的ハガレンランキング 感想その他編1。

今日は残業でした。本屋に行けず…。
でもギアスのネタバレは見ました。
やはり2期確定のようです。あと、ホスト殿下の騎士5人が凄かった。また人気でるんだろうな。

では鋼の話題の「ぱふ」2007年4月号のランキング話を。

【長編賞】

4位 鋼の錬金術師 「さらに深まるオモシロさ!」 

読者コメントの一部

・大佐がカッコイイんですけど、無能好きとしては物足りない気持ち…。 その複雑な気持ち、同感です。
・とにかく、ロイ・マスタング最高!! 確かに若ロイは最高だった。けど、成長したのに逆に駄目駄目化。


【キャラクター賞 男】

3位 ロイ・マスタング

・06年も無事でよかったです。 っていうか出番がなのでピンチも無い…。
・かわいい。 ……。
・信頼する部下全てと引き離されてなお、したたかに上を目指すロイがかっこいい! やっと「かっこいい」コメント登場。
・イシュヴァールでの彼の信念の持ち方に脱帽。格好良かったです。 
・思っていた以上に打たれ強かった(笑)。お見逸れしました!
 でも部下の直球突っ込みには毎回大ダメージ。
・ヘタレなところと野心家なところ、どっちも最高。 やっぱり出てきた「ヘタレ」発言。ヘタレと野心家のギャップがいいんですよね。
・あんたが大将!(笑)


6位 エドワード・エルリック

・だんだん大人になってきていると思う。 身長の方も伸びてるのでしょうか?
・ロイとの520センズの約束がかっこよかったです。 珍しくエドがロイを精神的リードしてました。


【キャラクター賞 女】

3位 リザ・ホークアイ ロイと同位で、1票差。

・彼女のかっこよさは誰にも勝てない!
・どれだけの苦い経験が彼女を強く大人にしたのか。真の強さを感じます。
 ロイの扉OPENイベントで中尉にももう一波乱ありそうな気がします。でも人質なんだからそうそう命に関わる危機はないと大総統を信じます。


続きます。
posted by anwarterdrei at 19:11| Comment(0) | TrackBack(0) | 鋼の錬金術師 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年03月07日

「顔」に朴さん。

3月6日の読売新聞の朝刊の2面の「顔」というコーナーに朴さんの写真ががデデンと載ってありました。
ん?どっかで見たことがあるなぁと寝ぼけ眼で見ていたのが、「えぇー!!」と一気に覚醒しましたよ。

記事によると、

第1回「声優アワード」の主演女優賞を受けた朴ロ美さん 35

「アニメは国境越える」

若手女優がアイドルを思わせる衣装で並ぶ中、フジ色の振り袖姿は目を引く。

3日、東京・秋葉原の東京アニメセンターでの授賞式。最後に登壇し、功労賞に輝く大ベテラン大平透さんらを前に、「先輩たちの話を聞き、歴史はこうして紡がれてきたのかと胸が熱くなった」と語った。

日本のアニメが世界に羽ばたく今、声優は若い世代のあこがれの的だ。声優全般を対象にした初の賞は、関係各団体や企業が創設した。

内定の知らせを聞き、「主演男優賞じゃないの」と真顔で問い返した。「うえきの法則」などで男性役が続いたからだが、日本テレビの「NANA」で演じているロック歌手ナナは久々の女性役だ。
ハスキーな声で、「性格も男の子っぽい。何事にも体当たりし、曲がったことが嫌い。女の子役でも映画の吹き替えは『ジャンヌ・ダルク』のように戦う女が多いですね」。

桐朋学園短大演劇科卒。「祖国と母国は違う」と痛感した韓国留学を経て、「演劇集団円」で舞台女優をめざした。
アニメのアテレコは、「機動戦士ガンダム」の富野由悠季監督との出会いがきっかけだ。

「在日三世は日本名が多いけれど、『王の路を美しく』という意味の名前を大切にしたい」と本名で通してきた。
映画化もされた「鋼の錬金術師」などは韓国でも人気が高く、訪韓の際にはこう実感した。

アニメには国境を越えて、戦争や差別の問題を人の心に訴える力がある、と。

3月7日読売新聞朝刊2面「顔」より。


107_0792.JPG

朴さん、おめでとうございます!!!
次は是非主演男優賞を!!!
posted by anwarterdrei at 16:44| Comment(0) | TrackBack(0) | 鋼の錬金術師 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年03月05日

3月の散財予定。

まだまだ花粉症が絶好調で丸めたティッシュペーパー(一箱300円也)の山を毎晩量産してます。
早く春を越えたいです。


3月10日 ガンガン4月号

いや、もう期待してないです、ハイ。耐えるのに慣れたというか、出番がないことが常態化してて、それが当たり前となってきたような。


3月18日 HARU COMIC CITY 12

イベント初参加の友達と上京です。
また1人この道に引きずり込むことに成功!
鋼は勿論、ギアスではロイド本や特派本がたくさん出てますように。


3月22日 

鋼の錬金術師 16 (16)鋼の錬金術師 16 (16)
販売元 : Amazon.co.jp 本
価格 :
[タイトル] 鋼の錬金術師 16 (16)
[著者] 荒川 弘


鋼の錬金術師 16巻
小説 鋼の錬金術師 6巻 新たなはじまり


久々の小説。どうやらロイの出番はなさそうですが…。出番有確定(ガンガン4月号より)でも、巻末の不意打ちイラストにちっちゃな期待を。
16巻の背表紙は誰だろう?大穴でファルマンなんて如何?


3月23日 コードギアス 反逆のルルーシュ DVD3巻




特派保護者の会の2人のポーズが…。スザクの肘が邪魔という声をあちこちで聞きます。
オーディオコメンタリーが楽しみです。
2巻のロイドの中の人の“腰”話は笑わせてもらいました。
ほんとどっから声が出てるのか、生アフレコを見てみたいです。


3月25日 

コードギアス 反逆のルルーシュ GRAPHICS ASHFORD
コードギアス 反逆のルルーシュ GRAPHICS ZERO


ロイドが一コマでもあれば即買。
ゼロと学園があって、ブリタニア軍が無いのは何故?
着実に鋼と同じくギアス関連商品に貢ぎつつあります。

posted by anwarterdrei at 23:01| Comment(0) | TrackBack(1) | 鋼の錬金術師 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年03月01日

2006年度 ぱふ的ハガレンランキング 数字編。

1年とはあっという間なようで、もうこの時期がやってきたようです。
時は経てど、鋼人気はまだまだ根強いようですよ。

ぱふ 2007年4月号 『2006年まんがベストテン』より。


【長編賞】

1位 フルーツバスケット 495点
2位 銀魂        294点
3位 BLEACH    261点
4位 鋼の錬金術師    228点
5位 ×××HOLiC  212点

【短編賞】

1位 蒼天の蝙蝠  65点

【キャラクター賞 男】

1位 草摩夾        131点
2位 坂田銀時        90点
3位 ロイ・マスタング    83点

6位 エドワード・エルリック 55点

【キャラクター賞 女】

1位 本田透        367点
2位 壱原侑子        90点
3位 リザ・ホークアイ    82点 

【ベストパートナー賞】

1位 本田透&草摩夾    107点
2位 石川悠&岩瀬基寿    98点
3位 エド&アル       90点

9位 ロイ&リザ       57点

【アニメ賞】

1位 銀魂       204点
2位 彩雲国物語    131点
3位 コードギアス   122点

【声優賞】

1位 福山潤  212点
2位 石田彰  193点
3位 杉田智和 123点

12位 朴ろ美  33点
14位 大川透  32点
14位 藤原啓治 32点


前回と比べて作品賞バッド(下向き矢印)、ロイグッド(上向き矢印)、エドバッド(下向き矢印)、リザグッド(上向き矢印)、エドアルコンビバッド(下向き矢印)、大川&藤原さんはまたしても同票同位。

とりあえず、ロイおめでとう!!!!!

その他諸々はまた後日にでも。
posted by anwarterdrei at 18:15| Comment(0) | TrackBack(0) | 鋼の錬金術師 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年02月26日

イベント参加してきました。

昨日の東京は異様に寒かったです。
久々に刺すような寒さを感じてきましたが、イベントは熱かったです。

参加したイベントはヒューロイオンリーとギアスフェス。

同日開催で場所もまあ近かったので計画通り梯子しました。

先ずはヒューロイオンリーに参加。

10時頃に会場に着。
寒さ凌げるはずの地下に並ぶことが出来たのですが、寒すぎるの一言に尽きるくらい寒かったです。
1月に参加したインテの方がよっぽど暖かかったよ、あれじゃ。

11時に3Fの会場IN。

した途端に会場の様子を見る暇無く大手サークルさんの最後尾を求めて、再び地下へ逆戻り。心が挫けそうになりましたが、オンリー限定グッズらしいことを小耳に挟み、待つこと半時間。

待った時間と寒さに見合ってまだお釣りがくる位のグッズをGET!

お目当てのサークルさん、といってもハガレンでは本命のCPなので手当たり次第に狩って狩りまくってきました。
オンリー合わせの新刊が思った以上に出てて、インテよりも大漁でした。

会場内は人が多くて多くて、移動するにも一苦労でしたが、同志さん達の熱さを直に感じることが出来て、幸せな空間でした。

ちょっと自力では京都に持って帰れないくらいの宝本の山々で、これから読破するのが楽しみです。
これで思う存分花粉が舞わなくなくまでお家に引きこもれます。

あとスタッフさんの気遣いが温かくて、手際も素晴らしくて心の中で拍手拍手でした。
入口に飾ってあったウェディング・ケーキにはプチ感動しましたよ。
お疲れ様でした!思う存分楽しめました。


で、会場にもっといたいと未練を残しつつ、ギアスフェスへ。

なんだか女性よりも男性の方が目立ってた会場でしたが、ギアスキャラのコスにすぐに目を奪われました。

特にロイドさん!まさかいらっしゃるとは思わず、でも衣装が白いのですぐに目がいきました。
何かを配ってらっしゃいましたが、私にはおにぎりに見え、きっと具はブルーベリージャムなんだと勝手に思ってました。
他にも、ルルーシュ、スザク、C.C.、クロヴィス殿下、ミレイさんがいらっしゃってずっと目で追っかけてました。

本もロイド本が7冊も手に入って、予想外の収穫でした。


両肩にロイ&ロイド本の重みをしっかりずっしり感じつつ、無事20時前に帰宅。
自宅の玄関に東京までの往復乗車券○万円相当を落として、出発駅で気がつき、再度乗車券を買い直さざるをえなかったこと以外は2月25日は良き日でした。
posted by anwarterdrei at 20:15| Comment(0) | TrackBack(0) | 鋼の錬金術師 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年02月14日

キャラランキング考え中。

彼氏、彼女、担任、結婚、父親、金持ち、ケチ、努力、表裏、女装、男装、ストーカー、お笑いコンビ等々はまあ定番の質問だからわかるんだけど、

Q11 100m走で「一緒にゴールしよう」と言いつつ先にゴールしそうなキャラは?

とか、

Q13 ジェットコースターに乗ったら失神しそうなキャラは?

とか、

Q16 ビデオの予約録画が出来ずにイライラしてそうなキャラは?

とか、

Q17 綿密なデートプランを練りそうなキャラは?

とか、

Q20 この人の手料理を食べてみたい!それは誰?


とかの質問はうーんと考え、果てしなく広がる妄想も壁にぶち当たってしまいます。

因みに、Q16は「滅ぶべし」と突然ボソッと呟いてビデオデッキを破壊錬成するスカーが思い浮かびました。

Q20はハガレンキャラではなく、銀英伝のフレデリカ・グリーンヒルやギアスのセシル・クルーミーが真っ先に出ました。
なんだか手料理=戦々恐々壮絶料理という図式が頭の中で出来上がってます。
そういえば、薬師寺涼子もその一人だったような…。
そして、いつも犠牲者は身近手頃などちらかというとヘタレ男。
ということは中尉もなのか!?

締め切りは2月28日。
発表は3月22日発売のフレッシュガンガン誌上とのこと。

あと、とりあえず応募ハガキに年齢書かせるのはやめて欲しい。
そろそろ三十路の大佐を何の含みも無く笑い飛ばせなくなってきましたたらーっ(汗)
posted by anwarterdrei at 20:15| Comment(0) | TrackBack(0) | 鋼の錬金術師 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年02月06日

気付けば。

来月はハガレン16巻の発売ですね。

既にJbookとe-honでは予約が始まっているみたいです。
16巻も初回限定等の情報はまだないようで、通常版のみの発売と今の所思ってます。
表紙はスカー一行か、エドアル北部雪景色模様なのか。
ブリッグズ要塞軍一同は17巻な気もするし。
画像UPを待ちます。

発売日は3月22日。
今年は暖冬なので桜が咲いてしまってたりする頃でしょうか。
posted by anwarterdrei at 18:12| Comment(0) | TrackBack(0) | 鋼の錬金術師 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年02月04日

『ぱふ』3月号Aと今月の予定。

『ぱふ』3月号ハガレン特集、牛先生インタビュー続き。

個人的に「へぇ〜」と思ったもの。


○お話はどういう時に思いつくことが多いですか?

―あとは夜中にフラッと散歩に出たりするので、そういう時とか。周りが暗いと余計な情報が入ってこなくて、ネタがでやすいみたいです。

放浪癖?

○お仕事は夜にすることが多いのですか?

―そうですね。明るいと遊びに行きたくてウズウズしちゃいますし。
仕事中アシスタントさんに、今日はいい天気だねなんて言うと、脱走したらダメですよ、と言われます。


脱走癖?大佐とご同類?大佐は同属嫌悪?

○読者へのメッセージを

―今度は北部編。描いている私も北海道生まれということで、楽しんで描いています。
やっぱし。

【ハガレンのココが好き】の読者投稿では、

・しっかりしたストーリー構成とシリアスとギャグの絶妙のバランス
・どんなカッコいいキャラでも、弱っちぃところがあるのがいい
・戦争や人間の業の深さを美化せず描いている所
・作者の本気が感じられる所。ファンタジーの戦争を描くために、体験した方々の話を聞くなんて!!
・どちらか一方に肩入れするんじゃなく、全体を見られるところ
・「自分を見失わず、己の道を見失わず」という感じですね
・大佐が無能であればあるほど、私のテンションは上がります
・キンブリーが丁寧口調なところ!!!
・感情が、自分がその場にいるかのように感じられるところ


等々。大いに賛同納得です。

その他、こぼれ話や野望、他誌編集部担当さんの牛先生へのコメント、キャラ・世界観・出来事紹介等がありハガレン特集+牛先生大特集といった感じでした。


●今月のワタクシ的予定

2月9日 ガンガン3月号 

今月は10日発売。まだまだ続きそうな北部編。3月号本誌の初っ端はやはりあの人でしょうかね。
どんどん謎が明らかになってきてるので、目が離せません。

2月13日 のだめ17巻

16巻の時にまだまだかーなんて言ってたのがあっという間でした。
ドラマのDVDも買うつもりです。ドラマDVDなんて踊る〜以来だ。

2月23日 コードギアスDVD第2巻 

オーディオコメンタリーにオレンジ卿が登場。コレが一番の楽しみ。
1巻の特典CDのデブキャラトリオには腹を抱えて笑わせて貰いました。
おまけに福山さんのロイド物真似は「えっ誰」状態だし。

2月25日 ヒューロイオンリー 

パンフも買ったし、新幹線のチケットも買ったし、休みもとれました。
あとは体調を整えるだけです。
posted by anwarterdrei at 20:54| Comment(0) | TrackBack(0) | 鋼の錬金術師 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年01月31日

『ぱふ』3月号ハガレン特集@。

牛先生の内容極太極長インタビュー読み応え十分でした。

個人的に「んん!?」ときたものは―(以下インタビューネタバレ有)
はしょってます。














○読者から反響が大きかったエピは?

―1巻でいうとロイがでてきたあたり(イマイチ納得してない模様)。
こんなヘナチョコヘタレなやつがなんで!?
悪になってるつもりでなりきれてない青臭さがあってちょっとズルイですよね。

○キャラを描く時は感情移入をしてますか?

―いい意味での感情移入はしてると思います。やっぱりそのキャラの感情にならないと出てこないセリフっていうのがあるんですよ。
コイツはこの場面でどういうセリフをはくんだろうと思ったら、1巻やポイントなってるエピを読み返します。そうすると、いまならコイツはこういう答えを出すはずだ、と見えてくる。

○アニメ化にあたり、製作サイドからどんな相談を受けましたか?

―後から出てくるキャラクターを描いて渡しました。その中にはアームストロング姉さんも。
あとは最終回で兄弟の身体がどうなるのかを聞かれたのでお伝えしました。

○製作サイドにお願いしたことは?

―たとえどんなキャラクターでも、ギャグでも、絶対に「死ね」という言葉を使わせないでくださいとは言いました。
「死ね」って命令形じゃないですか。お前に何の権利があって言うんだ!?と思ってしまいます。
あと、未成年の飲酒や喫煙等、やってはいけないことは、たとえアニメでもダメだということは言いました。

○ヒューズはもともと死んでしまうキャラとして作られたとか。

―イシュヴァール戦でたくさん人を殺してますし、まったくの善人というわけではないですけど、自分に正直な人だったなとは思います。

○ファンタジー漫画では人の生死に関わる問題がよく描かれますが、先生の作品はデビュー作から、そういったものにとても現実的な印象を受けました。

基本的に死んだ人は生き返らないというのが「鋼の錬金術師」の中の絶対条件なんですが、いまはその普通をマンガで表すのが難しいというのはありますね。

○連載をしていく中で、ご自身の死生観がかわってきたと思われることはありますか?

―変化はほぼないんじゃないかと思います。
あ、でもイシュ編を描くにあたって戦争経験者の方に話を伺ったのですが―「生き死にというのは、生き残るべくしてどうこうというのではなく運です」という言葉は印象に残ってます、

○イシュ戦の語り部をホークアイ中尉にしたのは何故ですか?

―誰から語らせたらいいのかなとずっと考えていたのですが、兄弟が中尉から銃を借りて返しにいくエピがあれば、誰にも邪魔されずに話ができて丁度いいと思いまして。
それに中尉は自分の背中のことで、他人に語られるのは嫌だろうと。マスタングが話してしまったら、お前人の秘密を何勝手にバラしているんだ!?という感じになってしまうので(笑)、「あくまで私の主観でしか語れないけど」という振りから始めました。

○連載を開始してわりと初期の段階で物語のラストを決めていたそうですけが、ここまで描かれてきてそのラストに変化はありましたか?

―兄弟がどうなるとかあの世界がどうなるかとか、落ちる所は決まっていて、そこはブレたことはないです。たまに最終回について描いてあるコンテを出してみては、早く描きたいなと思ってみたりしています。

○錬丹術は今後の展開、もしくは物語の結末にかなり重要なものになるのですか?

―錬丹術は最初から最終戦に使いたいと思っていました。西の錬金術を描くなら東の錬丹術がないとおかしいだろうと思って。

○リンと言えば、グリードと一体化して大変なことになっていますが。

―この先の展開としては、最終的にはやっぱりキャラクターの幸せを考えなくちゃいけませんね。

○扉の前にいたアルは髪が伸びていましたが、一応、身体が成長をしているということですか?

―なので、エドの手足もどこかで成長しているハズです。

○ホムンクルスの父をホーエンハイムの関係がわかるのはまだ少し先になりますか?

―大きなエピは残りあと2つ3つなので、どのタイミングで出すのが一番いいかを考えている所です。

○だいぶ物語は終盤に差し掛かってきているのですね。

―全体を10としたら7〜8くらいには。

○ではこの作品を描くうえで一番心がけていることを教えてください。

―楽しんで描くというのは昔からですけど、みんなが何を見たいか、どういうふうに描けば楽しんでもらえるかを考えて、雑誌のメイン読者さんや主人公たちと同じ15,16歳まで目線を下げて描くように意識ていますね。
15歳ってちょうど大人と子どもの間で、いろいろと揺れる年齢だと思うんですけど、主人公たちには子どもらしい純粋さや理想は持っていて欲しいし、世の中で起こる理不尽なことは憤って欲しい。
だから主人公たちが大人から問いなり何なりをぶつけられて結論を出さなければならない時は、達観してしまわないように気をつけています。



まだインタビューだけで2P半ある……長い。
Aに続こうかな、と。

今からハケン見ます(初見)。で“とっくり”って何?
posted by anwarterdrei at 22:16| Comment(0) | TrackBack(1) | 鋼の錬金術師 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年01月28日

黒コート揃い踏み。

アニハガが終わって早数年。
だけどまだまだ兄メイトはやってくれます!

新グッズが続々登場。

中でも拳を突き上げて喜んだのは、コレ。

■CG 鋼の錬金術師 不織布ポスター/軍部
3月1日発売 840円

黒コートロイとリザとハボック。
凛々しい!!
おまけにハボックの黒コート姿が初お目見え(多分)。
早く部屋に飾って堪能したい一品です。

他にも、

■CG 鋼の錬金術師 開運クリアシール/大願成就(ロイ)
2月15日発売 210円

頭に天使のわっか&背中に天使の羽をくっつけて悦んでるロイがいます。
何だか願いを叶えてやろうという気がないというか、叶うものも叶わない気がします。
でも、コレも買い。

ロイ不足を補って余りある描き下ろしロイ。ありがとう!メイト。
(ロイドのグッズもよろしくお願いします)
posted by anwarterdrei at 11:29| Comment(4) | TrackBack(0) | 鋼の錬金術師 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年01月17日

とりとめなく。

ハガレン関連

1月30日 『ぱふ』3月号 ハガレン特集

『ぱふ』1月号で
●お気に入りのシーン・セリフ
●ハガレンの魅力
を投稿募集してました。投稿すれば良かったと今頃後悔。

2月??日 小説 鋼の錬金術師6 発売

全くの不意打ち発売情報。
5巻の「それぞれの絆」が結構ロイの話だったので、6巻ではロイ・軍部話が期待薄な気がしてなりません。

インテ戦果

ハガレン本…32冊
ギアス本…5冊


私的に少ない結果ですが、ハガレンは2月のオンリーで、ギアスは4月のオンリーに賭けます。

私事ですが、イベント翌日の月曜日、勤務開始が7時からだったにも関わらず、母親に「6時半!!」と起こされました。完璧な寝坊です。
この日はブルーマンデーでした。

ネタバレ感想 ガンガン2月号 鋼の錬金術師 第67話「この国のかたち」。をちびっとだけ。

以下ネタバレ有










軍上層部の鶴の一声でキンブリーが出所できたあたりから薄々感じてたのですが、エンヴィー―キンブリー―レイブン中将のラインが出来てるわけで、ということは、大総統を経由しないエンヴィー―レイブン中将の繋がりもあるということなのかな。
レイブンがキンブリーの見舞いにやってきたのは大総統からの要請か、キンブリーからの命令か、どっちなんだろう。
どうでもいいことなんですが、エンヴィーとレイブン中将が直に接点があるかもしれないということに違和感を覚えました。

あの金歯の錬金術師は大総統にとってすれば、何か思うことはあると思うのですが、その金歯をレイブンが連れてくることに、大総統とレイブン中将は階級こそ違えど、立場は同等か、もしかしたらレイブンの方が上なのかなと思いました。

金歯がまだ生きていることを大総統はやっぱり知ってるのかな。

感想もとりとめなくてスミマセン。










ネタバレ終わり。

部屋が…

マンガやらDVDやら同人やらグッズやら雑誌やらゲームソフトやらで、どこをどう弄ってもにっちもさっちもいかないくらい、もので溢れかえってます。
この状況を打開する為には、どっかに部屋借りるしかないところまできてしまいました。
以前までだったら、頭にこの考えが浮かんでも「ま、無理だな」で済ませられてたんですが、ここにきて真剣に検討し始めました。
とりあえず、部屋探しを始めてます。

ハガレンにはまるまではそれなりに物がない部屋だったのに………。
posted by anwarterdrei at 19:59| Comment(2) | TrackBack(0) | 鋼の錬金術師 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年01月14日

COMIC CITY 大阪62参加してきました。

今回は例年と違い、全館使用の単日開催。
因みに夏コミ後の『SUPER COMIC CITY 関西13』も単日開催。
2日間開催が1日だけになるということは、参加サークル様もバッド(下向き矢印)ということで……。
これは、コミケというか東京のイベントに参加しろということでしょうか。

インテは大手本を比較的短時間で買いやすいかわりに、参加サークルが少ないというのが難点です。


今朝は睡眠時間約3時間で始発でおでかけ。

コスモスクウェア行きに乗り換える頃には周りにはお仲間だらけ。心強い。
中ふ頭駅にも「本日、コミックシティ大阪62が開催され、混雑が予想されます。料金は云々かんぬん…」な即席案内がベッタベッタ張ってました。
駅員さん、毎度毎度、休日にご苦労様です。

7時前には第一次待機所の1号館へ到着。
単日開催の為か、こちらも例年より列が既に倍ほど出来上がっておりました。トイレもすんごい人でした。冬だからね。

朝ごはんを買ってなかったので、1号館の売店が開店したのを見計らって買出し。
なんかもう入食い状態でした。机上や肉まんやフランクフルトを温める保温器にはほとんど商品がなく、店員さんは机に並べる間も無い様子で、ケースや発砲スティロールから商品を出されてました。
買う方も値段確認無しで次々と注文。
フランクフルトとたこ焼きが思いの外美味でした。

やっとケツ下が体温で暖まってきた9時前に1号館から第二次待機所の外へ移動。
10時半の開場まで耐え難きを耐える1時間半の始まりです。
今日は余り寒くないなと思ってましたが、やっぱり寒かったです。
風が吹かなかったのがせめてもの救い。

トイレ列に玉砕しに行った友人の荷物番をしながらサークルの最終チェック。
今回から、ハガレンの他にコードギアスもジャンル追加。
ギアスはサン○イズだからかガン種、いろはに挟まれて約40サークル。
この内特派本があれば御の字。

10時半過ぎに会場IN。

先ずは【ハガレン】の6号館D。
会場は3階でした。初です。行きづらかったです。
開場直後はまあまあ空いていたのでスムーズにエレベーターに乗れたのですが、昼過ぎにもう一度行こうとした際は、6号館の入口付近とエスカレーター・エレベーター付近がちょっとありえないくらいの混雑で、人が人にもまれてました。

ハガレンSPは丁度いい位の人の混み具合。おまけに暖房もいい具合。
一つの大手以外は並ばずに速攻買いができました。
いつもはすぐに無くなってしまう先着グッズも手に入って、やっぱ大手は大阪でを再認識。
お目当てのサークル様の買い物とハガレンスペースをぐるぐる回って1時間ほどしたところで、館を移動。
ブリッグズ軍本が出てるかなと思いましたが、見かけませんでした。
次のイベントでは少将に弄られ遊ばれてるロイ本を期待したいです。

次に6号館から離れた【コードギアス】のある2号館へ。遠い。
ハガレンSPで見かけなかったサークル様が2、3つ、ギアスジャンルにおられてプチ驚き。

一般参加者はまだお気に入りサークルを見定め中なのか、大手サークルでも即買いはされず、内容をしっかりチェックされてる方が多かったです。
特派本、ロイド本目当ての私は、ロイドが表紙にいればCPがなんであろうと手当たり次第に購入。
といっても4,5冊程ですが…orz
オンリーや次のイベントで増えてることを祈るばかりです。
きっとセシルさんに教育的指導を拳でされてるロイド本が出てるような気がします(願望)。

その後、上にも書きましたが人にもまれ、押しつ押されつしながらやっとの思いで、3階の6号館Dに帰還し、クロネコの宅急便の大サイズ箱にせっせと戦利品を詰め込む友人に合流、己も小サイズ箱に戦利品を梱包。
明日は仕事なので、夕方にやってくるであろう本達を楽しみに働けます。


比較的買い物をしやすいインテのイベントにばっかいって、ここ数年はコミケには参加できてないです。が、大阪が単日開催になってしまうようなので、交通費はかなり痛くて痛くてたまらないけど、今年の目標に『夏冬のコミケに参加する!』を追加しました。

では、明日の仕事に支障をきたす筋肉痛、主に荷物を持って時々プルプルしてた左腕をお風呂に入って労わってきます。

参加された皆さん、今日はお疲れ様でした。
posted by anwarterdrei at 19:15| Comment(0) | TrackBack(0) | 鋼の錬金術師 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年01月10日

明日はガンガンです。

いつものように本誌ネタバレがあるのでご注意下さい。

早朝ガンガン、深夜コードギアス、日中仮眠な明日の予定。

コードギアスでのロイドの出番は予告で確定として、ガンガン本誌でのロイの出番は不確定というか望み薄。
だけどロイの出番が無い方が冷静に落ち着いて純粋に楽しんで本誌を読めるのでそれはそれで良しと己を慰め早数ヶ月…。

切実にロイ補給をしたいです。

では明日。




posted by anwarterdrei at 19:24| Comment(0) | TrackBack(0) | 鋼の錬金術師 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年01月07日

1月の予定 私的楽しみメモ。

何だか最近1週間がたつのが物凄くはやく感じます。
ギアスのお陰なのか、余裕の無い毎日を送ってしまっているのか。
とりあえず、29日からホボ休みなしの勤務が今日の夜勤で峠を越すので、仕事>萌えが、萌え>>>>仕事となる日々をしばらくは送れそうです。

あと今年の目標は『健康な体づくり』です。切実。
去年はホントに風邪をひきすぎました。


【1月の予定】

1月11日 ガンガン2月号

まだまだ北編続行だと思われますが、もうそろそろロイが出てきてもいいんじゃないかと思い始めてます。
が、やっぱり凍ったアレが本領発揮の大活躍で終わりそうな予感大です。
ロイ補給がしたいっス。


1月14日 コミックシティ大阪62

冬コミのリベンジです。
イベントがご無沙汰で狩って買いまくりたい衝動に駆られてます。
ハガレンSPは勿論、他にあっちこっちに散らばってるであろうギアスSPを探し歩く予定です。
特派本やロイド本ってあるのかなぁ。
とりあえず、今日みたいに寒くならないよう天気予報を注視してます。


1月26日 コードギアスDVD第一巻

少年時代のルルとスザクの出会いが映像特典として入るそうですが、全9巻のうち、『特派の一日(仮題)』も特典に!と願ってます。

他にもギアス目当てでアニメ雑誌を大量購入する予定です。

月一ロイ&週一ロイドを糧に今年も生き抜きたいです。
posted by anwarterdrei at 19:51| Comment(0) | TrackBack(0) | 鋼の錬金術師 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年01月01日

謹賀新年。

 あけましておめでとうございます。 

いよいよ2007年の幕開けですね。

初夢は『鋼』でと目論んだのですが、なぜか暗くてステンレスなシルバーの壁で右往左往しているような夢でした。
何を暗示してるんだろうか…。

プラス思考で、07年のラッキーアイテムはシルバーなもの、銀色が今年のカラーだと思っておくことにします。

今年は久々に家で新年を迎えられたので、カウントダウンしようと思ってたのですが、何故か絨毯の埃が気になり、コロコロをしている間に気がつきゃ年を越していました。

掃除の年越しだったせいか、今日は職場でも何故か汚れが気になり掃除ばっかしてました。

仕事は昼からだったのでその前に家族全員で初詣に行き、ひいたお御籤は小吉
誠を尽くして時を待てとのことでした。

出勤前に、

Spinnakerデスクトップコレクション 鋼の錬金術師~焔~ for Hybrid


でひいたおみくじはまたしても小吉
ロイ曰く、

『いつも以上の力が発揮できるだろう。少々背伸びするくらいが今日はちょうどよさそうだ』

でした。

それでは、今年もどうぞよろしくお願いします。



私信:A知県友人H氏とM重県友人Nちゃんへ
アケオメです。
去年は会えずじまいでしたが、今年はどこかで巡り会えればと思ってます。
お二人にとって良い年にならんことをっ!!
posted by anwarterdrei at 23:53| Comment(1) | TrackBack(0) | 鋼の錬金術師 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年12月31日

鋼的06年を振り返って。

今年も残す所今現在で6時間を切ってきました。
この1年振り返ってみると、やっぱり日々の生活の中心にあったのは『鋼』でした。

そんな訳で、今年も06年の私的鋼イベントを振り返って見ました。

1月25日 DVD『劇場版 鋼の錬金術師 シャンバラを征く者』発売。

【’06 アニメーション オブ ザ イヤー】も受賞できたこの作品。
地上波放送はやっぱり無いのでしょうか。
DVD持ってますが、やっぱりリアルタイム放映で見てみたいです。

6月11日『Sony Music アニメフェス’06』開催。

最後のアニハガイベント。
寂しいけど、ファンに愛されキャスト、スタッフに愛されたアニハガの終わりを見届けることができたことに感謝!なイベントでした。
来年は参加しないかもと言ってましたが『コードギアス』があるなら前言撤回。
年明けてからの情報をチェックしなければ。

TVアニメ 鋼の錬金術師シナリオブック Vol.2


8月9日 BSアニメ夜話「鋼の錬金術師」。

未だに初っ端の初っ端にスロウスのドアップがきたのが謎。
いい大人がよってたかって鋼の良さを深く熱く語るいい番組でした。

11月22日 コミックス15巻発売。

そしてイシュヴァールの真実が語られる。
重く深くズシンと語られました。
誰にも感情移入できなくて、でも誰にも共感できてしまう各キャラの有様、台詞の連続で毎月読み応えがありました。
銀英伝と同じでふとした瞬間に読みたくなる1冊になりました。


07年はどんな『鋼』が待っているのか、楽しませてくれるのか、萌えさせてくれるのか、考えさせてくるのか、作品、キャラの行く先をしかと一喜一憂しながら見とどけたいです。

とりあえず、今夜は寝る前に軍部巻を読んで、鋼な初夢がみてみようかと思います。

それでは皆様、よいお年を!!!
posted by anwarterdrei at 18:57| Comment(0) | TrackBack(0) | 鋼の錬金術師 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年12月29日

ヤフーアワード2006。




■あなたが選ぶエンタメNo.1は?「ヤフーアワード2006」

「Comic of the Year」アクション部門でハガレンがノミネートされています。現在順位はワンピに次いで2位。

私も先程投票を済ませてきました。勿論『鋼』で。

2006年のマンガへのツッコミ!と題する よゐこ 有野晋哉さんのインタビューでも鋼のことを話題にして下さっています。

久々の鋼の話題で冬コミに参加できない沈んだ心が少し上向きました。

明日というか今日日中にでもきちんと他部門への投票してきたいと思います。

冬コミに参加される皆さん、雪と寒さと人混みに気をつけて今年最後の冬の祭典を楽しんできてください。

行きたかったぜ、畜生ぉぉぉおおおおおおおおおお!!!!!
posted by anwarterdrei at 00:35| Comment(0) | TrackBack(0) | 鋼の錬金術師 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年12月17日

テレカで補給。

107_0777.JPG

Gコレショップで注文していたテレカが届きました。
季節は雪だけど、テレカは初夏の装いっぽくて、絵柄ともども温かくなれます。

ヘタレでもロイって男だよなー、勇ましくても中尉は女性だよなーと二人の体格差にもひとりニヤニヤしてます。

何故かロイと中尉の座り位置が好きで、もう少し近ければ後ろからギュッと出来るのでは?と思ってしまう私はロイ不足ロイアイ欠乏症を患っているようです。

いい位置だと思いません?



【今週のアニ感】 

『パンプキン・シザーズ/Episode:11 静かなる胎動』

全力で取り逃した…。同じ火曜深夜にやる陰陽師しか頭に無かった。
まあ、オリジナルなのでダメージは軽微。
アニメ情報誌を読んでると来年から原作に戻るようなのでそっちに期待。


『少年陰陽師/第11話 誓いの刻印(しるし)を胸に抱け』

紅蓮とうとう、
パチンッ!!
とロイの代名詞でもある指パッチンで炎を繰り出して下さりました。
自分の中で焔=大佐、指パッチン=大佐の不動の図式が=紅蓮に脅かされるのを感じた回でした。まだロイを思い浮かべれただけ良しとしておこう。
あと、紅蓮の昌浩への過保護っぷりが目立ってました。
何かにつけ「昌浩っ(オロオロ)」はどうかと…。
若晴明は出番無しですかそうですか。


『コードギアス 反逆のルルーシュ/stage10 紅蓮 舞う』

オレンジがぁぁぁぁぁぁあああああ!!!!!

の一言に尽きます。
反逆のルルーシュは成功しつつあるのに、オレンジの反逆は全力で返り討ちの目に遭ってます。
縛られ焼かれ涙ならぬ果汁まで流す羽目になったオレンジのうま味はもはや皆無に等しいのかも。
とりあえず誰でもいいので星になり損ねたオレンジが腐る前に拾いにいってやって欲しいものです。
9話の改OPの彼からは想像も出来ない扱われっぷりでしたが、活躍と言えば活躍してたような。
来週からOPの彼の所だけ灰色になってたり黒く塗りつぶされてたりすると尚良し。

で、ロイドさん。輻射波動はわかるとして「ラクシャータ(ト)」ってナンデスカ?出番は少ないのに何かしら気になることをサラリと言ってくれる謎なキャラです。
白鳥さん曰く「大変なことになっていくらしい」の伏線なのでしょうか。
バックにいるシュナイゼル第二皇子とどんなご関係にあるのかも知りたいです。
毎週木曜日の深夜が待ち遠しくて仕方が無いアニメです。


『天保異聞 妖奇士/説十一 日光街道』

また男尻で裸祭り。
もう職場でさりげにチャンネルを合わせてコレを見るのはやめた方がいいみたいです。
posted by anwarterdrei at 19:12| Comment(0) | TrackBack(1) | 鋼の錬金術師 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年12月14日

ガンガン感想まだです。

といっても今月号は書くことがないなぁというのが主だった感想だったりするのですが。

目下、感想を書く時間と気力が無いので、連勤地獄が終わる土曜には書きにきたいと思います。


年末とうことで2006年ヒットランキングがポツポツといろいろな所で目にするようになってきました。
ハガレンもランクインしていたので紹介しときます。

楽天ブックス:2006年ベストヒットランキング

【世代別ランキング】

20代以下男性ランキング 4位 鋼の錬金術師14巻
20代以下女性ランキング 1位 鋼の錬金術師14巻

【本総合ランキング】

10位 鋼の錬金術師14巻

【ジャンル別ランキング・コミック】

1位 鋼の錬金術師 14巻

3月22日発売の13巻よりも、7月22日発売の14巻の方が上とは…。
トランプとラフ画集の違いでしょうか。
posted by anwarterdrei at 21:49| Comment(0) | TrackBack(0) | 鋼の錬金術師 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年12月10日

明日はガンガン。

とのメールが友人より来たので、明日11日は毎月恒例の如く本誌ネタバレがあります。
お気をつけ下さい。

前号の12月号でコミックス16巻分(来年3月発売)は終わり、1月号から17巻分(来年7月になるのかな?)へ突入です。

あの展開からはあの人は出番無さげなので、大人しく夜勤して、安全運転で行きつけのコンビニでガンガン買ってくる予定です。



【今週のアニ感】

出勤時間が迫っているので、至極簡単に。


『パンプキン・シザーズ/Episode:10 カボチャとハサミ』

大川さん、そんな小悪役で出ないで、ラスボス級の悪役で出てください。
きっとオリジナル展開が今よりもっと楽しみになるから。


『少年陰陽師/第10話 淡き願いに応(いら)えの声を』

紅蓮の希少性が薄れてきてるような。
若晴明いなかったけどもっくんの2足立ちで癒されました。


『コードギアス 反逆のルルーシュ/stage9 リ フ レ イ ン』

だからロイドが…(涙)。
OPの特派新カットよりもロイドの奇声がせめて週一で聴きたいです。


『天保異聞 妖奇士/説十 弥生花匂女神楽(やよいはなにおうむすめのかぐら)』

職場で見るべきでは無かったです。
一緒にテレビを見ながら仕事をしていた、まったくアニメに関心のない同僚があのシーンでヒキにヒキまくってました。
あのシーン後しばらく、その同僚とは無言で仕事をしました。
posted by anwarterdrei at 20:46| Comment(0) | TrackBack(0) | 鋼の錬金術師 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。